PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
トライアンパサンディ
元GOLLBETTYのG-YUNcoSANDYが2011年のソロデビューを経て結成したトライアンパサンディ。衝撃のデビュー作「PLANET of the TRIAMPERSAND」から約1年半振りとなるミニアルバム「Reflection"A"」がとにかく突き抜けている。「宇宙感」をコンセプトとしたポップロックとダンスミュージックが融合した楽曲とG-YUNcoSANDYの力強い歌声が強烈な個性となって放たれた今作は、葛藤の先に辿り着いた彼らの「答え」と「これから」を予感させる作品となっている。バンドを解散し、ソロでの活動を決意したG-YUNcoSANDYが何故もう一度バンドをやろうと思ったのか。その覚悟と意志が凝縮されたアルバムから彼らの思いを感じて欲しい。

Q.トライアンパサンディはどうやって始まったバンドなのですか?

G-YUN:元々私のソロプロジェクトのサポートメンバーとして集まってもらったんですけど、曲作りやライブで時間を共にする中で「バンドしようぜ!」ってなって。私は一度バンドを解散していて、また失う怖さもあったからソロでやっていくことを決めたんですよ。だからもうバンドはやらないって決めていたんですけど、みんなと一緒に音を鳴らすことが単純に楽しくて「私、やっぱりバンドがやりたい!」って思ったのがトラパの始まりです!


Q.このメンバーが揃ったのは?

G-YUN:MISSYはGOLLBETTYの頃から自分の表現したいことを一番分かってくれる音楽を作る上での相方で。解散して1年くらい全く連絡を取ってなかったんですけど名古屋から呼び寄せました。

MISSY: 1年振りに連絡がきて「WANIとやるからギター弾いてよ」って言われて。僕も昔からWANIと一緒にバンドをやってみたかったので仕事を辞めて上京しました(笑)。

G-YUN:WANIはお互い前のバンドの頃から交流があったし、HIDEさんは私が上京後に働いていたスケボーバーの店長とハードコアバンドをやっていて「やるぅ?」ってノリで誘いました。MISSYとは全く違うタイプのギタリストなんですよ。MISSYはギターも持ってないし機材にも無頓着だけど、HIDEさんは機材に詳しいしギターも沢山持っていて。MISSYとは本当に真逆で。

MISSY:あの…。さっきからディスってる?(一同爆笑)

G-YUN:違う違う(笑)。MISSYは感覚でやってる人だし、HIDEさんは理論的にやる人じゃん。だからバランスが良いんですよ。そこにもう一人前のベースのRyo-Heyがいたんだけど彼が表舞台から降りてアレンジャーに転向したのでMASAMUちゃんが加入して今の形になりました。


Q.バンド歴のあるメンバーが集まって新しいバンドをやるとどうしても比較されませんか?

G-YUN:めちゃくちゃ比べられますね。最初は不安もあったけど、単純にトライアンパサンディがかっこいいので「比べたい人は比べたらいいじゃん!」って(笑)。


Q.比べられる不安より「今このメンバーで音を鳴らすことがとにかく楽しい!」っていうのがライブから物凄く伝わりました。

G-YUN:もう完全にそう。前のバンドがどうとかじゃなくて、「トラパ、全然かっこいいんだもん!」って本当に思う。ねえMASAMUちゃん。

MASAMU:え!?

G-YUN:MASAMUちゃんはまだバンドに入ったばかりなんですよ。最初にトラパ聴いたときどう思った?

MASAMU:初めて音源を聴いて、MVもチェックして、今までで一番かっこ良いなって思いましたよ。


Q.僕も「ROLLY-POP」のMVを見て「超えてきた!」って思いました。

G-YUN:嬉しいっす!もともと「ROLLY-POP」はソロ用に作った曲だったんですけど、みんなにメールでデモを送ったら「キター!」って返ってきて(笑)。あの曲が出来たことでこのメンバーでバンドをやりたいって思えたんです。でも「PLANET of the TRIAMPERSAND」をリリースして以降、どういうバンドになりたいのか考えすぎちゃって曲が作れなくなったんです。


Q.その葛藤は歌詞にも表れていますよね。と同時にそこから抜け出せたことも感じられる。

G-YUN:はい。アルバムタイトルの「Reflection"A"」はアンサーのAなんですよ。あと入口っていう意味でアクセスのAでもあって。悩んで出した答えと新しい入口が同居したタイトルをアルバムに付けることが出来たと思います。


Q.今はバンド内のムードも良さそうですね。

G-YUN:本当にめっちゃ良いから絶対聴いたほうが良いのにって思う(笑)。ライブをしていてもメンバーと目が合うと「フゥー!!」ってなるし(笑)。バンドも曲もどんどん進化しているので食わず嫌いせずに聴いた方がいいと思う(笑)。先入観捨てて!(笑)。


Q.先入観という意味ではGOLLBETTYという存在が大き過ぎる部分はあるのかもしれないですね。

G-YUN:「GOLLBETTYの方が良い」って言われることもあるけどそれは仕方ないと思うんですよ。8年間やってきた思い出は私もあるし。でもそれはそれで、今私は新しい出会いにワクワクしているんです。そしてGOLLBETTYの頃から応援してくれている子達のためにも私達が頑張って仲間をもっと増やしてあげたい。その子達と一緒に良い景色を見に行きたいんです。絶対に絶対に連れて行きたい!


Q.その意気込みは宣戦布告としてM-1「カガミヨカガミ」で宣言されていますよね。

G-YUN:イエス!


Q.沢山の人に届くと確信しています。

MASAMU:僕は音源には参加してないので第三者的に聴くことが出来るんですけど本当にかっこいいと思うので、これは聴いた方が良い。

MISSY:うん、聴いた方が良いと思う。

HIDE:今のバンドのモチベーションや勢いが凝縮されたアルバムが出来たので本当に聴いた方が良いよね。

WANI:別れと出会い、喜怒哀楽、色んなものを乗り越えて出した僕らのアンサーなので聴いた方がいいぞ!

G-YUN:バンドとしても人間としても葛藤の中で見つけた答えかつ、新たな入り口がこのアルバムなんですよ。色んな感情をライブハウスで共鳴しあえたら嬉しいから…、とにかく聴いた方が良いと思う!


トライアンパサンディ:
G-YUNcoSANDY(Vo)
MISSY(Gt)
HIDE(Gt)
WANI(Dr)
MASAMU(Ba)

【HPアドレス】
http://triampersandy.com/

アルバムジャケット

トライアンパサンディ
NEW ALBUM
Reflection"A"
NBDL-0016

2014.7.16 release

¥1800(+税)

Reflection"A"tour 2014

8/8(金)千葉LOOK
8/12(火)横浜club Lizard
8/15(金)熊谷HEAVEN'S ROCK
8/21(木)神戸太陽と虎
8/22(金)滋賀U☆STONE
9/5(金)福岡Quebrick
9/9(火)仙台MACANA
9/10(水)宇都宮HEAVEN'S ROCK
9/14(日)大阪BRONZE
9/15(月・祝)名古屋APOLLO BASE
9/20(土)TSUTAYA O-Crest

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993