PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
The キャンプ
名古屋のThe キャンプが初の全国流通音源「キャンボリズム」をONE BY ONE RECORDSからリリースする!これまでにRISING SUN ROCK FESTIVAL、COMIN'KOBEなどの大型フェスやワンマンライブの成功など、全国へのリリース音源がないにも関わらず幅広いフィールドで活動してきた彼ら。満を持して放たれるミニアルバムは伊藤の暖かくやさしい歌とコバヤシの暑苦しくてやかましい歌が混ざり合った「これぞThe キャンプ!」な1枚となっている!結成から7年、オールドルーキーが起こしたアクションで世界の形が変わるかもしれない!超えていけー!

Q.結成7年、ついにきましたね。

コバヤシ:お待たせしました!


Q.振り返るとどんな7年でした?

伊藤:あんまり記憶がない(笑)。

コバヤシ:一瞬!

伊藤:確実にステップアップはしていると思うんですけど、本当に少しずつだから…。何も変わってないような気がします(笑)。


Q.でもフェスやワンマンなど大きいステージでの活動も増えて確実にバンドは成長してきましたよね。

伊藤:それもあまり実感ないんですよね(笑)。大きいステージに立たせてもらう機会は増えたんですけどそこに足を踏み入れただけで何かが変わるとは思えなくて。まだまだっす。

コバヤシ:やっとCDが出るのでこれから本当に楽しみですね。


Q.The キャンプって無冠の王者感ありましたよね。ジェロム・レ・バンナみたいな。

伊藤:あははは。

コバヤシ:僕ら、タイミングも悪いんですよ。CDのリリースとか何もないときに限ってRISING SUN ROCK FESTIVALとかCOMIN'KOBEとか良いお話を頂くんです。

伊藤:無冠感あるね(笑)。


Q.初の全国流通盤ですが、どんな作品になりましたか?

コバヤシ:キャンプの2面性がしっかり出せたアルバムになったと思います。僕らの2面性って静と動じゃなくて、どっちも暑苦しいんですけど、僕の作るガチャガチャした暑苦しさと伊藤くんの作るジワジワくる熱さが出ていると思います。


Q.曲は伊藤君とコバヤシ君が作っているのですか?

コバヤシ:分かりやすく言うと元気なのは僕で静かなのは伊藤です。

伊藤:僕はあまり意識してないですけどね。曲作るのが早いわけじゃないので出来た曲をやる感じ。コバヤシ君の曲とバランスをとったり意識することはないかな。

コバヤシ:僕が書く歌詞って伊藤の歌詞と違って薄いんですよ(笑)。だったら楽しい曲のほうが良いかなっていう感じですね。


Q.歌詞にも2人のカラーは出ていますよね。

伊藤:僕はあまり空想とかイメージでは書かなくて、起きたことや感じたことを書いています。悩んでいることを書くんだけどただ悩みを書くんじゃなくて。自分の中で答えが出たことしか書かないです。


Q.逆にコバヤシ君は空想で書いている印象があります。

コバヤシ:M-3「アクション」は自己啓発の要素があるんですけど、最近の曲は空想が混ざりますね。明確なメッセージはあるけど言葉の捉え方でストーリーの焦点が変わっていくのが好きなんですよ。聴き手によって受取り方が違ったほうが面白いかなって。


Q.アルバムタイトルの「キャンボリズム」は造語ですか?

伊藤:ジャンボリー、シンボリズム、The キャンプから作った造語です。


Q.その言葉を選んだのは?

伊藤:なんかジャンボリーっぽいし、シンボリズムっぽいし、The キャンプだし(笑)。

オカエモン:シンボリズムっぽいって(笑)。つまり象徴主義ってことだよね。

コバヤシ:僕は本来存在しないものを敢えて具現化したものと認識しています。

オカエモン:逆に具体的なものが持つ要素を表現するって意味もあって。そういう意味ではThe キャンプを象徴するようなCDになったと思うんです。それこそバンドに2色のカラーがあることもそうだし、全体の雰囲気もそうだし。面白いのは、そういった意味があるにも関わらず「キャンボリズム」って聞いたときに「シンボリズム」じゃなくて「リズム」を想像することですよね。そこの偶然のWミーニングが面白いなって。

コバヤシ:僕、バンドの紹介文で「もはや竹です。バンブー。」って書いたんですけど言い得て妙だなって思うんです。伊藤のことを考えていたら木じゃなくて竹のイメージだったんですよ。

伊藤:どういうことなの(笑)。

コバヤシ:真っ直ぐ根っこから伸びてるイメージだよ。

伊藤:意味が分からない(笑)。

コバヤシ:答えは僕しか知らないんだよ。「何か意味があるんだろうな」って考えてみたら楽しいじゃん。ワンマンの紹介文も「プロレスラーと小栗旬」って書いたんだけど、意味分からないんだけど面白いってみんなで笑ったし。


Q.まさに象徴主義ですね(笑)。

コバヤシ:自分の中ではストンと落ちていることを言葉にするのが難しいんですよ。あと真面目に説明するのが嫌い(笑)。自分が象徴的だと思うものに当て込んで「あとはお好きにどうぞ」って方が好きなんです。

伊藤:本当にそれで良いのかって話ですけどね(笑)。


Q.あははは。ではアルバムが出来た率直な感想を聞かせて下さい。

コバヤシ:大満足です。自分のバンド、かっこいいなって思いました。

オカエモン:つい聴いちゃいますね(笑)。

山口:僕はこの作品に関わらず7年やってきて満足したことがなくて。まだやれることが沢山あると思うんですよね。勿論良い作品が出来たとは思っているので、聴いてくれる人が喜んでもらえたらそれで充分です。

伊藤:僕も聴いてるうちにもっと良いものが出来るんじゃないかっていう気持ちが強くなってくるタイプで。満足したら終わりな気がするし。

コバヤシ:僕、満足してるって言ったばかりなんですけど。(一同爆笑)


Q.コバヤシ君…(笑)。ではバンドの展望を聞かせて下さい。

伊藤:やっぱり一瞬だけ大きいとこでやってもあまり意味がないと思っているので、常にそこでやれるような力をつけたいですね。

コバヤシ:フェスに出たいです。

山口:真逆なこと言ってる気がするんだけど。(一同爆笑)


Q.スラムダンクで海南高校が「常勝」を掲げていましたしね。

伊藤:それです。必然性をもって勝ち続けたいです。

コバヤシ:ミーハーな自分に勝ちたい。(一同爆笑)


Q.メンバーそれぞれの常勝があって、それをバンドに持ち寄ったときに全体で上昇するんだと思いますよ。

コバヤシ:それ、僕が言ったことにしてもらえませんか。(一同爆笑)


The キャンプ:
ヨウヘイコバヤシ(Ba.)
伊藤 洋平(Vo.)
山口 立史(Gt.)
オカエモン(Dr.)

【HPアドレス】
http://web-thecamp.com/

アルバムジャケット

The キャンプ
NEW ALBUM
キャンボリズム
OBOCD-023

2014年5月14日発売

1000円(+税)

LIVE SCHEDULE

5月16日(金)大阪 十三ファンダンゴ
6月7〜8日 名古屋SAKAE SP-RING
6月12日(木)北海道 札幌スピリチュアルラウンジ
6月13日(金)北海道 札幌サウンドクルー
6月21日(土)富山ソウルパワー
6月22日(日)大阪十三ファンダンゴ
6月27日(金)広島 cavebe
7月12日(土)金沢VANVAN V4
7月16日(水)東京TSUTAYA O-Crest
8月24日(日)名古屋 大須ell.FITS ALL

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993