PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
COUNTERCLOCKWISE
2012年4月に結成された安城オールスターバンドCOUNTERCLOCKWISEが1stアルバム「OUT THERE」をリリースする。様々なバンド経歴を持つメンバー各々が、年月を経て古くからの旧友という深い絆の元に新たな音を求めて集結し結成。バックボーンとして持つメロディックパンクロックの要素を基軸に、レゲエ、ファンク、EDM、J-POPなどの音楽エッセンスを加える事で枠にとらわれない新たなロックの可能性を追求している。バンドについて、アルバムについて、メンバーに話を訊いた。

Q.結成の経緯を訊かせて下さい。

Katsuu:もともと安城でみんな違うバンドをやっていたんですけど、その頃からの仲間なんですよ。僕以外は大学も一緒でその頃から先輩後輩だったり。でもバンドが解散して、この数年間はKyohei以外のメンバーはバンドシーンから離れていたんです。


Q.それがまた集まったのは?

Katsuu:友達の企画に誘われて僕とHiraiwaとKyoheiの3人でコピーバンドをやったのがきっかけですね。久しぶりのライブがとにかく楽しくて。それで共通の友達だったK.S.Kをベースに誘ってバンドを始めたんです。

K.S.K:誘われたときは滅茶苦茶テンション上がりました。


Q.みなさんメロディックパンクバンドの経歴がありますが、このバンドではメロディックパンクの枠を超えている印象があります。

Katsuu:ありがとうございます!最初は単純にメロディックから入ったんですけど、新しいエッセンスを加えたものを作りたかったんですよ。


Q.レゲエ、ファンク、EDM、J-POPの要素を上手くメロディックパンクにブレンドさせていますがみなさんのルーツはどういう音楽なのですか?

Katsuu:僕は確実にHi-STANDARDですね。それは全員共通していると思います。年を重なるごとに色んな音楽を聴くようになって、レゲエやEDMも聴いています。

Hiraiwa:僕もルーツはメロコアなんですけど、大学のサークルでレッド・ホット・チリ・ペッパーズとかサーフロックやセブンスコードを使っているような楽曲を聴くようになって。メロコアから離れた時期もあったんですけど、そういう音楽をメロコアに取り入れることで自分の見える幅が拡がっていきました。

Kyohei:僕もやっぱりメロディックパンクが好きなんですけど、J-POPもサーフロックもダブステップも良いと思うものは何でも聴きます。

K.S.K:僕はメロコアや西海岸系の洋楽を聴いていたんですけど、前のバンドを辞めるタイミングで音楽自体聴かなくなって。

Hiraiwa:去年くらいに「ELLEGARDENやばい」って言ってたもんね(笑)。

Katsuu:なんなら「ELLEGARDEN知ってる?」くらい(笑)。大体みんな知ってるっていう(笑)。

K.S.K:空白の時間があったから(笑)。


Q.あははは。バンドを楽しんでいるのが楽曲から凄く伝わります。

Katsuu:滅茶苦茶楽しんでいますね。ライブに来てくれる人が楽しいって言ってくれるのも嬉しいし、それはバンドの雰囲気や楽曲でも出していきたいですね。

K.S.K:今またバンドをやれることが本当に幸せで嬉しいんですよ。楽しくて仕方ないです。


Q.今作「OUT THERE」はどういうアルバムになりましたか?

Hiraiwa:曲の総合デパートですね。(一同爆笑)

Katsuu:それやばい(笑)。 滅茶苦茶パンクなアルバムだと思いますよ。曲調とかの問題じゃなくて、パンクの枠に捉われずに挑戦出来たって意味で凄くパンクのアルバムだなって思います。

Kyohei:自分達が良いと思ったものばかり取り入れたので単純に聴いていて楽しいアルバムになりました。

K.S.K:車内でもエンドレスリピートです(笑)。

Hiraiwa:フロントの3人がそれぞれ前のバンドで割と中心人物だったので、この3人が揃うととっちらかるんじゃないかっていう不安もあったんです。でも音源を聴くとちゃんと役割分担が出来ているんですよね。その上で個性も出ているのがこのバンドらしいなって思います。


Q.自身で思うCOUNTERCLOCKWISEらしさってどういうものですか?

Katsuu:ファミリー感ですね。僕ら、友達っていうよりファミリーなんですよ。

Hiraiwa:メンバーの誕生日にサプライズとかしますからね(笑)。

Katsuu:そうそう(笑)。本人以外のメンバーでLINEのグループが出来ますから(笑)。そういう仲の良さやハッピーさが音楽を通して伝われば良いなって思います。


Q.良い関係ですね。

Kyohei:この4人で色んなことに挑戦したいんです。1人でやってると潰れてしまうこともあるかもしれないですけど、このバンドは誰かが倒れそうになったら全員で支える結束力があるんです。

Hiraiwa:良いグルーヴは出てるよね。

K.S.K:バンド以外のところでも支え合える関係なんです。僕がバンドから離れた間もプライベートで会ってたし。バンドを辞めていた間に溜まった「バンドがやりたい」って気持ちが原動力にもなってるので。だからバンドに誘われて嬉しかったです。

Katsuu:K.S.Kを誘う時、しばらくバンドから離れていたから「駄目かもな」って思ってたんですよ。でも試しに誘ったら即答だったから(笑)。

K.S.K:バンドをやるのってエネルギーがいるから、色んなものを捨てました(笑)。でも捨てた以上にもらったものが大きいので。

Katsuu:溜めてた分、爆発はしていますね。


Q.チョロQを後ろに引きっぱなしだったのが一気に手を放したような。

Katsuu:あははは。あと本当にこの4人なら夢を叶えられる気がするんですよ。音楽面だけじゃなく、人間的にも尊敬しあえるこの4人で楽しみながら叶えられる夢があることを凄く幸せに思うんです。共通の友達にこのメンバーでバンドをやることを伝えたら「安城のオールスターじゃん」って言ってくれたんですけど、みんなそれぞれのバンドで色んな経験をしてきたにも関わらず、集まったときには未来の話しかしないんです。思い出話よりこれからの話が出来るって良い関係だなって思います。

Hiraiwa:前しか見てないですからね。たまに昔の話もしますけど(笑)。

Katsuu:うん。昔からの仲間とこうやって一緒に夢を見れるのは本当に嬉しいですね。


COUNTERCLOCKWISE:
K.S.K(B,cho)  Katsuu(Vo,Gt)  Hiraiwa(Gt,Vo)  Kyohei(Dr, Programming)

アルバムジャケット

COUNTERCLOCKWISE
NEW ALBUM
OUT THERE
STRJ-001

2014/1/29 ON SALE

1575円

Live Schedule

■1/6 愛知:CLUB ZION
COUNTERCLOCKWISE“OUT THERE” TOUR
■1/26 神奈川:横浜GALAXY
■1/31 愛知:安城 yumekibow RADIO CLUB
COUNTERCLOCKWISE
“OUT THERE” Release BASH
CIRCLE RIDE vol.2 〜This is my BUDOKAN〜
■2/01 愛知:豊橋 club.KNOT
■2/10 大阪:CLUB DROP
■2/15 山梨:やまなしプラザ1階 県民ひろば
■2/16 長野:Radius
■3/07 東京:eggman
■3/15 福岡:graf
■3/16 広島:Cave Be
■4/12 愛知:名古屋今池 CLUB 3STAR
COUNTERCLOCKWISE
“OUT THERE”TOUR FINAL

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993