PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
ENTH
名古屋メロコア・シーン2014年の大本命、ENTHが衝撃のデビュー作「Get Started Together」から1年振りとなる2ndミニアルバム「Never Let Go」をリリースする。この1年間での彼らの成長が詰め込まれた今作は、勢いがあり衝動的だった前作の要素はそのままに、更にエモーショナルになった印象を受ける。バンドの指針となるようなアルバムを完成させたことで、ENTHがどのような経験をし、どのような成長を遂げるか、とても楽しみだ。

Q.前作から1年振りのリリースですが、この期間でかなり状況は変わったのでは?

daipon:ガラッと変わりましたね。レコ発ツアーやTRUST TOURを回ったことでライブに対する考えや姿勢も随分変わったと思います。昔から憧れていたような先輩バンドとも対バンさせてもらう機会が増えたのも有難いですね。

Naoki:僕らのライブに来てくれる人が多くなったのも嬉しいですね。

daipon:バンドとしても成長出来たと思います。


Q.その成長は今回のアルバムに如実に表れていますよね。

daipon:嬉しいです。自分での音の幅は広がったなって思います。

Ma-:前作は結成からその時点までのENTHを詰め込んでいたし、今作はこの1年間を詰め込んだ作品になったと思っていて。

daipon:僕らのギリギリを詰め込んだよね(笑)。


Q.前作はバンド内から湧き出るものをそのまま音にしたような物凄く衝動的な作品だったじゃないですか。今作はその勢いに壮大さやエモーショナルな部分が加わったように感じました。

daipon:まさにその通りで、前作とは心境も少し違うんですよね。僕らは基本的にネガティブだしこうやって並べてみると暗い曲が多い気もするんですけど、自分の中の人にあまり見せない感情や表に出しても理解されない感情を音にした曲が多いと思っていて。「悲しい」と一言でいっても「悲しい」のジャンルってメタルの種類くらいあると思うんですよ。僕はそれを表現したくて。例えば映画を観ていて、誰もが泣く感動のシーンってあるじゃないですか。だけどそこじゃない細かいシーンみたいな、名前のついてない感情の部分…、何メタルか分かってないような部分を歌いたいんですよ。痒い部分をアウトプット出来ればなって。


Q.そのニュアンスはM-2「me」やM-4「Hailsham」によく出ていますね。

daipon:ありがとうございます。その2曲は僕らも激推しです。


Q.逆にM-1「Crime in my mind」やM-3「NEVER AND EVER」は従来のENTH節が炸裂していますね。

daipon:「まさにENTH!」な勢いのある曲だと思います。なのでアルバムとして上手くバランスも取れている気はしますね。幅の広さも出ていると思いますし。自分で聴いていて気持ち良いアルバムになりました。


Q.収録曲は既にライブで披露しているのですか?

daipon:半々ですね。前からやっている曲もあります。M-4「Hailsham」は前作に収録する予定だったし。

Ma-:何度もアレンジ変わったよね。

daipon:作っては壊しての繰り返しで。3パターン目くらいでやっと完成しました。でも出来上がったのを聴くとここまで引っ張って良かったなって思います。


Q.「Never Let Go」というタイトルは?

daipon:僕の好きな映画に「Never Let Me Go」っていう映画があって。この映画は「わたしを離さないで」っていう邦題なんですけど、「Me」を抜くことで色んな捉え方が出来ると思うんです。「I Never Let You Go」で「お前を離さない」になるし。僕らは前作を出して色んな出会いがあったんですよ。そういう人をずっと掴まえていたいし、これからの出会いにも期待しているんです。そういう気持ちがタイトルには込められています。


Q.先程ネガティブだって話がありましたけど、凄く前向きですよね。本当に暗かったらこんなアー写は撮らないと思います(笑)。

daipon:あははは。間違いないっす(笑)。

Ma-:この日、くっそ寒かったんですよ(笑)。


Q.みんな白帯なのも良いですよね(笑)。

Ma-:謙虚なんです。(一同爆笑)


Q.あははは。改めて今作はどのようなアルバムになりましたか?

Naoki:前作を出した頃は周りの先輩に技術的に足りない部分が多いって言われたんですけど、ツアーを経験したことで成長出来たと思うので今回は自信を持ってリリース出来ます。

daipon:前のアルバムのときはNaokiの前のギターの頃からあった曲が多かったので、今のメンバーでゼロから作ったのは今回が初めてなんですよ。

Ma-:あと、僕の中では今回のアルバムは覚悟の1枚なんです。このアルバムはENTHがもっと拡がっていくための重要な作品だと思っていて。前作はバンドをやっていくということに向き合えたアルバムだったんですね。あの作品を出したことでバンドのポジションも見えたし、そこから1年どういう活動をしたらいいかも見えたんです。そういう意味では今作もここからまた1年のバンドの動きを引率してくれると思っています。


Q.覚悟であり、指針となるアルバムなのかもしれませんね。

daipon:その通りです!


Q.では最後にリスナーにメッセージをお願いします。

daipon:前作は「暴れたい!」っていう衝動に駆られる作品だったと思うんですけど今回のアルバムは暴れるより浸れる楽曲が多いと思うので、CDとライブでは違った楽しみ方が出来ると思います。なのでCDを聴いてくれたら是非ライブに来て欲しいですね。

Naoki:あ、それと…。

Ma-:それと?

Naoki:ライブに来て欲しいです!

daipon:一緒じゃん!(一同爆笑)


ENTH:
Naoki(Gt、Cho)
daipon(Vo、Ba)
Ma-(Dr、Cho)


【HPアドレス】
http://www.enth-nagoya.com/

アルバムジャケット

ENTH
NEW ALBUM
Never Let Go
RCTR-1027

2014/4/9 Release

1620(税込)

LIVE SCHEDULE

3/1(土)下北沢SHELTER
3/9(日)心斎橋BRONZE
3/23(日)栄R.A.D

4/20(日)@名古屋栄R.A.D
ENTH presents 【Enthusiast vol.7】
ENTH 2nd Mini Album "Never Let Go"Release Party
ENTH / 3style(千葉) / NOA(大阪) / OVER ACTION(奈良) / Radical Radio(東京)

5/3(土)@名古屋栄R.A.D
ENTH "Never Let Go"アウトストアライブ名古屋編
要招待券(入場時1drink代\600必要)
※4月9日にリリースされるENTH / Never Let Go(RCTR-1027)を下記対象店舗にてお買い上げでアウトストアライブへご招待!
対象店舗
タワーレコード名古屋パルコ店
タワーレコード名古屋パッセ店
タワーレコード大高店
タワーレコード東浦店
タワーレコード鈴鹿店

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993