PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
My Hair is Bad
新潟県上越市発、My Hair is Bad。若者の日常を包み隠さず赤裸々に歌ったデビューアルバム「昨日になりたくて」は「まるで自分のことを歌われているよう」と聴く者の心に深く刻み込み、ライブハウスシーンは勿論、FUJI ROCK FESTIVAL’13のROOKIE A GO GOに出演するなど着実にその名を知らしめてきた彼ら。そして前作から1年、バンド初のシングル「だまれ」とフロントマンである椎木知仁による弾き語りミニアルバム「ガイハンボシとアコギ」がTHE NINTH APOLLOから2枚同時リリースされた。My Hair is Badとして、椎木知仁として、21歳のリアルが詰め込まれた作品から彼の人間性を感じて欲しい。

Q.昨年、「昨日になりたくて」をリリースした反響はどうでした?

椎木:僕ら全くの無名バンドだったので最初は中々思うような反響を感じなかったんですけど、レーベルの社長が沢山ツアーをやらせてくれたので、CDを出したことでライブがいっぱいやれて良かったなって思いました。


Q.確かにMy Hair is Badは常にライブをしているイメージがあります。

椎木:去年は特に沢山ライブをさせてもらいましたね。でも同じレーベルの先輩達はそれ以上にやってるので自分達としてはまだまだかなって思っています。


Q.今回、バンドと椎木君のソロが2枚同時リリースされましたが、ソロ活動はバンドと平行してやってきたのですか?

椎木:数年前にバンドメンバーが就職していたことがあって、ライブをやりたくても中々出来ない時期があったんですよ。それで弾き語りを始めたんです。当時はバンド以上に弾き語りをやっていましたね。弾き語りでやる曲はバンドとは別の曲をやっているんですけど、それをレーベルの社長も知っていてくれて「レコーディングしたら?」って言ってくれて。それでツアーの空き日に録ったのが今作です。始めた理由が理由だったのでまさかCDを出すことになるとは思ってませんでしたね。


Q.「ソロをやる」という明確なビジョンがあった訳ではなく、バンドの穴を埋めるために始めたことだったと。

椎木:その通りですね。特に「弾き語りをやりたい!」って始めたことではなかったので。


Q.やっていく中で意識や気持ちの変化はありましたか?

椎木:弾き語りばっかりやっていた時期は「バンドよりこっちの方が自分のやりたいことなのかも」って思ったこともあって。でもバンドに戻ればやっぱりみんなで大きい音を出すのが好きって思うんですよ。だったらバンドも弾き語りも両方やろうって思うようになりました。強いて言えばバンドに比べると弾き語りは気持ちに余裕を持ってやれてる部分はあるかもしれないですね。


Q.ソロとバンドで曲は使い分けているのですか?

椎木:あまりそこの境界線はないですね。バンドでボツになった曲を弾き語りでやったり(笑)。でも結果的に弾き語りの曲の方が分かり易い曲が多い気がします。結果論ですけど。


Q.バンドもソロも表現方法が違うだけで歌っていることはどちらも日常の出来事や風景だなって思いました。

椎木:そうですね。歌ってることはどちらも変わらないです。


Q.「黙れ」は曲の主人公が女の子目線ですよね。

椎木:結構僕の曲は女の子の視点で書くことが多いですね。僕は歌詞や曲を高校を卒業したくらいから書いてるんですけど、当時、クリープハイプが出てきたくらいで。彼らの影響は思いっきり受けていますね。女の人の真似をして歌ってみたり。でも当時真似していたことが、何となくやっていく中で自分のやり方を掴めたというか。分かってきたんですよね。「黙れ」もその手法で書いた曲です。


Q.この曲は短い曲の中に感情が詰め込まれていますね。

椎木:「黙れ」は「こういう曲を書こう!」と思って書いた曲ではなくて。僕はライブ中に即興で弾き語りをしたりするんですけど、そんな感じで自然と書いた曲なんです。本当に何となく。それをレコーディングしてみたらまさかのシングルになったという。


Q.ではあまり作品にコンセプトを持たせるというより自然と出来たものが作品になる方が多いのですか?

椎木:コンセプトは特にないですね。曲を作るうえで4曲なら4曲のバランスを取るようにはしていますけど。でも、これまで何となくやってきたので、今回のレコーディングで色々勉強になりました。音に関しても作品に関しても、自分のやりたいことを具体的に提示していかないと駄目だなって今になって思い知らされました(笑)。


Q.椎木君の歌詞は恋愛の歌というか、男女の歌が多いですよね。それは自然に?

椎木:そうですね。逆に男女の事以外で僕が歌っていることって何かあったかなっていう(笑)。そこは明日、照らすの村上さんの影響かもしれません。


Q.「黙れ」と「あの頃のバンド、2つ目のバイト」は楽曲自体は直接リンクしている訳ではないと思うのですが、MVは同じ映画館、同じ人物が登場するなど物語が繋がっていますよね。これはどういう意図があったのですか?

椎木:あの…。それが本当に申し訳ないんですけど、今回バンドで4曲MVを撮ってソロでも撮ったので単純に時間がなくて…。それでソロも一緒に録っただけなんです(笑)。すいません(笑)。


Q.なるほど(笑)色々深読みして歌詞とか何度も読み返していました(笑)。

椎木:本当にありがとうございます(笑)。でもそういうのがめっちゃ嬉しいんですよ。自分の思っていた以上のことを聴いたり見てくれる人が考えてくれるなんて幸せなことですよね。凄く嬉しいです。ちょっとだけ申し訳なくもありますけど(笑)。


Q.バンド初のシングルとソロをリリースした先に考えていることはありますか?

椎木:ちょっとライブの本数を控えようかなって(笑)。常にライブが目の前にあったし、明日の弦を買うお金もない状況だったんですよ。でもただライブを減らすんじゃなくて、その分しっかり曲を作ってフルアルバムを作りたいです。最近メンバーと話し合ったばかりなんですけど、僕らバンドをやるからには大きくなりたいし、所謂メジャーという場所にも行きたいんです。かっこ悪くて生々しい話ですけど(笑)。でもそういう夢は見ていますね。その為にも良いアルバムを作りたいです。


My Hair is Bad:
バヤリース(Ba、Cho)  やまじゅん(Dr)  椎木知仁(Vo、Gt)


【HPアドレス】
http://77.xmbs.jp/myhair/

アルバムジャケット

My Hair is Bad
NEW SINGLE
だまれ
TNAD-0047

NOW ON SALE

【CD+DVD】1260円(税込み)

アルバムジャケット

椎木知仁
NEW SINGLE
ガイハンボシとアコギ
TNAD-0048

NOW ON SALE

1050円(税込み)

My Hair is Bad 「だまれ」 Release tour

3/3 千葉LOCK
3/5 渋谷O-CREST
3/14 新潟GOLDEN PIGS
3/15 新潟LOTS
3/16 松本ALECX
3/18 長崎studio Do!
3/19 福岡Queblick
3/21 山口周南rise
3/22 岡山CRAZY MAMA 2nd Room
3/28 神戸太陽と虎
3/30 名古屋Party’Z
4/4 鈴鹿ANSWER
4/5 心斎橋BRONZE
4/12 新潟上越EARTH

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993