PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
UPLIFT SPICE
UPLIFT SPICEが実に2年4ヶ月の制作期間を経て待望のニューアルバム「ØØØ」をリリース。唯一無二のセンスが爆発する歌詞世界と、エモ、メタル、パンクなどジャンルを縦横無尽に行き交うサウンドで、日本のラウドロックシーンを独走する彼ら。自らの価値観、音楽性を壊しては作り、壊しては作りを繰り返すことで再構築した最新型のUPLIFT SPICEを全身で感じて欲しい。

Q.2年4カ月振りのアルバムですがこれだけ期間が空くのは初めてですよね。

YOOKEY:初めてですね。僕らもこんなに間を空けるつもりは無かったんですけど、作っては壊して作っては壊してを繰り返すうちに迷路に迷い込んで(笑)。

千織:ここまできたらもう、みんなが納得いくものを作ろうって思うようになったんです。

YOOKEY:曲を作ろうとしても全然出来ない時期があったんです。そこで逆の発想で曲を作らないって選択をしてみたんです。今まで音楽を真面目に捉えすぎていたというか、そもそも音楽を作ることは自由なはずなのに自分で勝手に制限していた部分があったんですよね。そこを壊すことから始めたんです。一回、不真面目になろうって(笑)。例えばライブ前にビールを飲んでみるとか(笑)。自分達の音楽を突き詰めるために色んなことを試した期間でしたね。ちょっと時間がかかっちゃいましたけど(笑)。


Q.自分達の中で答えが見えた瞬間はあったのですか?

YOOKEY:小さいことかもしれないんですけど今まで無しにしていたことを有りにしたのがきっかけですね。例えば曲を作るときにMTRで録ってアレンジを考えていたんですけど、パソコンで曲を作ってみたり、今までは4人で再現出来る曲を作りたかったんですけど、その制限を無くして、打ち込みを取り入れたり。そういう小さいことを変えたらアイディアがどんどん湧くようになったんです。


Q.UPLIFT SPICEを再構築したんですね。

YOOKEY:たまに「何をやってもお前らがやればUPLIFT SPICEだから」って言葉を聞くけど、頑なに「いや、そんなことはない」って思ってたんです。でもセオリーを壊してみた結果、何をやってもUPLIFT SPICEになるっていう自信がついたんですよね。それは大きかったかもしれません。


Q.その結果、こんなにも攻めてるアルバムが出来上がったと。

千織:今までのアルバムは「頭に攻めてる曲があったら中盤にミドルテンポの曲を」みたいにバランスを取ってたんですけど、今回は全曲リードでいけるくらい攻めてる曲が揃いました。


Q.千織さんの歌も突き抜けていますよね。UPLIFT SPICEのような楽曲に日本語の歌詞を乗せてここまでかっこいい世界観を作り上げるのは流石です。

千織:英語の方が韻を合わせやすのかもしれないですけど、日本語詞にこだわって書きたくて。正直、めちゃくちゃ難しいです(笑)。

YOOKEY:でも今回はそこもちょっと変化があって。今回の歌詞では英語を片仮名表記で使っているんです。日本語英語の解釈なんですよ。

千織:言葉として面白いフレーズをリフレインで繰り返して韻を踏むのが楽しかったですね。


Q.歌詞はどのように書かれているのですか?

YOOKEY:メロディーを作る段階で俺が適当な言葉で仮歌を入れてるんですけど、それを聴いて千織が歌詞を書くんですけど仮歌の言葉が頭にインプットされているから、それを活かしたパターンもあれば、そこから抜けれない呪縛もあって(笑)。

千織:あと日本語の歌詞って気持ちを歌うのが多いじゃないですか。だからそうじゃないものがあってもいいかなって思うんです。私、会いたくて震えることがないから分からないし。

YOOKEY:なんで急にディスったの(笑)。


Q.会いたくて震える人はM-8「F*** Darlin'」のような歌詞を書かないですからね(笑)。

千織:あははは。きっと私って日本語の歌をあまり聴いてないんですよね。だからその分縛られないのかもしれません。


Q.M-6「F.U.B.A.R.」も女性ヴォーカルのテンションの域を超えてますからね。

YOOKEY:あの曲は自分達でも笑ってしまうくらい突き抜けていますよね。

千織:ありえないですよね(笑)。


Q.本当に凄いです。M-7「マーニとハティ」では四つ打ちも取り入れていますが、あそこまでポップな曲も珍しいなって思いました。

YOOKEY:この曲を作っているときにポップなメロディが出来たんですけど、このメロディを活かすために、アレンジもひたすらポップにしてみようって思ったんです。ドラムも打ち込みにしたり、シンセを入れてみたり。そしたらキラキラのポップが出来ました。 これも今までだったら出来ないですよね。


Q.そういう意味ではこの2年4ヶ月は意味のある期間だったのかもしれませんね。

YOOKEY:間違いないです。ただその期間がもっと短かったら尚良かったですけどね(笑)。


Q.アルバムタイトルの「ØØØ」は何を意味しているのですか?

千織:人間の世界も宇宙もゼロから出来ているんですよ。ゼロは無なんです。無から無限が生まれ、無限から無限の光が生まれたんですけど、そこから枝分かれした最後にあるのが地上なんです。それが「ØØØ」とされていて。この世界は宗教とか人種とか、しがらみがあったりするじゃないですか。でもみんな元は一緒で、人種として守ろうとしているもの、揺るぎないものって、それぞれ変わらないものなのかなって。「ØØØ」にはそういう意味があるんです。


Q.それをタイトルにすることで千織さんにとってどんなアルバムになりましたか?

千織:結局うちら4人とも、どう生きてきたかって違うと思うんです。でもひとつの音楽を生みだしている訳で。そういう部分がリンクしてこのタイトルを付けたんです。凄く大事なアルバムになりました。


Q.では最後にリスナーにメッセージをお願いします。

YOOKEY:これを読んでるあなた、今すぐCD屋さんに行け!

千織:以下同文!!


【HPアドレス】
http://www.upliftspice.com/

アルバムジャケット

UPLIFT SPICE
NEW ALBUM
ØØØ
GUDY-2013

2013年11月13日発売

¥2520(tax in)

UPLIFT SPICE ØØØ TOUR 2013-2014

11/30(土)千葉LOOK w/ AIR SWELL
12/7(土)名古屋APOLLO THEATER
12/8(日)松本ALECX
12/14(土)福井CHOP
12/21(土)渋谷O-Crest
12/22(日)大阪Zeela
※2014年以降のTOURスケジュールはHPにて追って発表!
4/19(土)渋谷O-WEST ツアーファイナル<<ワンマンLIVE>>

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993