PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
Half time Old
2011年9月に名古屋で結成されたHalf time Old。優しくもクセのある歌声、自由を謳う型にはまらない音楽性で名古屋を中心に全国で活動中の彼ら。2013年には、西川貴教氏が主宰する大型野外音楽フェスティバル「イナズマロックフェス」への出演をかけた「イナズマゲート2013」で優勝。「イナズマロックフェス2014」のメインステージでのオープニングアクトが決定するなど活動の幅を広げている。そんな彼らが6月、7月、8月と、3ヶ月連続企画を開催中。そして秋にはアルバムのリリースも発表された。イベントへの意気込みをメンバーに訊いた。2YOUでは今後の彼らを追っていきたいと思う。

Q,どのように集まったメンバーなのですか?

小鹿:フロントマン3人が小学生の頃から地元が一緒なんですよ。それで僕と鬼頭君(大晴)が一緒にバンドを初めて。

鬼頭築:僕は僕で別のバンドでベースを弾いていました。高校を卒業してお互いのバンドが解散したことを機に一緒にやることにしたんです。その頃は違うドラムで。

阪西:僕は全く別のところでコピーバンドをしていたんですけど高校の頃に対バンしていたことが後から分かって。なんだかんだ繋がっていたっていう。


Q,楽器を始めたきっかけは何だったのですか?

小鹿:僕は高校の頃に音楽に興味を持ったのですが、きっかけはLUNKHEADですね。

鬼頭大晴:僕も一緒です。ここ2人(鬼頭大晴、小鹿)は大体一緒ですね(笑)。

鬼頭築:僕は中2の頃にThe pillowsを聴いたのがきっかけです。高校の頃にThe pillowsの20周年の武道館ライブに学校を休んで観に行って1曲目で号泣しました。それでバンドをやることを決意したんです。

阪西:僕は父親の影響でザ・ビートルズやサザンオールスターズを聴いていました。中学に入ってからASIAN KUNG-FU GENERATIONを聴くようになってドラムを始めました。


Q,結成から僅か2年半で活発な活動をされている印象があります。

鬼頭大晴:コンスタントに音源も作っているんですけど、「イナズマゲート2013」で優勝したことだと思います。

鬼頭築:「イナズマロックフェス2014」の出演も決まっているので楽しみです。


Q,ここでまたバンドの状況は変わりそうですね。先日、全国流通盤のリリースも発表されましたし。

鬼頭築:はい。3ヶ月連続企画もイナズマロックフェスも全国流通盤に向けて完璧な流れが出来たと思います。


Q,3ヶ月連続企画について訊かせて下さい。

鬼頭築:さっきも言ったように、CDのリリースに向けて何が出来るか考えたんですよ。それで3ヶ月連続企画を思い付いたんですけど普通にライブをしても面白くないので毎月コンセプトを決めてやることにしたんです。


Q,6月は「初夏のコラボ祭り」でしたね。

鬼頭築:個人的にこの構想はずっとあって。この日の対バンはテレポテ、スロウハイツと太陽、waybeeだったんですけど、全バンドのカヴァーをしたり、逆にカヴァーされたりして。こういうイベントをずっとやりたかったんです。


Q,7月31日は「夏の新曲オンリー祭り」。

小鹿:文字通り、新曲と未発表曲しかやりません。音源化されている曲はやらない予定です。

鬼頭築:アルバムの予告編みたいなライブになると思うので楽しみにしていて欲しいです。


Q, 3ヶ月連続企画を締めくくる8月22日は「真夏の2マン祭り」ですが2マンの相手は?

鬼頭大晴:まだ言えないんですよ(笑)。

鬼頭築:ずっと一緒にやってきた僕らにとっても大事なバンドです。ガチガチな夜になると思います。もう1バンド、ゲストも呼んでいるので実質3マンなんですけど、長尺でやるライブは初めてなので僕らも楽しみです。


Q, 3回の企画で色んなバンドの顔が見れそうですね。

鬼頭築:全てのイベントに来てもらった方には「Half time Old スペシャルLive DVD」もプレゼントするので是非3回とも遊びに来て欲しいです。

阪西:毎月違うオリジナルステッカーもプレゼントします!


Q,色んな手法でライブに遊びに来るお客さんを楽しませようとしているのが凄く伝わります。

鬼頭築:FOOD&DRINKも販売するんですよ。僕の特製カレーとメンバー考案のオリジナルカクテルを出します。お酒を飲めない人のためにノンアルコールも用意しているので。


Q,お酒が好きなメンバーがいるのですか?

鬼頭大晴:いや、そうでもないです(笑)。

小鹿:探り探りです(笑)。

鬼頭築:僕はカレーが大好きなんですよ。


Q,うん、好きそうな顔をしている(笑)。

鬼頭築:あははは。回数重ねる毎にどんどん美味しくなってるはずです!


Q,3ヶ月連続企画を経ることでまた成長すると思うのですが、どういうバンドになっていきたいですか?

鬼頭築:今回のイベントがバラエティに富んだ内容になっているように、僕らも決まり事を取っ払って、なんでも出来るようなバンドになりたいです。

阪西:僕は長年愛され続けるバンドになりたいですね。消費されて忘れられる音楽は作りたくないです。

鬼頭大晴:Half time Oldというバンドの枠の中で出来ないことなんか何もない。そんなバンドになりたいです。

小鹿:とにかく大きくなりたいし売れたいです(笑)。このメンバーでいけるとこまでいきたいです。


Q,では改めて3ヶ月連続企画に向けた意気込みを訊かせて下さい。

鬼頭大晴:イベントタイトルが「夏に祭りがしたいんじゃ」っていうんですけど、僕は祭りが大好きなんですよ。祭りって響きだけでワクワクするじゃないですか。ライブも祭りだと思っているのでワクワクしながら遊びに来て下さい。

鬼頭築:毎月来ても楽しんでもらえるように色々考えています。色んなHalf time Oldを知って欲しいです。

阪西:遊びに来てくれるお客さんと一緒にそれぞれの楽しみ方で祭りをしたいですね。

小鹿:これからも面白いことを考えてやっていきたいです。アルバムも楽しみに待っていて下さい。


Half time Old:
阪西暢(Dr)鬼頭大晴(Vo.Gt)小鹿雄一朗(Gt)鬼頭築(Ba)

【HPアドレス】
http://www.halftimeold.com/

Half time Old 3ヵ月連続企画
〜はーふたいむおーるどは夏に祭りがしたいんじゃ〜

●2014/06/25(水)名古屋 池下 CLUB UPSET
初夏のコラボ祭り
Half time Old / テレポテ / スロウハイツと太陽 / waybee
●2014/07/31(木)名古屋 池下 CLUB UPSET
夏の新曲オンリー祭り
Half time Old / DOOKIE FESTA / CHERRY NADE 169 / the unknown forecast / pilot
●2014/08/22(金)名古屋 池下 CLUB UPSET
真夏の2マン祭り
Half time Old +1バンド <GUEST>あり

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993