PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
Split BoB
愛知県岡崎市で結成された5人組ガールズバンドSplit BoB。高校卒業記念に制作したデビューアルバム「FORGET ME NOT」がタワーレコード週間インディーズチャート第1位を記録し、全国のガールズバンドファンから「リアルけいおん!バンド」と称され一躍注目を集めた彼女達。高校卒業、生活の変化、レーベル移籍とバンドを取り巻く環境が変わっていく中で完成させたニューアルバム「夜遊びプレゼンス」は20歳となった彼女たちの決意や葛藤といった様々な感情を封じ込めた作品となっている。岡崎から全国ヘ、Split BoBが大きく羽ばたく。

Q.高校生の頃とはバンドをやるうえで何か意識に変化はありますか?

こはる:まず高校生の頃がかなり昔のことに感じます(笑)。

なつみ:全員同じ学校だったし毎日一緒にいるのが当たり前だったのに、今は唯一集まれるのがスタジオに入るときなんですよ。それがちょっと寂しい(笑)。

あゆみ:だからこそ限られた時間の中でどれだけ集中してバンドに気持ちをぶつけるかってことは意識するようになったと思います。


Q.環境が変化したことでバンドの存在もより大きくなったのでは?

こはる:でかいなあ(笑)。

さとみ:バンドがあるから他のことも頑張れるよね。

なつみ:前よりも信頼関係が強くなったと思います。

あゆみ:勿論昔からずっと大事な存在なんですけどより大きくなった気はしますね。


Q.高校生の頃のSplit BoBはキラキラした青春を歌っていたと思うんですよ。それが前作「A rebirth」で攻撃的な部分がバンドに表れてきて。その攻めの部分が今作では爆発していますよね。

こはる:攻めています(笑)。

ゆり:「A rebirth」を作って、Split BoBとしてどんな音楽をやりたいのかがはっきり見えたんですよ。そこを強調したら激しい曲が増えていって。「forget-me-not」のイメージを覆したかったんです。あの頃はあの頃で大事なんですけど、段々やりたいことが変わってきて。それをちゃんと提示していかないとあの頃のイメージは取れないと思うんです。そういう意味でも今やりたいことを今作には詰め込めたと思います。


Q.攻めているという意味ではM-1「スターになれない」のミュージックビデオも意味深ですよね。

こはる:攻めていますよね(笑)。私たちが今の音楽シーンの中でもがいている状況を表現したんですけど、レーベル移籍第1弾で「スターになれない」って(笑)。捻くれていますよね(笑)。


Q.ガールズバンドとしてアイドル視されることへの反発というか、「バンドとして勝負していく」という強い意気込みを感じました。それは音にもしっかり出ていますよね。

なつみ:音に対する拘りはかなり強くなりましたね。今回、KANDA SHOKAI CORPORATIONさんから話を頂いて私たちのオリジナルモデルの楽器が出来たんですよ。その責任感もあるし、自分だけの楽器が出来たことで音により自分らしさが出るようになったと思います。


Q.今作ではキーボードもかなり前面に出ていますよね。弾きまくっている印象があります。

さとみ:全体を通してずっと弾いているから楽しいです。何かしらずっとやっていたいので(笑)。

こはる:「キーボードのパートが少ない曲は嫌だ」って言うもんね(笑)。


Q.どの曲も全パートがしっかり主張していますよね。

あゆみ:楽曲をアレンジしてくれる方がいるんですけど、以前だったら「出来ない」って言ってたことも「やりたい」って思えるようになったんですよ。そこは全員がバンドに自信を持てるようになったからだと思っています。


Q.「夜遊びプレゼンス」というアルバムタイトルにはどういう意味が込められているのですか?

ゆり:私は「夜遊び=ライヴ」のイメージがあって。ライブハウスって日常の生活の中で凄く刺激的な場所だと思うんですよ。だからアルバムを聴いてくれた人にはCDだけで終わりじゃなくてライブに来てもらってアルバムを完成させて欲しいんです。みんなにライブハウスに来て欲しいです。


Q.今作はレーベル移籍第1弾ですが今後のバンドの目標はありますか?

こはる:地元だけじゃなくて全国で私たちを待ってくれている人たちのところに歌いに行きたいですね。

ゆり:全国の人から求められるバンドになりたいです。

こはる:今までのアルバムも勿論大切なアルバムなんですけど、その過程があって辿り着いた今作はSplit BoBにとって特別な作品だし、今が本当の意味でのバンドの始まりだと思っているので、ここからの私たちについてきて欲しいです。

なつみ:キラキラしてる時代があって、ちょっと迷っている時期があって、今まで精一杯強がって音楽をやってきたけど、やっと自信を持って「これがSplit BoBだ」って言える作品を作ることが出来たのでこれからもどんどん突き進んでいきたいです。

さとみ:アルバムには気持ちをしっかり込めたので最初から最後まで1曲も飛ばさずに聴いて欲しいし、またこれを超えられるアルバムが作れるように頑張りたいです。

あゆみ:昔と違ってみんなバラバラの生活をしているしバンドとしてやりたいことも変わっていくかもしれないけど、高校を卒業して、20歳になった私たちのリアルタイムでしか作れない音楽がこのアルバムには詰め込まれていると思うんです。なのでこれからもそのときそのときでやりたいことをしっかり形にしていきたいですね。


Q.Split BoBはいつも何かに葛藤していて、その都度それを乗り越えてきたじゃないですか。高校生としての葛藤、20歳としての葛藤。きっと来年はまた違う葛藤とぶつかっていると思うんです。でもそれがまた新しいSplit BoBの音楽を生むのでしょうね。

あゆみ:おばあちゃんになっても悩んでると思います(笑)。

なつみ:若いバンドに嫉妬したりして(笑)。

こはる:今でももう嫉妬しているし。(一同爆笑)

アルバムジャケット

Split BoB
NEW ALBUM
夜遊びプレゼンス
NQKS-1005

NOW ON SALE

¥1800(+税)

Split BoB:
こはる(Vo、Gt)、なつみ(Gt)、さとみ(Key)、あゆみ(Ba)、ゆり(Dr)

【HPアドレス】
http://wish-japan.co.jp/splitbob

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993