PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
小谷美紗子
前作「ことの は」から3年半振り、フルアルバムとしては「Out」以来6年半振りとなるニューアルバム「us」で小谷美紗子は哀しみの果てにある希望を優しく温かく歌っている。震災以降初となる今作に辿り着くまで、大きな葛藤と闘っていたという彼女。2011年9月に無料配信された「3月のこと」では「歌なんか今そんなもの聴いてもしょうがない」という言葉も綴られているし「東へ」では震災当時の葛藤が生々しく描かれている。だが小谷はその先に希望を見出すことが出来たという。そうして生まれたのが今作「us」である。同じ時代を生きる僕らの希望の音楽を完成させた小谷美紗子に話を訊く。

Q.これまでの小谷さんは恋愛、人生、政治、社会など、様々な物ごとに対するパーソナルな感情を歌ってこられた印象が強いのですが、今作は歌う対象の幅が広くなったというか、誰かのために書いた歌が多いように感じました。

小谷:そうですね。ライブで毎回新曲を3曲披露する企画を年に3回やったんですけど、そうやって歌詞を書く中で自然とお客さんの顔が浮かんだんです。今までのように特定の誰かに向けて歌うとか自分の感情をぶつけるんじゃなくて、聴いてくれた人が喜んでくれる言葉を自然と意識するようになったんです。震災があったし、自分の悲しみをぶつけることよりも、聴いてくれた人がふっと楽になれたり、ちょっとだけ誰かの役に立てるような曲を書きたくなったんです。そこに辿りつくまでは結構時間がかかったんですけど。


Q.震災や原発事故を受けてどんなミュージシャンも自分の音楽や活動と向き合ったと思うのですが、小谷さんはどうでしたか?

小谷:音楽のことを考える余裕がなくて固まりました。震災や原発の前で私の音楽や言葉は役に立たないんじゃないかって思ったんです。あと京都の実家からすごく心配されて「帰ってこい」ってずっと言われていたんですけど、それで家族とも喧嘩したりして…。そういう状況の中でも言葉は書き溜めていたんですけど「どの言葉も誰かを傷つけてしまうんじゃないか」「この事をきっかけに自分がのし上がろうとしてるんじゃないか」「それを音楽にしてしまうのはどうなんだろうか」っていう葛藤が物凄くあって。


Q.その葛藤はM-8「東へ」に生々しく表れていますね。

小谷:この曲は震災直後に名古屋にライブに向かっているときの気持ちを歌っていて。東に向かう自衛隊や支援の車とすれ違う度に、私は自分の無力さを感じてしまったんです。でもその抱いた感情を忘れないためにも歌わなきゃなって思ったんです。あと震災や原発事故が無ければ起こらなかった揉め事で傷ついた人や、色んな選択をせざるを得なかった人がせめて自分を責めないでくれたらいいなって思ったときに、私の音楽や言葉が少しでも役に立てないかなって。そう思えるようになってやっと音楽に目を向けられるようになったんです。


Q.震災後、初めて書かれた曲が無料配信された「3月のこと」でした。

小谷:「3月のこと」を書くまではずっと悶々としてたんです。でも「3月のこと」を発表したことをきっかけで被災地の方からTwitterで反響を頂いて。それで「歌ってもいいのかな」って思いました。「頑張れ」とも言えないし「頑張らなくていい」とも言えない中で、私は人が中々気付かないところに向かって歌っていけばいいのかなって思うようになったんです。


Q.何が正しいのかすら分からない状況の中で色んな角度から物ごとを捉えることの必要性があることをM-1「enter」やM-2「正体」で歌われていますよね。

小谷:はい。今は情報もいっぱいあるけど何が嘘で何が本当か分からないじゃないですか。だからこそ、相手の立場、自分の立場、全ての観点から物ごとを見ないといけない時代なんだと思うんです。偏ってしまうとそこで止まるけど、私は前に進むことが出来たので「こういう考え方もあるんだな」って思ってもらえたらなって。


Q.M-6「果てに」では「ここが奈落の底だよ」という一節がありますが、この曲だけでなくアルバム全体から、現実から目を背けず受け入れた上で前に進む希望を感じました。

小谷:奈落の底にいない人に「頑張れ」っ言われても「そうは言っても…」ってなるじゃないですか。でも私自身もこれ以上苦しいことはないんじゃないかって思いをしたんです。奈落の底からでも希望は見えるっていうことを歌いたかったんです。


Q.その希望はM-4「手の中」から強く感じます。この曲は同じ時代に生きる僕らの希望ですし、「ひとりじゃないんだな」って思わせてくれました。だからアルバムタイトルも「us」なのかなって。

小谷:嬉しいです。この曲はTwitterでのファンの人との交流から生まれていて。「自由はいつも背中に、孤独はいつも手の中に」っていう歌詞をTwitterで呟いたんですけど、それがそのまま歌詞になっていて。震災以降、曲が書けなくて悶々としてた時期もTwitterでの交流は続けていたんですよ。


Q.聴いてくれる人に向けた歌を歌うようになったのはTwitterでの交流も作用しているのですね。

小谷:そうかもしれません(笑)。昔、BBSって流行ったじゃないですか。あれはどこの誰が言ってるか分からなかったですけど、Twitterは匿名性もありながらも温度を感じるんですよね。発言にちょっとした想いやりや恥じらいを感じるし、何だか優しい距離感だなって。だからあそこでの交流は大事にしたいなって思っています。


Q.ある意味みんなで作った作品なのかもしれませんね。

小谷:そうですね。Twitterで「締め切りが間に合わない」って呟いたときもみんなが「頑張れ!」って言ってくれて。その言葉は確実に作品に作用しますからね。お客さんとの会話から生まれる歌詞もありますし。今までは自分に何か事件が起きて、泣く代わりに歌詞を書いていたのが、今はTwitterを通して目の前にいるお客さんのことを思って書くことも増えて。今までと変わらない部分は変わらないけど、確実に視野は拡くなったと思いますね。


【HPアドレス】
www.odanimisako.com/

アルバムジャケット
【フォトブック特別限定盤】

アルバムジャケット
【通常盤】

小谷美紗子
NEW ALBUM
us

NOW ON SALE

【フォトブック特別限定盤】
HSR-1003 ¥3,300
Music For Lifeサイトにて通販限定リリース
(一般のCDショップ/通販サイトでの販売予定はございません)
http://musicforlife.co.jp

【通常盤】
HSR-0003 ¥2,800
2014/01 /22(水)発売
全国のCDショップ/通販サイトで販売
収録曲は特別限定盤と同一です。通常盤はジュエルケース仕様となります

小谷美紗子 Trio Tour 「us」

2014年4月8日(火) 大阪・梅田Shangri-La
2014年4月10日(木) 名古屋 CLUB QUATTRO
2014年4月24日(木) 東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993