PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
FU-MU
名古屋を拠点に活動するポップ・マエストロ・ユニットFU-MUが1stアルバム「POP EYE SNOB」を完成させた。無機質と有機質の融合を体現したようなそのサウンドは、エレクトロニックミュージックとバンドサウンドの垣根を越え、またジャンルやシーンを越え、あらゆる音楽ファンから支持を受けている。サンプリング、リアルタイムループシステム、ギター、ドラム、シンセサイザーを2人で自在に使いこなし作りだされる音世界は実験的でありながら普遍的。FU-MUが織り成す音の渦に無防備で飛び込んでみて欲しい。音楽って素晴らしい。中溝悦雄、石井健太に話を訊く。

Q.音楽を始めたきっかけは?

石井:中学校のときにブラスバンドでギターを始めたのが最初ですね。ジャズっぽいことをやっていました。そのブラスバンドに中溝もいて。

中溝:僕はピアノをやっていました。

石井:中溝の家は家族みんなが音楽をやっているような音楽一家なんですよ。で、そのブラスバンドに有名で熱心な先生がいたんです。その先生と一緒にやるのが凄く楽しかったんです。でも1年くらいで先生がいなくなって、一気にブラスバンドが面白くなくなったんです。それで中溝と一緒に辞めて。

中溝:帰宅部になって急に暇になったよね(笑)。

石井:そうそう(笑)。それで時間があるから、お互いの家でギターを弾いて遊ぶようになったんです。当時はゆずとかコブクロの曲を家で練習していました。


Q.めちゃくちゃ意外な名前が出てきてびっくりしました。

石井:ですよね(笑)。僕ら2人での初ライブは学園祭でゆずのコピーですから(笑)。

中溝:懐かしい(笑)。

石井:その後、それぞれ別の高校に行くことになって、僕は軽音楽部でバンドを組みました。

中溝:僕は高校ではラグビーをやっていたんですけど、大学でバンドを組むようになりました。

石井:その頃は僕も違うバンドで新栄CLUB ROCK’N’ROLLや鶴舞DAY TRIPでライブをしていました。それでお互い大学を卒業するときにまた一緒にやることになったんです。その時はドラムもいて、3ピースでFU-MUを始めました。


Q.その頃はどんなバンドだったのですか?

石井:ダイナソーJrやソニック・ユースみたいなノイジーなロックをやっていました。その頃の曲は今でもやっています。


Q.今のスタイルになったのは?

石井:ドラムが抜けて2人になったんですけど、その頃ちょうどバトルズとか出てきてたんですよ。そういう影響もあって、メンバーを探すより機材を導入することにしたんです。それで徐々に今の形になっていきました。


Q.当時、周りの反響ってどうでした?

石井:「変わったことやってるね」くらいでしたね。今でこそループを使ってやってる人も出てきましたけど、やっぱり当時は珍しかったのかもしれません。


Q.当時、初めてFU-MUを聴いた印象は、機材を使った楽曲ってもっと機械的なのかと思っていたんですけど凄く温かいなって思ったんです。

石井:それ、4年前くらいに初めて2YOU MAGAZINEにレビューを載せてもらったときにも言ってもらったんですよ。「無機質ながら温かみのある音楽」って書いてくれてたんです。それを読んで「まさにそうだな」って思って。今だに僕らそのフレーズ使っていますからね(笑)。

中溝:「無機質ながら有機質な〜」って使うよね(笑)。


Q.あははは。でもそう感じるのはリアルタイムでサンプリングしているのも大きいかもしれないですね。凄くバンドっぽいというか。

石井:それは意識しています。僕ら、今でもやりたいことはバンドなんです。出来ることならメンバーも5人くらいにしたい(笑)。でもメンバーが増えたら面倒臭いことも増えそうなので、2人で最大限にやれるバンドらしいことがやれればなって思っています。


Q.音源だけ聴いたら2人でやっているとは思わないですしね。

石井:よく言われます。ライブを見てもらっても言われます(笑)。


Q.2人だからこその面白さもありますよね。FU-MUって変わったことをしているようで、凄くJ-POPだなって思う瞬間もあるんですよ。

石井:そこなんですよ。僕らは本当はバンドでやるようなことを機材でやっているだけなので、特別なことをしているつもりはなくて。だから変なトラックが出来ても歌を入れるとJ-POPになるんですよね。


Q.歌詞はどのようなことを歌っているのですか?

石井:コンセプトはないですね。それぞれの曲に意味はありますけど歌詞全体にメッセージやコンセプトはないです。


Q.音の一部という捉え方ですか?

中溝:前は音の要素として歌もありました。

石井:そうですね。でも今はまたちょっと違うかも。声がしっかり聴こえるようにミックスしますし。そういう変化は出てきたかも。

中溝:昔は楽器の一部でしたからね。

石井:強いていえば歌詞は皮肉っぽいかな(笑)。


Q.それは「POP EYE SNOB」というアルバムタイトルにも表れていますね。

石井:そうですね。「POP EYE」には流行に敏感という意味が、「SNOB」にはエセという意味があって。つまり「敏感ぶる」っていう、これも皮肉なんですけど(笑)。でも流行に敏感な人こそ音楽を楽しんで聴いているんだろうなって思うこともあって。そういう人にもFU-MUを聴いてかっこいいって言ってもらえたら凄く嬉しいなって。つまり色んな人と繋がりたいっていう(笑)。


Q.寂しがり屋で天邪鬼なんですね(笑)。

石井:はい(笑)。仲間に入れて欲しいんです(笑)。

中溝:楽しそうなとこ見ると羨ましいもんね。

石井:混ざりたい(笑)。でも自分からは行けないっていう。性格が出ましたね(笑)。僕ら友達も少ないし(笑)。


Q.あははは。では改めてどのようなアルバムになりましたか?

石井:僕はレコーディングもミックスも自分でやったので聴き過ぎていたんですけど、少し時間を置いて聴いたら凄くノレたんですよ。納得出来る作品になったと思っています。

中溝:自分で聴いてもかっこいいなって思います。車で聴いていて思ったんですけど、インストもあったりして、色んなことをやっているアルバムなので何回聴いても楽しめるんじゃないかなって思います。

石井:本当に色々詰め込んでますね。メインが沢山ある感じ。なので最終的に疲れます(笑)。もうちょっと抜いても良かったかなって(笑)。あ、これマイナスプロモーションですね。(一同爆笑)


FU-MU:
中溝悦雄(Synthesizer、Dr) 石井健太(Gt、Vo)


【HPアドレス】
http://fu-mu.jimdo.com/

アルバムジャケット

FU-MU
NEW ALBUM
POP EYE SNOB
BBRJ-015

NOW ON SALE

1890円

『POP EYE SNOB』 release tour

11/24(日)@名古屋spazio rita
12/07(土)@静岡 磐田FMステージ
12/08(日)@東京 小岩bushbash
12/14(土)@広島BANQUET
12/26(木)@名古屋クラブロックンロール
12/28(土)@三重ガッツU
12/29(日)@大阪FANJ
01/11(土)@佐賀RAG・G
01/12(日)@福岡 薬院UTERO

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993