PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
Qaijff
名古屋発3ピース・ピアノロックバンド、Qaijffが自らの名を冠した1stフルアルバム「クアイフ」を完成させた。2014年4月12日に開催される名古屋クラブクアトロでのワンマンに向けた6ヶ月連続企画「for the future 0412」の開催、ZIP-FM FIND OUT内番組「Qaijff Turn」のパーソナリティーを務めるなど、確実にその名を知らしめてきた彼らからシングル「Clock hands/エンディング」に続き届いたアルバムはQaijffの衝動的な部分を詰め込んだ全14曲のフルボリューム。名古屋から全国に大きく羽ばたくQaijffを2YOUはこれからも追っていきたい。

Q.Qaijffを結成する前は森さんはソロシンガーだったんですよね。

森:はい。元々はギターボーカルでバンドをやっていたんですけど、そのバンドが解散してシンガーソングライターとして活動していました。それでバックバンドを付けたくて知り合いに相談したら「良いベーシストがいるよ」って内田を紹介してくれて。

内田:当時僕がやっていたセレンダインというバンドの解散が決まってたくらいに声をかけてもらったんだよね。

森:そしたら内田に「バンドやろうよ」って言われて「え!?」ってなった(笑)。

三輪:なんで(笑)。

森:ソロでやっていくって固い決意をしてたんだもん(笑)。だから凄く悩んで、どうしようかなって思ってたら「良いドラムがいるから1回スタジオ入ってみようよ」って言われて…。

内田:丸めこみました(笑)。

森:丸めこまれました(笑)。


Q.内田君が森さんとバンドをやりたいと思った決定打は何だったのですか?

内田:バンドをやっていて、売れたいとか名を馳せたいとかっていう気持ちはもちろんあるけど僕にとって一番のモチベーションは、何か面白いことがやりたいという気持ちなんです。セレンダインを解散して、本当に面白いと思える人としかバンドはやれないと思っていたときに森と出会ったんですけど、本当に才能のある人だと思ったし、セレンダインで一緒だった三輪も本当に個性的なドラムを叩くので、この3人が組み合わさったら面白い化学反応が起こるんじゃないかっていう期待でワクワクしたんですよね。


Q.お互い面識はなかったのですか?

内田:名前を知ってるくらいですね。

三輪:一緒にやることになって、僕はYOU TUBEでソロでやっていた頃の森のライブ映像を見たんですよ。それが物凄く女の子女の子していて(笑)。「この子と一緒にバンドが出来るかな?」って思った(笑)。デモ音源も女の子全開な感じだったし(笑)。

森:迷走してたんだって(笑)。

内田:迷走してたよね(笑)。

森:やりたい音楽と女性シンガーソングライターとして求められている音楽の間で悩んでいたんですよ。それで女の子の気持ちを歌ったようなラブソングをなんとか作ろうとして作っていた時期で。

三輪:第一印象はそれだったなあ。

森:女の子らしい子が来ると思ってたでしょ(笑)。

三輪:思ってたよ。そしたら油ギッシュなラーメンばっかり食べてる奴が来た。(一同爆笑)


Q.Qaijffとしての初ライブはいつですか?

森:2012年4月1日ですね。この日は森彩乃名義で告知をして出演したんですけど、ライブで「今日からこの3人でQaijffです」って発表して。

内田:リアクションは半々だったよね。シンガーソングライターの森を見に来ている訳だし。

森:そうかなあ?でもその頃から応援してくれている人で今でもQaijffを見に来てくれている人もいるのは嬉しいですね。


Q.ライブの手応えは感じましたか?

内田:森の声のトーンと感性は出会った頃から信じていたので、三輪のラウドなドラムと森の歌が一緒に鳴らされることに確実な手応えを感じましたね。でも賛否両論はあって「歌をもっと聴かせろ」っていう声もありました。でも僕はメンバーの個性を活かしたバンドがやりたかったから、森の歌が聴きたいという人も納得させられるようなバランス感をバンドで手に入れなきゃなって思いました。3ピースのピアノロックバンドってバランス感が凄く難しいんですが、逆にそこが醍醐味だとも感じています。

森:ギターがいないから音厚も無いしね。

内田:ピアノでロック出来るバンドって限られていると思うんですよ。ポップなバンドはいると思うんですけど僕らはピアノでロックしたいんです。


Q.所謂ピアノバンドのパブリックイメージとは違いますよね。ライブは特に。立って弾いていますし。

森:あははは。よく「何で立ってるの?なんで裸足なの?」って言われる(笑)。


Q.森さんはピアノボーカルとして意識することはありますか?

森:私も内田と一緒でロックがしたいんですよね。ピアノは小さい頃からやっていたんですけど、ちょっとお利口さんのイメージあるじゃないですか、ピアノって。だから元々は私はピアノでバンドをやる発想がなかったんです。だから最初組んだバンドではギターボーカルだったし。でもその考えが変わって、バンドでピアノを弾きながら歌うなら、裸足で髪の毛を振り乱してやろうと!!

三輪:それで裸足なんだ。知らなかった。

森:もう今では、Qaijffで靴を履く発想が私にはない。


Q.「靴を履く発想がない」ってかっこいいのか何なのか(笑)。

内田:あははは。

森:野外フェスは熱くて大変なんです(笑)。


Q.そしてついに完成したアルバムですが、バラエティに富みつつ、物凄く衝動的な作品ですよね。

内田:ピアノロックバンドとしてのロック感やアタック感が欲しかったし、僕は完成された滑らかな音楽より衝動感のあるゴツゴツした音楽の方がかっこいいと感じる瞬間がたくさんあって。僕の中でその「はみ出し感」こそがバンドがバンドである理由だと思ってます。例えばRANCIDのベースとか物凄いことになってるじゃないですか。あれってアンサンブルとして有りか無しかは分からないけど(笑)、あのハチャメチャな感じがたまらなくかっこいいと思うんです。音楽を突き詰めて行く上で、どうしても完璧を求めてしまうしそれが自然な流れだと思いますが、それが=格好良さじゃないのが音楽の難しさだと思っています。今回はファーストアルバムという事もあり、その衝動感=バンドっぽさを出来るだけ出したかった。なので、バンドアンサンブルはあえて整頓し過ぎない様に心がけました。その結果、音楽的にも幅があって且つバンド感のある良い作品になったと思います。


Q.その衝動的な部分はアルバムを再生した瞬間に耳に飛び込んできますよね。M-1「Turn out」のピアノは衝撃でした。

内田:あれ本当にかっこいいですよね!

森:グランドピアノでレコーディングしたんですけど、まず「おりゃー!」って速弾きして、そのあとで実験的に、後半でピアノを重ねてみたら、いい感じで。私とエンジニアさんだけで録ったのでミックスのときに初めてメンバーにも聴かせたんです。

内田:滅茶苦茶びっくりしたもん。

森:実はこの曲は私達がZIP-FMでやっている「Qaijff Turn」っていう番組のジングルのフレーズをテンポを上げて弾いているんです。ラジオを聴いてくれている人は「お!」って気付いてくれたら嬉しいですね。


Q.M-3「ピラミッドを崩せ」は歌詞も曲も滅茶苦茶攻めてますよ。

森:この曲で歌っていることが一番伝えたかったことなんですよ。実はアルバムのタイトルにもしたかったんです。作り上げられた世界、汚い裏社会、おかしな仕組み、などを全て引っ繰り返したいって歌なんですけど。でも結局タイトルには出来なくて。

内田:エジプト大使館からクレームがくるかもしれないからマズいと(笑)。

森:せめて匂わせたいと思ってピラミッドの三角形をモチーフにしたジャケットにしたんです。歌詞カードの中にも三角形が描かれていますが、その角度だったり色合いには実は私なりの意味があって。メンバーにも言ってなくて、勝手に想いを込めました(笑)。今ここで話しちゃったらつまらないので(笑)、いずれブログなどで書こうかな?


Q.今作は14曲入りですが当初はミニアルバムの予定だったんですよね。

内田:最近の流れだとミニアルバムをリリースするバンドが多いし僕らも当初はその予定だったんですけど。僕の初期衝動はザ・ブルーハーツなんですが、中学生の頃にフルアルバムを頭から通して聞いた時の興奮を今でも覚えていて。今でもCDを聴く時に一番求めているのはあの感覚なんです。プリプロを行っていく段階で、その感覚を与えられるCDを今回はどうしても作りたくなった。あと映画も基本的に2時間じゃないですか。あれって、ドラマチックなストーリーを作るのに必要な時間が約2時間だからだと思うんですよね。そういう意味で、僕らもアルバムを作るのに14曲必要だったっていう。やりたいことを詰め込んだらこのボリュームになりました。二面性どころじゃない、多面性を持ったアルバムになりましたね。


Q.今後のバンドの展望はありますか?

内田:これからも名古屋を拠点に活動していくのは変わらないのですが、もっともっと沢山の人に知って欲しいし、「ピアノロックといえばQaijff」って認知されるくらいまでステップアップしていきたいですね。僕らは武道館やガイシホールっていう何万人規模のステージを本気で目指しているし、それを何十年も続けられるバンドになりたいんですよ。その為に、今後も更に自分達の音楽を追求して、沢山の人達に出会いたいと思っています。


Q.期待しています。では最後にメッセージをお願いします。

三輪:森節、内田節、三輪節がそれぞれ出ているアルバムになりました。是非楽しんで下さい。

内田:全14曲通して聴くと映画を観たように感じて貰えると思うので1曲目から14曲目まで余すことなく聴いて欲しいです。

森:全国発売のシングルを出したことで、その曲に対するライブでの反応が変わったことを体感したんですけど、アルバムを出したらどうなるのかとても楽しみです。CDを買わなくても音楽を聴ける時代だからこそ買ってくれた人に大事にしてもらえると嬉しい。私は歌詞カードをひとりで部屋にこもってガン見しながら聴くのが好きなので、QaijffのCDをそうやって聴いてくれたら嬉しいです! よろしくお願いします!


Qaijff:
三輪幸宏(Drum) / 森彩乃(Vocal&Piano) / 内田旭彦(Bass)

 

アルバムジャケット

Qaijff
NEW ALBUM
クアイフ
ZNFO-1005

2014/03/12 Release

¥2,000+税

Qaijff 1st Full Album『クアイフ』release 東名阪tour
“ピラミッドを崩せツアー”

2014/03/30(日) @大阪 南堀江 knave
2014/04/04(金) @東京 渋谷 TSUTAYA O-Crest
2014/04/12(土) @名古屋 栄 CLUB QUATTRO《ファイナル ワンマンライブ》

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993