PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
WHITE ASH
シーンに、セオリーに、システムに堂々宣戦布告。WHITE ASHのメジャー第1弾アルバム「Chao,Fake Kings」がとにかく素晴らしい。結成時から彼らが掲げてきた「シンプルかつかっこいい」という信念はそのままに、今までにも増して様々な表情をみせてくれる楽曲陣にバンドのポテンシャルの高さと音楽への愛情を強く感じる作品だ。シングル曲、既発曲を一切入れず、収録曲全てが新曲という攻めの姿勢にも大きな拍手を。本物の王の椅子に続く階段を登り始めたのび太に直撃インタビュー。

Q.のび太君ってどんな少年だったんですか?

のび太:えっと、のび太は永遠の小学5年生って設定なんですけど(笑)。僕は至って普通の少年だったと思います。学校終わったら友達と遊んだりお菓子食べたり…。どこにでもいる小学生でしたね。


Q.音楽に興味を持ったのはいつ頃ですか?

のび太:僕は年の離れたお姉ちゃんがいるんですけど、お姉ちゃんが洋楽のハードロックが好きだったんですよ。ガンズ・アンド・ローゼズとかモトリークルーとか。それで僕も幼稚園くらいからそういう音楽を受動的に聴いていて。聴こえたままに口づずさんだりしてたみたいです(笑)。自発的に好きになったのはマイケル・ジャクソンですね。凄く綺麗な声で気持ちよさそうに歌うマイケル・ジャクソンを観て音楽が大好きになりました。


Q.バンドを始めたのは?

のび太:中学、高校と卓球部だったんですけど、思春期になるとやっぱりモテたいじゃないですか。それで「バンドをやったらモテるんじゃないか」っていう安易な発想で大学で軽音学部に入ったんです。でも楽器すら触ったことのないところからのスタートだったので中々バンドも組めなくて。そうやってモヤモヤしているときにテレビでたまたま流れたアークティック・モンキーズのミュージックビデオに雷に打たれたような衝撃を受けて。それですぐにギターを買って、アークティック・モンキーズのコピーバンドを始めたんです。それがWHITE ASHの始まりです。


Q.じゃあ人生初のバンドがWHITE ASHなんですね。

のび太:そうなんです。最初の頃はずっとコピーバンドでした。ちょうどUKロックが盛り上がっていた時期で、アークティック・モンキーズ、ブロックパーティー、ザ・サブウェイズ、あとスウェーデンのマンドゥ・ディアオのコピーをしていました。


Q.では日本のバンドより海外のバンドの影響が大きい?

のび太:いや、邦楽も大好きです。WHITE ASHっていうバンド名もthe pillowsの曲名から頂いてますし。僕とドラムの剛はTHE YELLOW MONKEYから影響を受けていますし、個人的には中村一義さんが大好きです。洋楽と邦楽ってそれぞれの良さがあると思うんですよ。邦楽だったらメロディが綺麗だったりサビを聴かせる展開があって、洋楽だったらキャッチーなリフな楽曲のダイナミックさがある。その両方をブレンドしたら面白いなって。キャッチーなリフの曲でサビはドーンみたいな。


Q.メジャーに行くことで意識することってありますか?

のび太:「シンプルかつかっこいい」っていう僕らがずっと大切にしてきたコンセプトを守ることを意識していますね。メジャーに行くことで「WHITE ASHが変わってしまうのでは?」っていう心配をしている人もいると思うのですが、「僕らは何も変わらないよ」ってことをちゃんと伝えたいです。勿論、メジャーに行くからには沢山の人に聴いてもらいたいです。だからこそ、確固たる意志を持たないといけないなって思っています。


Q.今回のアルバムはそういうバンドの意志表示というか、WHITE ASHというバンドの存在意義をメジャーやシーンに叩きつける作品ですよね。

のび太:本当にその通りなんです。今のシーンを意識したうえで、その中にいる自分達が何をやるべきかを凄く意識していて。今のロックシーンは、例えば早いテンポでノリの良い音楽がひとつの主流としてあると思うんですけど、だったら僕らはそのノリを崩さずにテンポを落としてどれだけノレるかを提示したいなって思うんです。


Q.所謂カウンターですね。

のび太:はい。ダフトパンクの新作聴きました?EDMが凄く盛り上がっている中、元祖EDMのダフトパンクが柔らかい音のソウルなアルバムを作ってきたじゃないですか。そのカウンター感が凄いなって。シーンを築いて、そこにフォロワーが集まっている中、当の本人はそこに対してばっさりとカウンターを喰らわすのが本当にかっこいいと思うんです。そういうことを僕らもしたいんですよね。今の主流のシーンに対してどうカウンターを喰らわすか。それがWHITE ASHの存在意義に繋がるんだと思います。


Q.しかもWHITE ASHはその所謂主流なものをやれるところも見せてるのが憎いですね。

のび太:そうなんですよ!バレてますね(笑)。


Q.M-2「Number Ninety Nine」やM-10「(Y)our Song」で今のシーンに同調したものを提示しつつ、M3「Zodiac Syndrome」やM-6「Bacardi Avenue」やM-7「Delayed」のような楽曲でカウンターを狙っているのが流石です。

のび太:ありがとうございます。「Number Ninety Nine」や「(Y)our Song」は「求められているもの」というか。やっぱり僕はリスナーをおいてけぼりにしたくないんです。やりたいことは提示するけど、求められているものもやりたいんです。その上で裏切りたいっていう。


Q.シングル曲がアルバムに入ってないのも凄いカウンターですよね。システムに対してのカウンターというか。

のび太:アルバムにシングル曲が入るのって日本では当たり前というか、入ってないといけないような感じが何故かあるじゃないですか。でも僕はシングルもアルバムもそれぞれの作品として提示したいんです。僕、思うんですけど、バンドの思想ってそのままバンドのイメージを作ると思うんですよね。このバンドでいえば、本来当たり前だとされているものに斜め上から捻りを加えるのがWHITE ASHらしさに繋がると思っていて。それが引っかかりになると思うんですよね。常に気になる存在のバンドでいたいんです。


Q.のび太君、WHITE ASHのこと大好きですよね(笑)。

のび太:あははは。もうね、世界で一番好きだと思います(笑)。アルバムに新曲しか入れなかったことにも繋がるんですけど、僕は好きなバンドの新しい曲は1曲でも沢山聴きたくて。WHITE ASHは1stアルバム「Quit or Quiet」をリリースした後に3枚のシングルを出したんですけど、カップリングも含めて全部新曲なので2013年は20曲くらいリリースしたんですよ。「WHITE ASHやってくれたな!」「いっぱい曲聴かせてくれたな!」って自分で思ってますから(笑)。アルバムを出すことで「前作から1年7ヶ月振りのアルバム」って言われることもあるんですけど、僕にとっての前作はシングル「Crowds」なので、「久しぶりの作品ですね」って言われても、全然久しぶりな感覚はないんですよね。2013年は4枚リリースしましたからね。褒めてあげたいです(笑)。


Q.アルバムタイトル「Ciao, Fake Kings」にはどんな意味があるのですか?深読みしちゃいそうなタイトルですが。

のび太:これは話すと長いんですが(笑)。まずこのアルバムのタイトルは「C」から始まるなって直感で思ったんです。それで思い浮かんだのが「Ciao」っていう挨拶の言葉だったんです。挨拶の言葉で印象的なフレーズと言えばニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」の「Hello,how low?」が真っ先に頭に浮かんで、そこに「Ciao」を代入したんです。そしたら「Ciao、ちゃう王」っていう言葉になって。ここからは連想ゲームなんですけど、「ちゃう王→違う王様→フェイクキングス」ってなったんです。王様って全ての力を兼ね揃えた人がなるものだけど、どんな分野でも実力が伴っていなくても王様になる人もいるじゃないですか。僕らが本物の音楽で偽物の音楽を倒したいっていう、直感から発展させたタイトルなのに、僕が日頃から思っていることにリンクしたタイトルになったんですよね。


Q.偶然が必然に変わっていったという。

のび太:しかもそれだけじゃなくて、1曲目の「Casablanca」はカサブランカっていう花の名前なんですけど、別名が百合の女王なんです。百合には偽りのない、とか純潔っていう花言葉ことばがあるんですけど、つまり、偽物の王様にさよならを告げるアルバムの1曲目が偽りのない百合の女王の歌っていう。しかもアルバム最後の曲は「Xmas Present For My Sweetheart」っていうウェディングソングなんですけど、カサブランカってウェディングのブーケで使われる花なんですよね。これ、全部直感で決めてることなので後から調べて繋がってることに気付いたときに「やばー!」「持ってるー!」ってなりました(笑)。


Q.あははは。あと、今作で感じたのは「シンプルかつかっこいい」というテーマはそのままだと思うのですが、シンプルの定義が少し変わったのかなって。

のび太:はい。今まで僕が思っていたシンプルっていうのは4人で鳴らせる必要最低限の音がシンプルだと思っていたんです。でも本当の意味でのシンプルって、4人で鳴らすことがどうこうより、曲に対してシンプルであるべきだなって思ったんです。ギター、ベース、ドラム以外の音を足すことで曲の世界観が完成するなら、違う音を入れたとしても、それは必要最低限の音で構築されていることになると思うし「シンプルかつかっこいい」というテーマに沿っているなって思うようになったんです。その発見は大きかったですね。


Q.4人の音だけでライブで再現できるっことがシンプルではなく。

のび太:それがシンプルだと思っていたんですけど、そうじゃなくて曲にとって必要最低限の音で構築されていればそれが本当のシンプルなのかなって。


Q.そうなると、音源とライブで曲の表現方法が変わってくるのでは?

のび太:変わると思います。作品としての楽曲と、それをどうライブで表現するかはまた別物なので、今までより作品とライブの区別が出来るようになったと思います。だからアルバムのツアーが凄く楽しみですね。


Q.ある意味、バンドの転換期になるアルバムなのかもしれないですね。

のび太:そうかもしれません。でもこれがWHITE ASHだって言える作品だし、これからも「シンプルかつかっこいい」というテーマだけはブレずに突き進んでいきたいです。


WHITE ASH:
のび太(Vo、Gt)
山さん(Gt)
彩(Ba)
剛(Dr)


【HPアドレス】
http://whiteash.jp/

アルバムジャケット

WHITE ASH
NEW ALBUM
Chao,Fake Kings
VPCC-81784

NOW ON SALE

¥2,800(税込)

WHITE ASH One Man Tour “Lilium”

02/08(土)福岡VIVRE HALL
02/10(月)広島Cave-Be
02/11(火)高松DIME
02/15(土)札幌COLONY
02/21(金)新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
02/22(土)名古屋CLUB QUATTRO
03/01(土)大阪BIGCAT
03/09(日)仙台MACANA
03/15(土)渋谷AX

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993