PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
CRAZY興業

名古屋バンドシーンの遅れてきたルーキーことCRAZY興業が、バンド結成10周年にして初の全国流通アルバム「あたしをダイアに連れてって」を自主レーベル「HIP TOUCH RECORDS」を立ち上げリリースした。10年間走り続けた(歩いたりもした)渡辺タツヤの全てが詰め込まれた説得力のあるアルバムだ。そして事件が起きた。念願のアルバムを完成させ「さあこれからだ!」というCD発売日翌日に発表されたCRAZY興業活動休止宣言。ただ安心して欲しい。彼らの活動休止の真意はこのインタビューを読んで頂ければ伝わるだろう。なぜなら、彼らはCRAZY興業を続けるために活動休止を選択したからなのだ。結成10年、初のアルバムを完成させた彼らの決意をこのインタビューから汲みとって欲しい。

Q.ついにアルバム完成ですね。

渡辺:やっとです。CRAZY興業の10年がびっしり詰まっています。


Q.「あたしをダイアに連れてって」というアルバムタイトルだけで涙腺が緩みます。

渡辺:あははは。このアルバムが名古屋のバンドマンアンセムになることを祈っています。バンドマンの私生活をさらけ出していますからね。


Q.歌詞は実体験が多い?

渡辺:そうですね。でもフィクションとノンフィクションが混ざっていると思います。妙にリアルなのは実体験です(笑)。


Q.M-5「ブスだけど大好き」とか涙無しでは聴けないですよね。あとタツヤ君の彼女はブスなんだろうけど幸せだなあとか。

渡辺:なんてこと言うんですか(笑)。


Q. Mr.Childrenの歌詞で「友人の評価はイマイチでもShe So Cute」ってあったじゃないですか。これをCRAZY興業が歌うと「ブスだけどかわいい」になるのかなって。

渡辺:あははは。僕じゃミスチルみたいにうまくまとめられないです(笑)。


Q. リア充への嫉妬と苛立ち、音楽への執着がごちゃ混ぜの感情となって爆発するM-4「あほな専門学校ブルース」はCRAZY興版グミ・チョコレート・パインだなって思いました。

渡辺:その通りですね。僕は学生の頃からCDを買いまくっていたんですけど友達に「どこにそんな金あるの?」ってよく言われたんですよ。でもそうやって言ってくる奴が毎日あほみたいにコンビニで使うお金や遊園地とかに遊びに行くお金を僕は全部CDに使ってただけなんですよ。そのときのことを歌にしました。


Q.はい。その感情がCRAZY興業の原点だと僕は思っています。

渡辺:僕もそう思います。あとこのアルバムでは当時の感情も歌っていますけど、これからも名古屋で活動していくことも歌っているんです。全国リリースなのにダイアって言っても分からない人もいると思うけど、名古屋で育った僕らが憧れているライブハウスは他でもないダイアモンドホールなんです。だから絶対にいつかダイアモンドホールのステージに立ってやるっていう宣戦布告アルバムなんです。


Q.アルバムからその意志を強く感じます。じゃあ何故今、活動休止なのかですよ。

渡辺:そうなりますよね(笑)。


Q.はい。活動休止の真意を訊かせて欲しいです。

渡辺:安ければ売れるってわけじゃないですけど、少しでも沢山の人に手に取ってもらう機会を作りたくてアルバムの金額を1000円にしたんですけど、勿論この金額じゃ赤字で。利益なんか全然ないんです。でも僕らは音楽に関しては、利益より面白いほうを優先したいんですよね。僕も人生をCDに狂わされたので、僕らのCDでだれかの何かのきっかけになりたいんですよ。そのための「10周年10曲1000円」なんです。でもこの金額じゃ生活は出来ないし、どうやってもメンバーが食べていけるだけの利益は上がらないんです。そうなると、このままやっていくといつかバンドを辞めらければいけなくなる危険もあるなって思ったんです。それで僕らは働きなが生活をちゃんとして、その上でマイペースだけど確実にバンドを続けられる方法を選んだんです。

Q.音楽を続けるためにまずは自分の生活を整える必要があると。

渡辺:はい。怒髪天の増子さんがインタビューで「音楽で食べれないことを理由にバンドを辞めるなんてバンドを辞める理由にならない」って言っていて。それに名古屋にはthe原爆オナニーズ、NOT REBOUND、i GO、THE BOOGIE JACKと、働きながらバンドを続けてきた先輩が沢山いるんです。僕らもバンドを名古屋でやっていく上で、そういう名古屋バンドへの敬意を持って、スタイルを継いでいきたいんです。それも含めて僕は名古屋で音楽をやっていくことだと思っているので。それで今は就職活動に専念しようと思っているんです。


Q.こんなこと言うのも変ですけど、しっかり就職して早く戻って来て下さいね。バンド、絶対に辞めちゃ駄目ですよ。

渡辺:そこは信じて下さい。だって今、バンドが楽しくて仕方ないんですもん。バンドが辛いから活動を止めるんじゃなくて、バンドを続けるために休止するので戻ってこなかったら意味がないですから。だから活動休止じゃなくて、活動準備って言った方がしっくりくるのかな。

はちみつ:活動準備、いいね。

渡辺:器用なバンドはわざわざ活動休止をしなくても就職活動しながらバンドを続けることだって出来ると思うんですよ。でも僕らには出来なかった。わざわざ活動休止を発表しなくても就職決まるまでライブをやらなければいいだけじゃんって言われたりもしたけど、例えばライブを止めてる期間に「次のライブはいつ?」って質問や期待に応えられないんだったらきっぱり休んでしっかり準備するのが誠実かなって思うんです。

はちみつ:やっぱり音楽が好きなんですよ。絶対に辞めたくないんです。そのために休んで、絶対に戻ってくるので、しばらくこのアルバムを聴いて、復活を楽しみにしてて欲しいです。

渡辺:ギターのラッシーに活動休止したいって告げたときに「今までの10年間より、これからのほうが人生は長いんだから、今ここでちゃんとしたらこれからの長い人生がもっと楽しくなるんじゃない?」って言われたんです。それを聞いて、一生バンドを続けるために少し活動を止めるのは全然後ろ向きじゃないなって改めて思ったんですよね。


Q.はい。数年後に「あの頃活動休止したから今もバンドがやれているね」って話せるような活動休止期間を送って下さいね。

渡辺:勿論です。楽しみにしてくれていたアルバムの発売日の翌日に休止を発表してしまったので、2枚目のアルバムを出すときは発売日の翌日にハッピーな報告が出来るようにします。それまで待ってて下さい!


CRAZY興業:
渡辺タツヤ(Vo) ラッシー(Gt) はちみつ(Dr)

アルバムジャケット

CRAZY興業
NEW SINGLE
あたしをダイアに連れてって
HIP-001

NOW ON SALE

1000円

【HPアドレス】
http://www.geocities.jp/crazykougyou/
【「あたしをダイアに連れてって」特設サイト】
http://www.geocities.jp/crazy_kogyou/tokusetsu.html

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993