PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
2Mile
名古屋新世代エモーショナルメロディックパンクバンド、2Mile。結成から5年、これまでにLOST、NAFT、DALLAX、AVNEL、ONE BUCK TUNERなどジャンルやシーンを問わず数々のバンドをサポートするなど着実にステップアップしてきた彼ら。圧倒的な個性を放つInoueのハイトーンヴォイス、感情むき出しのYo-chanのシャウトが、シンプルながらも力強いエモーショナルな楽曲に乗ることで2Mileの世界観を完成させている。これからの名古屋のバンドシーンを担うであろう彼らから目が離せない。

Q.結成の経緯を訊かせて下さい。

Inoue:僕らはTani-ta以外同じ高校だったんですけど、それぞれ別のバンドをやっていて対バンしたりしていました。それで一緒にやらないかって。こいつ(Tani-ta)はいつの間にかいました。

Tani-ta:そこちゃんと説明してよ!

Yo-chan:メンバーを探しているときにTani-taの名前が何度か上がったけど「ルックスが悪いから辞めておく?」って話してたよね(笑)。

Tani-ta:誰が不細工やねん!

Yo-chan:最終的に仕方なくバンドに入れてあげたんです。

Tani-ta:でも今は?入れて良かったと?思ってる!ハイ!(一同爆笑)


Q. Tani-ta君の立ち位置が分かりました(笑)。コピーバンド時代は何をコピーしていたのですか?

Inoue:僕はELLEGARDENですね。

Yo-chan:僕とMitsuruはマキシマム・ザ・ホルモンとかL'Arc?en?Cielやhideをコピーしていました。

Mitsuru:男だけでGO!GO!7188とか。


Q.結構オールジャンルなんですね。2Mileの結成はいつ頃ですか?

Inoue:高校3年の頃ですね。

Yo-chan:当時は現SilberStyleのりょぴじろーがメンバーにいました。

Inoue:2曲くらいコピーもしましたけど基本的には最初からオリジナル曲をやっていました。

Tani-ta:うん。

Inoue:「うん」ってお前はそのときメンバーじゃなかっただろ。(一同爆笑)


Q.みなさんのルーツを教えて下さい。

Inoue:僕は家族の影響で演歌を聴いていました。だから歌う事が大好きだったんです。中学で初めてELLEGARDENを知ってから洋楽に派生していきバンドにどっぷりです。

Tani-ta:僕も歌うことが好きで宇多田ヒカルを聴いていました。初めて行ったライブはELLEGARDENで、モッシュっていう概念を知らずに行ったから死ぬほど衝撃を受けましたね。

Yo-chan:僕は今でも覚えているんですけど、中2の頃で文化祭で先輩のライブをMitsuruと観ていて。最初の音が鳴った瞬間に顔を見合わせて「俺達もバンドをやろう」って。

Mitsuru:その先輩がやってたのがGO!GO!7188の曲だったんですよ。そこからモンゴル800や3B LAB.☆を聴くようになって、インディーズに興味を持つようになりました。


Q.2Mileは色んなことをやってるバンドだなって思うのですが。

Inoue:はい。でもミクスチャーではなく曲ごとに色々やってるつもりです。ポップなのも激しいのもやりたいんですよ。だからよく両極端って言われます。


Q.ハイトーンヴォーカルも強烈なバンドのカラーですよね。

Tani-ta:そこがバンドの最大の武器だと思っています。

Yo-chan:あまり客観的に聴いたことがないんですけど確かにヴォーカルは特徴的ですよね。楽曲でいえばメロコアもスクリーモもやれるのが僕らのカラーかなって思います。

Tani-ta:常にみんなのやりたいことを取り入れるバンドなので、まだ完成はしてないんですよ。

Inoue:完成してないってどういうこと?それちょっと不満だわ。

Tani-ta:今の段階でかっこいいと思うけどまだまだやれるってことでしょ!


Q.今回リリースされた5枚目のデモ「TURN OVER」はどういう音源になりましたか?

Inoue:僕的には前作「THE BLUE MOON」が2Mileの理想の曲だったんですよ。あの曲がひとつの到達点なんです。なので今回は受けを狙ったわけじゃないですけど、少し流行色も混ぜたりしていて。


Q.2ビートやシンガロングですか?

Inoue:そうですね。でもがっつりではなく、エッセンスとして取り入れるようにしているのでバンドの軸は全くブレテないです。


Q.ちなみに「THE BLUE MOON」で辿り着いたというバンドの理想とは?

noue:僕はストレートな曲が好きなんですよ。ギター、ベース、ドラムが奇をてらわず、疾走感があって、尚且つ綺麗な曲が理想です。僕の中でELLEGARDENがそのイメージなんですよ。やっぱりそこに影響を受けているし、そういう音楽を追求したいです。


Q.今後のバンドの展望を訊かせて下さい。

Inoue:大型フェスに出たいですね。あと幕張でワンマンをやりたい。これが僕の目標です。達成出来たらまた次の目標を持てばいいので、まずはそこを目指します。

Tani-ta:アルバムをリリースしたいですね。THREE LIGHTS DOWN KINGSがメジャーに行って、少し前までは一緒にやっていたバンドがどんどんステップアップしていくのを見ると刺激になります。早く追いつきたいです。


Q.最後にリスナーにメッセージをお願いします。

Inoue:僕はバンドって自分の為にやるものだと思っているんですよ。突き離すわけじゃないんですけど、そもそもお客さんの為に音楽をやっていなくて、自分がかっこいいと思うものを吐き出したくてやってるんです。それが結果的にリスナーの期待に応えれるものになれば嬉しいですけど。なので僕らは僕らなりに良い音楽を作るので、それを気に入ったらライブに来て欲しいですね。よろしくお願いします。


2Mile:
Inoue (Vo.Gt) Tani-ta (Cho.Gt) Yo-chan (Shout.Ba) Mitsuru (Dr)


【2Mile Facebook】
http://www.facebook.com/2mile.2mile

アルバムジャケット

2Mile
NEW SINGLE
TURNOVER

NOW ON SALE

500円

Live Schedule

1/26大阪 火影
2/1 今池3STAR
2/8 福岡 四次元
3/15 栄RAD

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993