PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
Oh! Puberty
「おっぱぶ」のニュアンスを「エロイ」から「かっこいい」へ。「エモーショナルに対抗すべく結成されたエローショナルロックバンド」という言葉の意味はよくわからんがとにかく自信だけは凄い通称おっぱぶことOh! Puberty。一見フザけているように見えるかもしれないが本人達は至って真面目。平均年齢若干19歳の彼らが鳴らす本格的なハードロックと完全に確立された歌詞世界を武器に名古屋を中心に勢力的に活動中。新メンバーも加わりますます加速するおっぱぶにインタビュー。名古屋にハードロックの新風が吹く!

Q.みなさん学生なんですよね?どうやって結成したのですか?

TOSHI:完全にお金目当てです。

KATSU:いきなりブッ込んだね(笑)。

TOSHI:あれ?真面目に話したほうが良いですか?(笑)。

KATSU:そうでしょ(笑)。

TOSHI:でもガチな話、僕ら全員学生なんですけど稼ぐツールを考えていたんですよ。アプリとか作れたら良かったんですけど文系なんで作れないし(笑)。それで「バンドじゃない?」って。勿論単純に音楽が好きなこともありますけど。これでイメージ、プラスマイナスゼロになりました?(一同爆笑)


Q.なったのかな(笑)。バンドの青写真みたいなものはありましたか?

TOSHI:最初はとにかく過激なことをモチーフにやろうと思っていました。僕が変態なのでそこを打ち出したら面白いと思って。でも変態を追求されているぶるまのたて笛という先輩バンドが既にいらっしゃって(笑)。僕らのイベントに出てもらったときに「この人達には勝てないな」と思って真面目な方向にシフトしました(笑)。


Q.なるほど(笑)。みなさんはどのような音楽に影響を受けているのですか?

中NEX:僕は高校でドラムを始めたんですけど、影響を受けているのはバンドじゃなくてJUJUやYUIなんです。J-POPの歌モノに惹かれています。

おまんちん:僕はB'zのコピーから始めました。そこからハードロックやヘヴィーメタルを掘り下げていきました。なのでギターは速くて正確が正義なんです(笑)。最近はジャズ、ポストロック、マスロックも聴いているのでバンドに面白くアプローチ出来たらと思っています。

KATSU:僕はレッド・ホット・チリ・ペッパーズ‎のフリーに憧れてベースを始めました。最近はSiMもよく聴いていますしHi-STANDARDやdustboxも好きですね。

TOSHI:僕のルーツは東京03ですね。あとトータルテンボス。あの人達の漫才は後半になるに連れ加速するんですよ。そういう部分は楽曲に反映させています。


Q.歌姫からお笑いまで見事にバラバラなんですね。おっぱぶの楽曲の基盤にはハードロックがあると思うのですがバンドで意識することはありますか?

TOSHI:日本で一番かっこいいリフを作ることですね。リフのかっこいい日本のバンドって少ないじゃないですか。ディープ・パープルやヴァン・ヘイレンってリフだけ聴いてもかっこいいんですよ。おっぱぶはそこを目指したいですね。「日本でリフがかっこいいバンドといえばおっぱぶ!」って浸透させたい。僕が憧れているバンドってミスター・ビッグにしてもガンズ・アンド・ローゼズにしてもスーパーギタリストがいるんですよ。僕はおまんちんをギターヒーローにしたいんです。


Q.語弊があるかもしれませんが音楽に対して凄く真面目に取り組んでいますよね。キャラクターとのギャップが凄くて(笑)。

TOSHI:フナッシー的なことっすよ。僕らはフナッシーキャラでいくので。

KATSU:フナッシーは頭良いからね。

TOSHI:かっこつけてライブしていた時期もあったんですけど無理だったので違うベクトルでいこうかと。ちょっと見た目のパンチが弱いのでおまんちんはアフロにさせます。アフロとスキンがいるバンドってインパクトあるじゃないですか。変にかっこつけるよりフザけたいですよね。

Q.バンド名からフザけてますからね(笑)。

TOSHI:あははは。去年おっぱぶに行ったんですけど、おっぱぶのイメージって楽園じゃないですか。でも実際に行ったらブスしかいなくて。マジで衝撃でした。その話は関係ないんですけど、その後、バンドを結成するときに略称が分かり易い名前にしたくて「おっぱぶ」って略されるバンド名を考えたんです。それで「Oh! Public」とか色々考えたんです。でもフジファブリックみたいだから却下して。それで「Puberty」って言葉をみつけてパブリティーって良いなって決めたら読み方がピューバティだったっていう(笑)。

Q.略してもおっぱぶにならない(笑)。

TOSHI:無理矢理略してます(笑)。おっぱぶと聞いて連想するのはやっぱりエロいことじゃないですか。でも僕らはおっぱぶのイメージをエロいものからバンドに変えたいんです。


Q.おっぱぶという言葉の持つイメージや意味を変えて襲名したいと(笑)。

TOSHI:そうっすね。おっぱぶって言葉をバンドのものにしたいです。それでリスナーを元気にしたい。

KATSU:お客さんには辛いときや病んでいるときにおっぱぶを聴いて元気になって欲しいんですよ。おっぱぶでみんなをハッピーにしたい。


Q.意外と…と言ったら失礼ですけど、凄くリスナーを意識しているのですね。

TOSHI:僕ら、経済学部なので需要と供給はしっかりしています(笑)。やりたいことだけやって見せつければ良いって思ってた時期もあったけど、せっかく沢山あるエンターテイメントの中から音楽を選んでライブハウスに来てくれているのでそういう人達を楽しませたいじゃないですか。僕らは常にその方法を考えているし、他のバンドと違う楽しさを提供したいなって思っています。絶対に楽しませる自信があるのでライブに来て欲しいです。


Q.おっぱぶに行くよりおっぱぶのライブに行くほうが楽しいってことを伝えたいと。

TOSHI:それ、僕が言ったことにしといて下さい(笑)。


Oh! Puberty:
TOSHI(Gt、Vo)
KATSU(Ba、Cho)
中NEX(Dr、Cho)
おまんちん(Gt、Cho)

【HPアドレス】
http://ohpuberty.wix.com/01st

アルバムジャケット

Oh! Puberty
NEW ALBUM
Civil War

NOW ON SALE

¥500

LIVE SCHEDULE

7/6 今池3STAR

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993