PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
phonon
愛知県豊明市出身の3ピース・ギターロックバンド、phonon。TOWER RECORDS限定で4月にリリースされたシングル「メランコリア」から約2ヶ月、ついに全国に放たれた1stミニ・アルバム「拝啓 この唄を書いたあなたへ」はバンドのこれまでとこれからが同居した今の時期だからこそ生まれた作品となっている。アルバムタイトルにも表れているように「自分に向けて歌っている」と語るイマイズミヒカル。だが彼が描く歌詞世界は、音に乗って伝わることでしっかりリスナーへも向かっており、多くの共感を呼んでいる。バンドの状況が変わっていくと共に進化していく彼らをこれからも追っていきたい。

Q.4月にリリースされた「メランコリア」は phononにとって転機となったのでは?

イマイズミ:そうですね。今までとは明らかに違う反応がありました。伝えたい本質の部分は今までと変わってないんですけどアプローチの仕方が変わったので僕らにとって本当に大事な曲になりました。

矢野:個人的には就職するかバンドでやっていくか悩んでいる時期に出来た曲で。この曲に凄く背中を押してもらったんです。phononは同世代のリスナーが多いので、そういう人達も人生の転機に聴いてくれて「判断のきっかけになった」という反応をもらえたことが嬉しかったですね。

太田:曲がしっかり伝わっているのを感じましたね。


Q.「拝啓 この唄を書いたあなたへ」というアルバムタイトルも「メランコリア」の一節から付けられていますが。

イマイズミ:最初は雰囲気で付けたんですけど結果的にタイトルにそぐうアルバムになったと思います。「拝啓 この唄を書いたあなたへ 」というタイトルは文字通り僕が僕自身に向けて言ってる言葉で。まず自分に向けて、自分が救われるアルバムを作りたかったんです。


Q.確かに他の誰かではなく自分に向けて歌われた歌詞が多いですよね。それを第三者が聴いたときに同じ境遇の人はまるで自分のことを歌っているように感じる。

イマイズミ:そう感じてもらえたら嬉しいのですが、僕は誰かのために歌う余裕がないんですよ。自分の中にあるモヤモヤした感情を何とかしたくてその中に無理矢理希望を見出して歌っているんです。だから本当に自分のために歌っていて。そこに対してリスナーから「救われた」って言ってもらえるのは有難いなって。


Q.根本的には自分に歌っているのだけど結果的には人に向けて歌っているのかもしれないですよね。受け取る人が救われたと感じたのならば人に向けて歌われている証拠ですから。

イマイズミ:ありがたいことですね。


Q.今作には特にそういう曲が多いですよね。

イマイズミ:「メランコリア」はどっちかと言えば新しいphononを提示した曲なんですけど、アルバムにはこれまでのバンドの要素を活かした楽曲も入っていて。昔から応援してくれている人も「メランコリア」で知ってくれた人もバランスよく聴いてもらえる作品になったと思います。


Q.初期のphononの印象ってミディアムテンポの楽曲にネガティブな歌詞を歌っているバンドっていう印象があったんです。

イマイズミ:はい。陰な曲が多かったと思います。


Q.そこがphononの持ち味でもある訳で。でも「メランコリア」から知った人には新鮮かもしれないですよね。逆に昔から聴いている人には「メランコリア」が新鮮に聴こえるだろうし。そういう意味ではこれまでの集大成でありながらこれからが見える作品なのかも。

イマイズミ:そうだと思います。僕ら元々4人バンドだったんですけどこの3人になって初めて書いた曲も今作には入っているし、「メランコリア」が出来たことで生まれた最新のphononも入っているので色んな僕らが詰め込まれていると思います。


Q.M-2「Lir」は「メランコリア」を経たphononがよく出ていますよね。

イマイズミ:まさにその通りで。元々アップテンポの曲は好きなんですけど全く作れなくなった時期があったんですよ。でも「メランコリア」が出来てから最近ようやく作れるようになったんです。それが本当に楽しくて。ギターもイントロに短音でメロディーを入れてみたり歌詞も前向きなことを歌ってみたり。そういう変化はありますね。


Q.この曲はポジティブとネガティブが同居している印象もあります。

イマイズミ:そうですね。この曲は現実逃避をテーマにしているんですよ。現実逃避の海に潜って、そこからどうやって浮かび上がるか、どうやったらリアルな世界に行けるかっていう。


Q.ただ現実逃避しているだけならもっと暗い曲になったと思うのですが前をみているからっこそポップに昇華出来ているのかなって。この曲も「メランコリア」もそうですが、そこがphononの真骨頂なのかもしれませんね。

イマイズミ:最初は落ちていることが多いんですけど後からどんどん希望が見えてくる曲が増えてきている気はしますね。


Q.アルバムがM-1「5分前」のような曲から始まるのもphononらしいですね。物凄く哲学的なものを感じました。

イマイズミ:「世界5分前仮説」という仮説があって。実は世界は5分前に始まったかもしれないっていう仮説なんですけど。5分前から僕らは全て今の状態でここに存在したっていう。その仮説を考えていたら5分前に僕達は本当に生きていたのか疑問になったんですよね。それで「あなたは5分前は生きていましたか?」って問いかけている曲なんです。この曲が1曲目にあることでこのアルバムが成立していると思っているくらい、短いけど世界が詰まった大事な曲ですね。


Q.M-4「雨宿りの途中」は情景が浮かびます。

矢野:この曲でライトシンバルを刻んでいるのは雨をイメージしているんです。音だけで風景が見えてくるようなイメージで叩いているのでそこも注目して欲しいです。雨宿りをしていて最後晴れるような、その情景をドラムで表現しているんです。

Q.M-6「夏の送電塔」はストリングスが楽曲の幅を広げていますよね。

イマイズミ:これが3ピースになって初めて作った曲なんですよ。「PM6:00、トワイライト」っていうシングルに入っていたんですけど、当時はストリングスは入ってなくて。今回こういうアレンジをしてみて歌を引き立てるにはどうしたらいいか勉強になりましたね。2年前の音源と比べると成長したなって思います。


Q.アルバム最後を飾るのが「メランコリア」なのも興味深いです。

イマイズミ:このアルバムのポイントは「メランコリア」が最後に収録されていることだと思うんですよ。「メランコリアをアルバムの1曲目にしなくて良いの?」って周りには言われたんですけど最後に入っているからこそ「拝啓 この唄を書いたあなたへ」というタイトルの意味が活きてくるんです。特別だからこそ最後にアルバムを締めてもらいました。


Q.改めてどのような作品になりましたか?

矢野:凄く意味のある曲だったり、昔からやっている曲があったり、通して聴くと「アルバムが出来たんだな」って実感が湧きますね。

太田:今僕らがやりたいことを全部詰め込めたアルバムになったと思います。歌詞もそうなんですけどサウンドメイクも含め今のベストなものが出せた1枚だと思っています。

イマイズミ:自分に向けた作品ですね。コンセプトは自分による自分のためのアルバム。


Q.イマイズミ君が自分に向けて歌っている楽曲が、リスナーにとっても自分の楽曲、アルバムになるのってそれだけ伝わっているってことですよね。

イマイズミ:それはたぶん自分には嘘をつけないからだと思います。自分に向けて歌っているのに嘘を歌っても仕方ないじゃないですか。それがお客さんにも伝わっているんだと思います。


Q.あとphononの作品はデモ時代から一貫してアートワークと楽曲が密接な関係にありますよね。

イマイズミ:そうですね。独楽子さんという女子高生が描いてくれているんです。趣味で絵を書いている人なんですけど。「PM6:00、トワイライト」を作るときにジャケットを描いてくれる人をネットで探してたら彼女の絵に出会ったんです。そこから僕らの作品は全て独楽子さんに描いてもらっています。当時彼女は中学生でした(笑)。

矢野:なのでお互い一緒に成長していっている感じがするんですよ。これからも僕らの作品はずっと独楽子さんに描いてもらいます。


Q.今後のバンドの目標はありますか?

イマイズミ:今まで通りお客さんに楽曲を伝えることを全うしつつ、新しい自分達の音楽を見せていきたいです。その中で自分らしさを出して歌っていきたいですね。

太田:僕は「楽しい」と「悲しい」が同居したライブが出来るようになりたいです。映画のようなライブを作りたいんです。それが目標ですね。

矢野:音源を流通出来たことは嬉しいんですけど、やっとスタート地点に立ったと思っているので。ここからどんどん大きくなっていきたいです。

イマイズミ:生きてると嫌なことや絶望することだらけだと思うんですけど、そういった負の感情から浮かび上がるための武器にphononがなれたら嬉しいです。何かに悩んでいる人に是非聴いてもらいたいですね。


Q.「雨宿りの途中」の一節に「僕も一緒さ」って歌詞があるじゃないですか。あの一言に救われる人はいると思うんですよね。無責任な応援歌を歌うのではなく、リスナーと一緒に悩みながら前に進んでいくバンドなのかもしれませんね。

イマイズミ:僕はずっと自分に向けて歌ってきましたけど、phononに期待してくれている人がいるのであれば応えたい気持ちが強いです。そういう人の光になれたら嬉しいですね。


phonon:
イマイズミヒカル(Vo,Gt)
太田雄大(Ba)
ちゃん矢野(Dr)

アルバムジャケット

phonon
NEW ALBUM
拝啓 この唄を書いたあなたへ
PHON-1005

NOW ON SALE

¥1,500(税込)

「拝啓 この唄を書いたあなたへ」リリースツアー

7/4(金) 名古屋 新栄APOLLO BASE
7/5(土) 大阪 見放題2014
7/12(土) 名古屋 新栄vio
7/13(日) 京都 二条nano
7/24(木) 東京 渋谷TSUTAYA O-Crest
7/29(火) 東京 立川Babel
7/30(水) 埼玉 西川口Hearts
8/22(金) 名古屋 池下CLUB UPSET
8/23(土) 神戸SLOPE
8/27(水) 東京 新宿LOFT
9/12(金) 名古屋 新栄APOLLO BASE

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993