PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
ALPHASE
岡崎発のスクリーモ/ポストハードコアバンドALPHASEが新レーベルRomulus Recordsから1stミニアルバム「A Hawk Lost His Beak」をリリース。前身バンドBlack Jack時代から数々のデモ音源作成やフェス等への出演と精力的な活動を続け、2012年にALPHASE と改名、メンバーチェンジを経て今の形へ。オートチューンを駆使したクリーンでキャッチーなボーカルと攻撃的なシャウトの掛け合いが重厚なサウンドに乗ることで作り上げられるALPHASEの個性が爆発した今作で岡崎から全国にその存在を知らしめることだろう。

Q.前身バンドの結成が15才の頃なんですよね。

Hiro:はい。僕とTakashiが高校の入学式の日に一緒にバンドやろうって話をしたのがきっかけですね。高1の最後に初めて岡崎カムホールでライブをやりました。


Q.入学式で結成って凄いですね。その前から知り合いだったのですか?

Takashi:全然(笑)。

Hiro:Takashiは当時凄くガラが悪くて(笑)。入学式の日に「バンドやりたいから楽器やってる奴いない?」って僕のクラスに乗りこんできたんですよ。

Takashi:あははは。

Hiro:めっちゃビビりました(笑)。


Q.当時はどういうバンドだったのですか?

Takashi:今とは全然違いますね。最初は日本語のラブソングとかやってましたし。

Hiro:大学に入った頃からどんどん重くなっていったんです。

Ken:CrossfaithやFACTの存在は大きいですね。その影響からバンド全体での方向性が定まった気がします。


Q.みなさんのルーツはどういう音楽なんですか?

Ken:海外のスクリーモやポストハードコアって色々枝分かれしていますけど、そういうの全部ひっくるめてルーツにありますね。

Hiro:僕はエレクトロですね。

Takashi:ルーツで言うとX JAPANですね。バンドを始めた頃は僕がドラムだったんですけどYOSHIKIさんに憧れてツインペダルの練習とかしました(笑)。あとはSUM41やオフスプリング、メタリカ、メガデスが好きでした。バンドを始めた当初、メタルサウンドと歌モノが融合したものをやったら恰好良いなって思っていたんですよ。それで大学に入った頃にスクリーモに出会って。ドンピシャでしたね。


Q.ALPHASEの楽曲は攻撃的な部分と叙情的な部分が共存していますよね。

Takashi:攻撃的な部分は勿論、僕は切ない部分を特に意識していますね。ライブでもただ暴れるだけのモッシュとかじゃなくて、観てくれる人の心を動かしたいんですよ。

Hiro:音楽でどれだけ気持ちを動かせるかだと思うんですよね。ライブを観て「次の日からまた頑張ろう」って思って貰えたら嬉しいし、そういう人とまたライブハウスで会えたら幸せです。

Ken:バンドをやっているだけで満足したくないですね。それじゃ意味がない。聴いてくれた人や観てくれた人の人生に食い込むような音楽をしたいです。


Q.歌詞はどのようなことを歌っているのですか?

Takashi:人生について歌っています。夢や本当にやりたい事って、自分で自分の声が聞こえてないと分からないと思うんですよ。自分の声に耳を傾けることが大事だと思うんです。他人じゃなく自分の人生だから誰に何と言われようとやりたいことをやろうよっていう。僕らが音楽をやっていることもそうですし。人生って凄いってことを伝えたいし、楽しんで欲しいんです。夢があるなら頑張ろうよっていうメッセージを込めています。

Hiro:言いたいことを言っているので重いことも言ってますけど、優しさもあるんですよね。

Takashi:気持ち込めて書いているので、当たり前なんですけど歌詞を読んでいると自分で共感することがあって。聴いてくれる人も同じ気持ちになってくれたら嬉しいです。


Q.どういうアルバムになりました?

Takashi:決意表明ですね。「A Hawk Lost His Beak」というタイトルなんですけど「口ばしを無くした鷹」って意味で。鷹は40年生きたら、生きるか死ぬかの選択をするんですよ。生きる選択をした鷹は80年生きるんですけど死ぬ選択をした鷹は40年で死ぬんです。僕だったら生きる方を選択したいし、自分に挑戦することで自分の声に耳を傾けることが出来ると思う。それがテーマになっています。このアルバムでは自分の生きる道を選択し頑張ることや、そこで出会った人を大事にすることを歌っています。


Q.バンドの決意表明のアルバムなのかもしれませんね。

Takashi:本当にそうなんですよ。あと岡崎からこのアルバムを発信出来ることが凄く嬉しいです。

Hiro:もし滅茶苦茶有名になってもずっと岡崎でやりたいですね。岡崎には感謝しかないので。

Ken:岡崎で新しいシーンを作るのが目標なんですよ。ジャンルで固まるのではなくて色んな壁をぶち壊したい。その決意表明でもあります。


Q.ではリスナーにメッセージをお願いします。

Ken:人の繋がりや当たり前のことがどれだけ大事か噛みしめてもらえるアルバムになっているので是非聴いて欲しいです。

Hiro: 僕らが言いたいことは歌詞で歌っているので歌詞カードを読んで感じてくれたら嬉しいです。

Takashi:メンバー、スタッフ、お客さん、僕らに関わってくれる全員に本当に感謝しています。みんなのお陰で僕らの夢が叶いました。僕らのライブや音源がきっかけで嫌なことを忘れたり、新しい繋がりが生まれたら嬉しいですね。たったひとつのきっかけで変わることがあると思うんですけど、ALPHASEがそのきっかけになれたら最高です。


ALPHASE:
Takashi(Scream)
Ken(Vo.)
Hiro(Gt.)
Shin(Ba.)
Shaadi(Dr.)

【HPアドレス】
http://www.alphase.info/

アルバムジャケット

ALPHASE
NEW ALBUM
A Hawk Lost His Beak
WRAC1001

NOW ON SALE

¥1,500 (Tax in)

LIVE SCHEDULE

5/23(金)愛知・岡崎CAM HALL
5/30(金)大阪・心斎橋VARON
6/21(土)愛知・名古屋RAD HALL
7/05(土)愛知・岡崎CAM HALL

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993