PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
NOA
FUJI ROCK、COMIN' KOBE、SSMCなどのフェスや大型サーキットを経て、確実に成長と覚醒をみせるNINTH APOLLOが誇る大阪若手筆頭バンドNOAが、バンドの金字塔ともいえる4曲収録シングル「3days of April / 世界の終わりと夜明け前」をリリース。1年振りとなる今作はニシウラシュンスケによる英詞メロディックパンクとツモトアキによる日本語ロックという2本の柱がバンド内に共存することを明確に提示した1枚となっている。今のNOAが詰め込まれた全4曲、しかと受け止めて欲しい。

Q.1年振りのリリースですが、この期間はどのような1年でしたか?

アキ:とにかくライブをしていましたね。あっという間の1年でした。

ニシウラ:気が付いたら2013年が終わっていました(笑)。


Q.前作「picture diary」で初の日本語を取り入れたことへの反響はどうでした?

アキ:思っていたより受け入れてもらえた印象がありますね。ちょっとビビっていたんですけど(笑)。

ニシウラ:日本語を取り入れること自体、自然な流れだったんですよ。アキは日本語で歌いたいと言っていたし。アキがNOAの幅を広げてくれたと思っています。


Q.日本語のアキ君と英語のニシウラ君っていう2本の柱がNOAにはありますよね。

アキ:狙ったわけではなくて、それぞれが好きなことをやった結果こうなったんですよね。やりたいことが違うんですよ。でもそれで良いと思っていて。聴き飽きるバンドにはなりたくないし、色んなことをやるのに抵抗もないので。


Q.バンドの始まりもジャンルやテーマが明確にあったというより、メンバーそれぞれがやりたい音楽を持ち寄って結成したのですか?

アキ:最初は企画バンドだったし、特に「こういう音楽をやろう」っていうのは決めず始めました。

ニシウラ:今でも特にジャンルは決めてないですね。


Q.なるほど。今回のシングルはいつ頃から制作を始めたのですか?

ニシウラ:去年の夏くらいですね。

アキ:「picture diary」のツアーの終盤から次に向けて動き始めていて。シングルを作ることは先に決めていたんですけど、ツアー中はライブをし過ぎでいて何も出来なかったのでツアーが終わってから制作を開始しました。


Q.今作はメロディックパンクとギターロックという異なったカラーがバンド内に共存していることを明確に提示した4曲ですよね。

アキ:結果的にそうなりましたね。

ニシウラ:でも特にコンセプトとかなくて。俺とアキのやりたいことがはっきりしだして自然とこうなった感じですね。


Q.アキ君とニシウラ君の曲は明らかに違うカラーだけど、どちらもNOAとして成り立っているのが面白いですよね。

アキ:そう感じてもらえたら嬉しいです。僕は日本語でやりたくなったし、今回のシングルは半分日本語なんですけど、今のNOAをよく表したシングルになったと思います。


Q.お互いの楽曲をどう捉えていますか?

アキ:どうだろう…。

ニシウラ:僕ら、お互いの楽曲にあまり口出ししないんですよ。作り手の意思を尊重しているというか。

アキ:お互い干渉しないよね。

ニシウラ:アキの曲はアキの曲で成り立っているんですよ。それは俺も一緒で。

アキ:どっちの曲もこの3人でやればNOAなんですよね。


Q.ザ・ビートルズ的な発想かもしれないですね。メンバーそれぞれが全く違うタイプの曲を持ち寄ってもザ・ビートルズとして成立していることに近いのかも。

アキ:それ、かっこいいですね(笑)。これから自分達のことをそう言います(笑)。


Q.ご自身でNOAをどういうバンドだと思いますか?

アキ:決して明るいわけではないので、ライブではしゃいだり聴いてくれた人を笑顔にするようなバンドではないんですけど、聴いてくれた人が個人で思っていることを尊重する、その人だから見えることが深まるようなバンドでいたいし、そうなりたいですね。


Q.では改めて今作はどんなシングルになりましたか?

アキ:最新作が最高なのは自然なことだと思うので、当然今作が今までで一番良いです。ニシウラ:僕の中では次のステップへの足掛かりの作品でもありますね。バンドの方向性が見え易くなったんじゃないかなって思います。


Q.バンドの展望はありますか?

アキ:認められたいですね。好きなことをやって色んな人に認められたいです。

ニシウラ:NOAには2本の柱があるけど、この2本の柱がどこかで交わることが最終的な目標ですね。


Q.今作はお互いの色をより明確に描いた作品だと思うんです。その2色がどう交わるか、楽しみですね。

ニシウラ:今回のシングルで色がはっきりしたので、どう寄っていくかは自分でも楽しみです。


Q.最後にリスナーにメッセージをお願いします。

ユウ:普段の生活で聴いて欲しいですね。特別なときじゃなくて、日常で聴いてもらえたら嬉しいです。

ニシウラ:聴いてくれた人によって違う聴こえ方があると思うので、それぞれの捉え方で聴いてもらえたら嬉しいです。

アキ:「こう聴け」とかは何もないので、自由に聴いてくれたら嬉しいです。よろしくお願いします。


NOA:
ツモトアキ(Vo、Gt)
ニシウラシュンスケ(Vo、Ba)
イシザカユウ(Dr)

【HPアドレス】
http://www.noaosaka.com/

アルバムジャケット

NOA
NEW SINGLE
3days of April / 世界の終わりと夜明け前
TNAD-0049

NOW ON SALE

1200円(+税)

LIVE SCHEDULE

5/1(木) 八王子RIPS
5/4(日) 下北沢CAVE-BE
5/5 (月) 心斎橋新神楽 & BRONZE
5/6 (火) 心斎橋火影
5/27(火)心斎橋BRONZE
5/30 (金) 江坂MUSE

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993