PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
ヒステリックパニック
名古屋発ミクスチャーバンド、ヒステリックパニックが物凄いことになっている!勢いをみせるラウドシーンにおいて完全に異質、異端な存在として新たな風を巻き起こしている彼らの楽曲は、ラウドやスクリーモを軸としながらもTack朗の超絶ハイトーン、Vo.ともが放つ強烈なシャウトが交錯するラウドでヘヴィーかつポップでキャッチーな独自の「Jポップ」として構成されている!タワーレコード限定販売の前作「4U」、会場限定シングル「EXTRA ISSUE」、無料配信「般若」と立て続けにリリースしてきた彼らが満を持して全国に放つミニアルバム「センチメンタル・サーカス」で彼らの存在をより一層世に知らしめることになるだろう!

Q.自己紹介をお願いします。

$EIGO:ヒステリックパニックのギターコーラスせごたんぺです!

Tack朗:ジャンプをするとステージが揺れる!Tack朗です!

やっち:ドラムのやっちでーす!

とも:メンヘラのボーカルのともひろです…。

$EIGO:そしてベースは水玉がトレンドマークおかっち!よろしくお願いしまーす!


Q.流通音源は1年振りですがバンドの状況も随分変わったのでは?

とも:集客的な意味でも知名度的な意味でも「4U」を出してガラッと変わりましたね。

$EIGO:女の子が増えました!

やっち:増えたけど彼女はいません!(一同爆笑)。


Q.初のミニアルバムですが随分幅が広がりましたよね。

とも:$EIGOの加入が大きいかと。

Tack朗:僕のアイデンティティが日本のメロコアなんですけど、そこに$EIGOの持ってくるラウド、エモ、スクリーモが混ざって今のヒステリックパニックが出来上がっているんです。ラウドだけどポップでキャッチーだし、でもよく聴いたらやっぱり複雑なこともやっているっていうのが面白いかなって。


Q.シャウトが入っているのに歌モノとして成り立っていますね。

とも:そこは凄く意識していますね。

$EIGO:J-POPをやっていると思っています!

Tack朗:シャウトしてるし、ベースはスラップしてるし、バスドラもドコドコいってるけど中心にあるのは歌なんですよ。だからJ-POPバンドをやっているつもりなんです。

とも:ミスチルやスピッツと何も変わらないよね。

Tack朗:そうやって言うと笑われるけど真面目にそう思っているよね。


Q.「センチメンタル・サーカス」というアルバムタイトルの意味を教えて下さい。

とも:ヒスパニの曲ってネガティブな曲と馬鹿な曲があるんですけど、センチメンタルとサーカスって真逆のものじゃないですか。そういった相反するものが同居しているのがヒスパニっぽいと思って「センチメンタル・サーカス」と名付けました。


Q.なるほど。ヒステリックパニックってラウドシーンでは異質ですよね。

とも:隙間産業です(笑)。

$EIGO:ラウドが好きな人でヒスパニを嫌いな人って絶対いると思うんです。逆にラウドだとヒスパニしか聞かないよ!というリスナーの声も聞いたりします。

とも:人がやってないことをやりたいんですよね。ヒステリックパニックってバンド名もそうだし。ラウドのバンドって大体3つくらいの英語のバンド名じゃないですか。

Tack朗:俺達カタカナだからね(笑)。

とも:アー写もプリクラだし(笑)。

$EIGO:怒られるのはいつも僕です。色んな大人に怒られる。(一同爆笑)


Q.配信シングル「般若」も怒られませんでしたか?歌詞が般若心経でしたが(笑)。

$EIGO:あれ、とある団体の歌詞(?)ですからね(笑)。

とも:「作曲:$EIGO 作詞:昔の人」ですからね。(一同爆笑)


Q.あははは。ではバンドの目標はありますか?

Tack朗:Mステに出たい!

とも:紅白も出たいよね。もっと大きなフィールドで真面目に馬鹿なことをしたいんですよ。

$EIGO:一般的にシャウトって忌み嫌われると思うんですよ。でもそれをオーバーグラウンドで認知させたいし、想像するとワクワクするんですよね。

とも:このままラウドが盛り上がったらジャニーズもシャウトすると思う。

$EIGO:全然ありえるよ。

とも:そこまでシーンが盛り上がればMステも紅白も夢じゃなくなるよね。


Q.ヒップホップが市民権を得たのも同じことですよね。

とも:そうなんですよ。僕は根っこがヒップホップだし世代的にも世間に浸透していくのを見て育ったんです。それをラウドでやれたらなって思いますね。


Q.改めて、どんなアルバムになりましたか?

$EIGO:ラウディーでポップなアルバムになりました。このアルバムの曲だけでライブをやっても絶対楽しんでもらえると思います。

Tack朗:聴いていて全く飽きないような作品になったかと思います!楽曲の幅が広がったことをガッツリ表現できたかと。

とも:今出来るベストの形がそのときの作品だと思っているので、今のヒスパニをちゃんとパッケージ出来て良かったです。聴いてくれた人の反応が楽しみです。

やっち:レコーディングも本当に楽しく出来て、メンバー全員笑顔で作ったアルバムなんです。歌詞の内容は笑顔になるものじゃないけど(笑)。なので聴いて笑顔になって欲しいです。

$EIGO:おかっちを代弁すると、ベースがエロいんですよ。若いベーシストはパワーコードの中に潜むおかっちのベースラインをしっかり聴いて欲しい。そうしたらこの場にいないおかっちも報われるから。

やっち:今頃必死に仕事していると思います(笑)。

$EIGO:休日出勤なうです。(一同爆笑)

とも:あとやっぱり歌詞カードを見て聴いて欲しいですね。ヒスパニは歌詞が重要なので歌詞カードを見て何を歌っているか把握して聴いて欲しいです。まずは普通に聴いて2回目は歌詞カードを見て聴いたら2回楽しめるし。

$EIGO:1回聞いただけじゃ歌詞が聴きとれないからね(笑)。

やっち:歌詞が重要っていう割に何を歌っているか分からない。(一同爆笑)


Q.あははは。では最後にメッセージをお願いします。

Tack朗:ライブでみんなが楽しそうにしているのを見ると凄く幸せな気分になります。だから暴れすぎて怪我とかしないで欲しい。笑顔で帰って欲しい。周りに迷惑かけずにみんなで楽しめる空間を一緒に作りましょう。

$EIGO:真面目か!ビシッ

とも:朝礼の校長先生かと思ったわ。(一同爆笑)


ヒステリックパニック:
とも(Vo)Tack朗(Vo,Gt)$EIGO(Gt,Chor)おかっち(Ba)やっち(Dr)

【HPアドレス】
http://www.hystericpanic.com/

アルバムジャケット

ヒステリックパニック
NEW ALBUM
センチメンタル・サーカス
 HYRS-0003

2014.07.16 RELEASE

 ¥1,500 (Tax in)

LIVE SCHEDULE

2014.07.18[金] - 名古屋CLUB 3STAR IMAIKE
2014.07.19[土]- 渋谷CLUB QUATTRO
2014.07.25[金]- 福岡FUKUOKA
2014.07.26[土] - 福山 INN-OVATION
2014.07.27[日]- 心斎橋CLUB DROP
2014.08.01[金]- 仙台CLUB JUNK BOX
2014.08.03[日]- 渋谷GARRET
2014.08.05[火]- 名古屋CLUB QUATTRO
2014.08.09[土]- 松本 ALECX
2014.08.23[土]- FREEDOM NAGOYA 2014

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993