PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
Chocolate Shake
名古屋のメロディックパンクバンド、Chocolate Shakeが3枚目のデモ音源「Keep On Contending」を完成させた!かつてない盛り上がりを見せる名古屋のメロコアシーンにおいて独自のスタンスを貫きつつ今池HUCK FINNや栄RADを拠点としながらも幅広い活動で徐々にその名を知らしめてきた彼ら。今回のデモ音源はバンドの真骨頂ともいえる泣きのメロディーと巧みなコーラスワークが炸裂した90年代後半の日本のメロディックパンクからの影響を強く感じる全3曲が収録!名古屋のメロコアシーンに新たな角度から刺客登場!

Q.結成の経緯を教えて下さい。

中村:大学のサークルで出会って結成しました。元々今とは全然違う別のバンドをやっていたんですけど、ギターの平山を誘ってChocolate Shakeを始めました。2年で前のドラムが辞めて、後輩の田中を誘って今の形になりました。


Q.中村君がやっていた前のバンドはどんなバンドだったのですか?

中村:メロコアはメロコアなんですけど、今よりもっとストレートなメロコアでしたね。


Q.みなさんのルーツはメロコアですか?

中村:そうですね。僕は完全にHi-STANDARDです。

田中:僕もメロコア全般が好きですけど、ルーツというとHIGH and MIGHTY COLORです。ハイカラを聴いてドラムを始めたんですよ。あとはストーリー・オブ・ザ・イヤーのようなシャウト系のエモも好きです。

平山:僕のルーツはMR.BIGなんですけど、メロコアでいうと90年代のコンピ「Punk-O-Rama」の影響は大きいですね。最初はバンド名なのか曲名なのか分からなかったんですけど(笑)。あとは最近のバンドだとFOUR GET ME A NOTSにも影響を受けています。


Q.ライブハウスに出るようになったのは?

中村:かなり前ですね。初めて出たライブハウスはHUCK FINNでした。今でもずっとお世話になっているし、僕らにとって特別なライブハウスです。


Q.現在、名古屋のメロコアシーンはかなり盛り上がっていると思うのですが、その中においてChocolate shakeは独自の存在感を放っていますよね。

中村:恰好良く言うとそうかもしれませんが…。

平山:浮いてるだけ?(一同爆笑)

中村:浮いてるよね(笑)。あと年齢いってるから(笑)。みんな若いしね。

平山:うん。みんな若いし滅茶苦茶恰好良い(笑)。

中村:僕ら、やっぱり浮いているんですよ。(一同爆笑)


Q.浮いてるイメージはないですけど(笑)。

中村:いや、僕ら前に進んでないんですよ(笑)。HUCK FINNやR.A.Dに出させてもらっているんですけど、「何かずっと前からいるバンド」ってイメージがあるかも(笑)。

平山:くすぶってるバンドってイメージだろうね(笑)。

中村:出来ればそれは避けたい。(一同爆笑)


Q.曲作りはどのように行っているのですか?

中村:最初の頃、僕はストレートなメロコアしか作れなかったんですけど、平山が書く曲は良い意味で捻くれているので、僕と平山が作った曲を3人で作り上げていく中で普通のメロコアとは違うものが出来上がって行く感じですね。


Q.楽曲で拘っている部分はありますか?

中村:僕は完全にメロディですね。そこは大事にしています。

平山:そのメロディーにどうコーラスをつけるかが僕の拘りですね。ハモるのが好きなんですよ。ハモりに拘り過ぎてメインのメロディが目立たない現象も起きていて(笑)。複雑かつキャッチーなコーラスをつけることに拘っています。


Q.今作はどんな音源になりましたか?

中村:自信作です!出来上がった音源を聴いて興奮しました。。帰り道、20周くらい聴きましたからね(笑)。かなりの手応えはあります。


Q.今作には3曲収録されていますが、バンドのポテンシャルを提示した3曲ですよね。

平山:嬉しいです。キュンとしちゃいます(笑)。

中村:M-1「Keep On Contending」が所謂押し曲で、M-2「Straight」は変化球、M-3「Time Waits For No One」は新境地なんですよ。この3曲でChocolate Shakeの色んな顔を感じてもらえると思います。


Q.哀愁感のあるメロディも印象的でした。

中村:それはNOBの影響が大きいと思います。NOBは本当に聴きまくっていたので。


Q.確かにNOBやHAWAIIAN6の影響は感じますね。

中村:憧れはありますね。同世代のSHANKとかも影響を受けてない振りしてめっちゃ聴いてます(笑)。


Q.今作でデモ音源も3枚目ですが、アルバムを作る予定は?

中村:アルバムは作りたいですね。僕達、曲を作るのが遅いんですよ。まだ10曲くらいしかないんです。これからはどんどん曲を作ってアルバムも作りたいですね。レーベルとか考えたこともなかったんですけど、まずは我武者羅に曲を作るとこから始めたいです。


Q.バンドとして目指していることってありますか?

中村:とにかく突き抜けたいです。今、名古屋のシーンって凄く盛り上がってるじゃないですか。僕達は、良い意味でそこには属さず、独自の方法で突き抜けたいです。

田中:全国何処に行っても知ってもらえるようなバンドになりたいです。メロコアのシーンだけじゃなくて広い意味で色んな人に知ってもらいたいんです。

平山:それはあるね。

中村:極端な話、ミュージックステーションに出たいんですよ。そういう意味分かんないとこまで行きたい。めっちゃ売れたいとかじゃなくて、シーンに留まりたくないっていうか。


Q.スタンスはそのままで色んな所へ行きたいと。

中村:昔、SNAIL RAMPが「HEY!HEY!HEY!」に出たじゃないですか。あれが衝撃で。あそこまで行きたいですね。


Q.期待しています。では最後にリスナーにメッセージをお願いします。

中村:僕らまだまだ無名ですけど、魂込めてバンドをやっているので音源を聴いて良かったら是非ライブに来て欲しいです。

田中: 頑張ります!

平山:僕らいい年齢ですけど、若手バンドを見るつもりで期待して欲しいです。あと見た目で怖がられるけど、気軽に声かけて下さい(笑)。


Q.気軽に声かけられる風貌ではないです(笑)。

中村:女子プロだよね。

田中:それかクラウザーさん。

平山:…。気軽に声かけて下さい。(一同爆笑)


Chocolate Shake:
中村将大(Vo、Ba)
田中健司(Dr)
平山直征(Vo、Gt)

【HPアドレス】
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=chocolate_shake

アルバムジャケット

Chocolate Shake
3rd demo
Keep On Contending

NOW ON SALE

LIVE会場発売

「Keep On Contending」 tour

4/7(月)越谷EASYGOINGS
4/8(火)池袋MANHOLE
4/18(金)神戸太陽と虎
4/19(土)鈴鹿SOUNDSTAGE
4/24(木)金沢vanvanV4
4/30(水)岡山CRAZY MAMA 2nd Room
5/3(土) GOLDRUSH
5/10(土)福井CHOP
5/15 (木) 池袋KINGSX
5/16(金)今池HUCK FINN

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993