PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
LOW IQ 01
ソロ活動15周年を迎えるイッチャンことLOW IQ 01が3年振りとなる6枚目のフルアルバム「Yes, LOW IQ 01」をリリースした。これまでハッピーでパーティーな部分(勿論それだけではないが)を前面に打ち出してきたイッチャンだが、今作では哀フロム喜怒哀楽な感情、表情をみせることで今まで以上に人間LOW IQ 01としての心情を吐露した丸裸イッチャンな作品となっている。積み重ねてきたものをリセットし再構築することで完全体LOW IQ 01が15年目にして誕生したアルバム、それが「Yes, LOW IQ 01」だ。留まることを知らないイッチャンの飽くなき音楽への追求が集約された記念すべきアルバムを思いっきり受けとめて欲しい。

ここまで丸裸なアルバムは初めてですよね。

01:でしょ?何かそっちの方が素の自分なんじゃないかなって思ったのよ。そろそろこっちの部分を出してもいいのかなって。


Q.それはなにかきっかけがあったのですか?

01:ソロで15年やってきてこのまま同じことを繰り返すのじゃなくて進化しなきゃいけないんじゃないかって思ったんだよね。自分に対して物足りなさを感じたっていうか。ここは一発思い切って自分を見直すべきなんじゃないかって。だから自分で自分をぶっ壊して自分で自分をもう一度組み立てる必要があったのよ。今までの流れで20年を目指すより進化していきたいって思ったのが大きいね。


Q.自分で積み重ねてきたことを壊すという意味ではアルバムタイトルも今までと違いますよね。1、2、3、4、5ときたら普通だったら…。

01:6だよね。今までの俺だったら絶対そうしてたと思う。「MASTER LOW ROCK」とかね(笑)。やっぱりずっとやってきたことって大事だし愛着もあるんだけど、今までと違うことをしたかったし、そいう意味では15年という区切りは丁度良かったんだよね。あと形じゃなくて中身で勝負したいって思うようになったのもあるし。


Q.歌詞も変化しましたよね。これまでのイッチャンの歌詞って楽しい部分やときには怒りを打ち出してきたじゃないですか。でも今作は初めて喜怒哀楽の哀の部分も歌っていて。

01:やっと言えようになったし歌えるようになったんだよ。勿論パーティーは大好きだけど、パーティーをするための準備やパーティーの後片付けの方にも重点を置いた感じ?「楽しもうぜ」だけじゃなくて楽しむために何をしなきゃいけないかっていう。例えば「頑張れ」って歌うのは簡単だけど、「頑張れ」って歌うには責任を持って言わなきゃ駄目だと思うのね。ポジティブな言葉だけを投げっぱなしにするんじゃなくて、頑張るためにはどう背中を押せるを考えるようになったのよ。そういう意識の変化は歌詞に出ていると思う。


Q.そういう意識の変化のひとつの手段として日本語詞もあるのですか?

01:そうだね。でも日本語詞は狙ったんじゃなくてハマった感覚かな。言いたい事とやりたい曲がばっちりハマったんだよね。日本語詞は前も少しだけやったんだけど本当の意味で書けたのは今回が初めてかもしれない。ちょっと自信がついたからね(笑)。「俺、こういう歌詞も書けるんだ」って(笑)。前はもうちょっと気の利いたことを書こうとしていたんだけど今回のアルバムでは思ったことや自分の伝えたいことを素直に出せたと思う。今までモヤモヤしていたものが全部出せた感じ。


Q.イッチャンの音楽は作品を重ねる毎に色んな服を着ていくような印象があったんですけど、今作はそれを脱いだようなイメージも受けたんですよ。

01:うん。言葉を借りると着飾る必要がなくなったというか。自分の内面にしても音にしても大事なとこはそこじゃないなって思ったんだよね。これからもカッコつけたりはするけど過剰なカッコつけはいらないなって。


Q.だからといってただシンプルになったわけじゃなくて滅茶苦茶パワーアップしてるのが面白いですよね。

01:そうなんだよね。かなりパワーアップしてると思う。自分としても凄い武器を手に入れたなって感じはある。この音で聴いてくれる人の背中を押せたらって思うよね。


Q.そういう感覚って今までもありましたか?

01:正直なこと言っちゃうと見栄を張ってた部分はあったと思う。よく見られようとかね。でも下らない見栄や邪魔するプライドはもう要らないよね。人の背中を押すとか人の為になることって、「この気持ち分かる」とか「俺もそういうことある」って共感してもらうことだと思っていて。今までの俺は曲やメロディーの良さばかり気にしていたんだけど何か欠けていると思っていたのね。それが何かって考えてたんだけど、大事なのはココ(胸を叩きながら)だよね。これでピースが揃ったと思う。


Q.共感という意味ではM-6「Mirror, Mirror」やM-8「And...」はイッチャンの弱い部分が出ていて「イッチャンも僕達と同じなんだ」って思わせてくれる曲だなって思いました。

01:そう思って貰いたかったのよ。「イッチャンもこういうとこあるんだ、一緒じゃん」って。だから凄く素直な気持ちで書いた曲なんだよね。


Q.だから今作は生身の人間っぽい。

01:本来キャッチーなただの面白いオッチャンだからね(笑)。ふざけて「リアルロックスター」とか言ってたけど超庶民派だから(笑)。スーパーで買い物するし、電車乗るし、商店街大好きだし。今までそういう部分を隠していたわけじゃなくて出してなかっただけなのよ。本当はこういうオッチャンだって分かって貰えたら嬉しいね。そういうとこ含めて本当のLOW IQ 01だと思う。


Q.1、2、3、4、5は本当のLOW IQ 01になるためにカウントだったのかもしれないですね。

01:そうそう。それで「Yes、LOW IQ 01」ってね。だから本当の意味でのスタートなのかも。15年経ってやっとスタートラインに立てたんだと思う。アルバムも6枚目になると「初期衝動を取り戻したようなアルバム」とか言われることもあるんだけど戻ったんじゃなくて生まれたんだよね。うん。ゼロからのスタートだと思うよ。

【HPアドレス】
www.lowiq01.jp

アルバムジャケット

LOW IQ 01
NEW ALBUM
Yes, LOW IQ 01

NOW ON SALE

【CD+DVD】
CTCR-14824/B \3,500(+税)
【CD】
CTCR-14825 \2,700(+税)

LOW IQ 01 & MASTER LOW「YES' LET IT OUT Tour」

2014年5月16日(金)東京都 赤坂BLITZ
2014年5月22日(木)大阪府 BIGCAT
2014年5月23日(金)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993