PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
The Cheserasera
2013年10月にリリースされたシングルがタワーレコードインディーズチャートで1位を記録するなど現在話題沸騰中の3ピースギターロックバンド、The Cheserasera。彼らが待望の1stミニアルバム「The Cheserasera」を完成させた。何気ない日常と心情をシンクロさせ色を付ける宍戸翼のリアルな歌詞は、同じ時代に同じ気持ちで生きる人の心に寄り添っている。現在の日本のリアルはシビアだ。そこに目を背けず、希望を持って生きることがどれだけ大事なことか。The Cheseraseraの音楽は聴く者全員が改めて考えるきっかけになるだろう。宍戸翼に話を訊いた。

Q.宍戸君が音楽を始めたのはいつ頃ですか?

宍戸:中学校のときの選択授業ってあるじゃないですか。あれで僕は何となく選択音楽を選んだんです。そこでアコースティックギターに初めて触れたんですけど、音が鳴るっていうだけで音楽とは程遠いものだったので最初は全然面白くなくて(笑)。


Q.わかります。そこからギターにハマっていったのですか?

宍戸:はい。ゆずの「夏色」をコピーしたんですけど、同じ音が出ることに感動したんです。それからは毎日ギターばかり弾いていました。バンドを始めたのは高校で軽音学部に入ってからですね。ヴォーカルがいなかったので歌うことになって。その頃からオリジナルのバンドをやっていました。


Q.The Cheseraseraを組んだのはいつ頃ですか?

宍戸:大学のサークルでドラムの美代君と出会って。それで僕の幼馴染の西田君も誘ってバンドを組んだのがThe Cheseraseraの始まりです。


Q.初めて宍戸君の歌を聴いたときの印象なんですけど、歌う理由がある人の歌だなって思いました。

宍戸:嬉しいです。僕は自分の歌を誰かに聴かせるために歌ってこなかったんです。自分から出てくるままに歌詞を書くことが喜びだったんですよ。例えばイライラしてるときに曲を書くと嘘みたいに気持ちが晴れたりして。僕の歌はそこから始まっているんです。


Q.誰かの為ではなく、自分に向けての歌なのかもしれませんね。

宍戸:はい。でもそれすらも分かってなかったと思います。最近になって、歌うことで気分が浄化されたり気持ちが洗われていることに気付きました。それで辞めれなくなったっていう。


Q.なるほど。宍戸君の歌詞は日常の何でもない光景や物に色を付ける歌詞だと思うんです。特別な人だけが感じる何かを歌っているのではなく誰もが感じることを歌っている。だからリスナーも共感出来るし、自分の為に歌った歌が誰かの為の歌に成りえるんじゃないかって思いました。

宍戸:親父が僕の音楽を聴いて「おまえの歌は世の中の確信をついてる」って言ってくれて(笑)。僕は常に人や物を見ているんですよ。街を歩いている人の表情を見て「何を思って歩いているのかな」とか、あとは何気ない小さいことに幸せを見出したりしているんです。だから歌詞は日常的なものが多いですよね。


Q.今目の前にある飲みかけの紅茶も宍戸君が見たら歌になるような。

宍戸:そうですね。僕は夢を歌うのが苦手で。夢は夢でしかないと思っているんですよ。それよりも現実の中で輝く瞬間があって、僕はそこに夢を見たいんです。そういう歌をThe Cheseraseraで歌いたいです。


Q.現実を見ているからこそ見れる夢を歌いたいと。

宍戸:その通りですね。震災があって、改めて自分の音楽やライブに向き合ったときに、ライブでリスナーを楽しませるっていう観点ではなくて、今まで通り僕が歌を歌う事でみんなが元気に成りうることに希望が湧いたんです。


Q.あとThe Cheseraseraの音楽を聴いた人が日本で生きる意味を考えるきっかけになるなって思いました。

宍戸:嬉しいです。僕らは紛れもなく日本に住んでいて、ここ日本でこれからも生きていくわけじゃないですか。それを嘆いても仕方ないんです。とにかくここで生きる、この状況で生きる。その中で活路を見出すのが大事だと思います。そこに共感してもらったときに僕らの音楽が活きるのかなって思います。


Q.伝わっている感触はありますか?

宍戸:そうですね。僕は自分の自問自答みたいなものを音楽にしているわけで、そういう気持ちって深い飲みの席になったとしても僕は中々言いだせなかったりするんですけど、それをステージやCDを通して初対面の人に投げかけていて。それを受け止めてくれる人がいることって、よく考えたら凄いことですよね。くだらない話も好きですけど、本当に楽しいときってガチの話をしてるときなんですよ。そういう話をすることでもしかしたらリアルを突き付けてしまうかもしれないけど、それが生きてる喜びに繋がると思うんです。そういうコミュニケーションを音楽でもとりたいですね。


Q.The Cheseraseraというバンド名も凄くバンドに合っている気がします。ケセラセラって「なんとかなる」とか「なるようになる」って意味があると思うのですが、今の日本はそう簡単になんともならないじゃないですか。宍戸君の歌詞を読んだり、The Cheseraseraの音楽を聴いていると、なんとかする為に何をしたらいいか、考えるきっかけにもなるなって思いました。

宍戸:ケセラセラって言葉はただポジティブに「なるようになれ」って意味があるだけじゃない気がして。根拠のないポジティブは信用出来ないんですよ。この言葉の裏には、本当はどうにもならないかもしれないって意味も僕はある気がするんです。物ごとに表と裏があるように、どっちともとれる範囲を残しておかないとなって。


Q.片方からだけでなく両方から見ることが大事だと。

宍戸:はい。曖昧でいることも大事だなって思います。あと先導していくと、どこかで突き放してしまいかねないなって。


Q.先導するというより、一緒に悩んだり考えたり出来るバンドなのかもしれませんね。

宍戸:そういうバンドでありたいですね。


Q.最後に宍戸君にとって音楽とはどういうものですか?

宍戸:音楽は生活ですね。音楽をすることって生きるっことだと思っています。大それたことではなく、呼吸するみたいに音楽をしたいです。


The Cheserasera:
西田 裕作(Ba) 宍戸 翼(VoGt) 美代一貴(Dr)


【HPアドレス】
http://www.thecheserasera.com/

アルバムジャケット

The Cheserasera
NEW ALBUM
The Cheserasera
PFCA-0030

2014年1月8日(水) SALE

¥1,600(税抜)

LIVE SCHEDULE

2014.01.16 [Thu] 名古屋 池下CLUB UPSET
2014.01.22 [Wed] 渋谷Milkyway
2014.01.24 [Fri] HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3
発売記念インストアイベント
2014.01.25 [Sat] タワーレコード渋谷店
2014.02.01 [Sat] タワーレコード札幌ピヴォ店
2014.02.02 [Sun] タワーレコード仙台パルコ店
2014.02.08 [Sat] タワーレコード広島店
2014.02.09 [Sun] タワーレコード福岡店
2014.02.15 [Sat] タワーレコード梅田NU茶屋町店
2014.02.16 [Sun] タワーレコード名古屋パルコ店

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993