PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
SpecialThanks
新生SpecialThanksが、現在の4人編成では初の作品となるニューミニアルバム「MOVE ON」をリリースした。「SEVEN LOVERS」リリース後のSpecialThanksは波乱万丈だった。メンバーの脱退、怪我などが続き、Misaki自身も精神的に落ち込んでいたという。ただバンドは立ち止まらなかった。3ピースでの活動を経て、現在の4人体制で再出発を切った彼らから発せられる音は全てが前向きなのだ。危機を脱したMisakiの大きな成長と、バンドのモチベーションの高さが今作には如実に表れている。今のSpecialThanksがバンド史上最も充実していることを物語る全5曲、全身で浴びて欲しい!

Q.今作は過去最高に前向きなアルバムだなって思いました。

Misaki:今回のアルバムは「この4人でやっていくぞ!」っていう名刺代わりのものを作りたかったんです。だから明るくポジティブなものになったし、気持ち的にもとても前向きに作れたと思います。今回はとにかく聴いたときにパワーをもらえるような元気なアルバムにしたかったんです。

Hiromu:パワーは欲しいよね。

Misaki:うん。骨折しちゃったし(笑)。


Q.それニュースで見ました。大丈夫なんですか?

Misaki:はい。でもギターが弾けないのでピンヴォーカルで歌っています。

Hiromu:このバンドは次から次へと色々起きるよね(笑)。

Misaki:一番ショックだったのはメンバーが2人抜けたときですね。フラれた気分でした。


Q.その頃はどんなモチベーションでした?

Misaki:うーん。凄く落ち込んでました。でもバンドを辞めるっていう選択肢はなくて。だからって「やるぞ!」って気分でもなかったんですけど。そんなときにHiromu君がメンバーを探してくれたりバンドを動かそうとしてくれて。

Hiromu:このままだと駄目になるなって。それでJunpeiを誘って3ピースになったんです。

Misaki: 3ピースへの憧れもあったんです。それで3人で音源を出したいなって思って作ったのが「Campanula e.p.」で。


Q.「Campanula e.p.」はギターが1本になったことでMisakiちゃんの歌がより前に出ている印象があったんですけど、今回、Heisuke君のギターが加わったことで音が厚くなったにも関わらずMisakiちゃんの歌がしっかり前面に出ているのが凄いなって思いました。

Misaki: そこを目指していました。3ピースのときは音が少ない分、歌が際立つのが良いなって思っていて。でも音でも遊びたいじゃないですか。それでまた4人になったんですけど、音が増えることで歌が埋もれたら嫌だなって思っていたんです。なので歌が前に出ているって言ってもらえるのは凄く嬉しいです。


Q.あとは本当に楽しそうですよね。M-1「Try it out!」からは明るいパワーが放出されています。

Misaki:この曲は「試してみてよ」って歌詞があるんですけど、CD屋さんの試聴機でこのアルバムを聴いてる人を想像して作ったんです。だから歌詞の最後では「試してくれてありがとう」って歌ったりもしてて。


Q.M-2「After FIVE」は仕事の歌ですよね。Misakiちゃん、仕事を初めて何年経ちました?

Misaki:もう5年目です。仕事は凄く楽しいです。私はバンドも仕事も両方やっているからこそ上手くやれていると思うんです。会社ではバンドをやってるから仕事が出来ないって思われたくないから一生懸命働くし、仕事をやっているからCDが出せないって思われるのも嫌だからバンドも本気で頑張りたい。そう思えるのは名古屋の先輩バンド達を見てきたからなのかもしれないです。働きながらバンドやってる人はかっこいいです。


Q.M-3「Getting on」は人生がテーマになっていますが、これはSpecialThanksがずっと歌ってきたことでもありますよね。

Misaki:そうですね。私は「人生は一度きり」ってことをずっと歌っているので。私、今から老後のことを考えちゃうタイプなんです(笑)。例えば死ぬ時に子供が3人くらいいたら寂しくないなとか(笑)。でも最近、それもどうなんだろうって思うようになりました(笑)。もっと今を大切に生きなきゃなって思うようになったというか。


Q.どっちにしても人生が一度きりなことに変わりはないですよね。今を大切にすることも、将来を考えることも、どっちも繋がっていると思います。

Misaki:はい。どっちも大事にしたいです。


Q.M-4「OVER AGAIN」とM-5「move on」を聴いて感じたのですが、SpecialThanksというバンドの持つパブリックイメージは所謂メロディックパンクだと思うのですが、実はこういう曲の方がMisakiちゃんの真骨頂なのかなって思いました。

Misaki:家でギターを弾いて自然に出てくるのはこういう曲ばかりですね。「Try it out!」や「After FIVE」のような曲は「頑張って明るい曲を作るぞ!」って気合いを入れないと作れない曲なんです。だから私の素に近いのは実はこういう曲なんです。


Q.しかし今作は、新しい4人でのSpecialThanksを堂々と提示出来たアルバムですね。バンド内の状態も良いのでは?

Junpei:バンドの状態は良いと思っています。思いっきりマイペースですけど(笑)。みんな内面で沸々と湧きあがってる感じなのかな。あと僕が入ってまだ1年くらいですけど、みんなが仲良くしてくれるし、良いバンドだなって思います。

Junpei:僕はちょっと焦ってます。バンドが成長するためにはもっと自分が上手くならなければなって思っています。

Misaki:みんな真面目なんです(笑)。でもマイペースなんです(笑)。

Hiromu:だから僕がちょいちょいたきつけなきゃなって思っています(笑)。


Q.Hiromu君の存在は大きいかもしれないですね。

Misaki:大きいですね。Hiromu君がいなかったらバンド辞めて家で寝てるだけだったかもしれません(笑)。この4人の新しいSpecialThanksには自信もあるので聴いて欲しいですね。あと、今まで何度もメンバーチェンジを繰り返してきましたけど、私はずっとこのメンバーでやっていきたいです。この4人で作った新しいSpecialThanksを見てほしいです。よろしくお願いします!


SpecialThanks:
Heisuke(Gt) Junpei(Dr) Misaki(Vo、Gt) Hiromu(Ba)


【HPアドレス】
http://www.specialthanks777.com/

アルバムジャケット

SpecialThanks
NEW ALBUM
MOVE ON
KOCA-78 【CD+DVD】

NOW ON SALE

¥2,100(税込)

『MOVE ON』Release Tour

12/14(土) 名古屋HUCK FINN(ワンマン)
12/15(日) 高円寺HIGH(ワンマン)
以下2014年
01/04(土) 福岡graf
01/12(日) 大阪Pangea(ワンマン)
02/21(金) 仙台enn 2nd
03/15(土) 名古屋APOLLO BASE(TOUR FINALワンマン)

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993