PICK UP INTERVIEW
WEB限定
前のページに戻る
asayake no ato
2011年、軽音楽部で出会ったメンバーにより結成されたasayake no atoが、メンバーチェンジや数々のデモ音源を経て、FURTHER PLATONICより1st mini album「Memories」をリリースする。国内外のエモからの影響を感じさせるドラマチックな曲展開とスケール感のある音像、聴く者の想像力を掻き立てる物語性のある歌詞世界は必聴。良い意味での土着感を感じさせるのは本人らも公言するようにcinema staffやLOSTAGEを彷彿とさせる。朝焼けの後にはどんな跡が。イマジネーション全開で聴いて欲しい。

Q.楽曲からは海外のエモと日本のオルタナティブなロックの要素を感じますが、どのような音楽に影響を受けているのですか?

神社:ASIAN KUNG-FU GENERATIONの影響が一番大きいですね。エモやポストロックに出会ってからはMineralやAmerican footballを聴くようになりました。そこから掘っていき、BLUEBEARD、BUDDHISTSON、DRUMKAN、AS MEIASといった日本のエモを聴くようになったんです。toeや残響レコードのバンドからも影響を受けています。

佐々山:僕は小学生の頃はアニメやゲームの音楽が好きでした。バンドに興味を持ったのはアニメの主題歌を歌っていたthe pillowsがきっかけです。さらに、ちょうどその時期に出たthe pillowsのトリビュートに参加していたELLEGARDENやストレイテナーにも衝撃を受けました。

森泉:中学生の頃の二大巨頭はMaroon5とColdplayでした。高校でSimple Planやその周辺ばかり聴くようになったんですけど大学でまた元に戻りました(笑)。

中川:僕はあんまり音楽を聴かなかったんですけど、ベースのネックを持つのが好きだったんですよ。なんか落ち着くんです。

神社:絶対友達いない奴ですよね(笑)。


Q.あははは。みなさん結構バラバラなんですね。どんなバンドをやろうと組んだのですか?

佐々山:キーワードはcinema staffとLOSTAGEを足して割ったようなバンドでした。僕と神社はそれぞれ違うバンドをやっていたのですが好きな音楽が近かったので一緒にやることになったんです。神社は曲を書く才能があるし、僕はコミュニケーションを取るのが好きなので、そのバランスもいいなって。

神社:佐々山は僕が苦手なアレンジが得意なんですよ。お互いが持って無い部分を補ってる部分はありますね。


Q.凄く良い関係ですね。

佐々山:でも半端なく衝突しますよ(笑)。

神社:2人とも我が強いから全然譲らなくて。佐々山が「こういうアレンジが良いんだけど」って持ってくると…。

佐々山:神社が「そういうつもりで作ってない」って。(一同爆笑)


Q.今作には「Memories」と名付けられていますが。

神社:小説の目次のようなタイトルにしたかったんです。今作は物語っぽい歌詞が多いので「小説」とか「ノベル」とか考えたんですけど誰にでも分かる英語にしたくて。M-4「遠い記憶」やM-7「海へ」でも思い出や記憶って言葉を使っているし、シングルに収録した「秘密」も歌詞が思い出から始まるんですけど、考えたら僕は「思い出」って言葉をよく使うんです。それでメモリーにしようと思って。そこにJimmy Eat Worldの「Futures」っぽくSを付けて「Memories」にしました(笑)。


Q.エモさが増しますね(笑)。日本語のバンド名もローマ表記にすることでエモ感が出ている。

佐々山:それでローマ字表記にしたんです(笑)。

神社:しかも「後」じゃなくて「跡」なんです。意味はないけどエモっぽいイメージで付けました(笑)。


Q.なるほど(笑)。今後はどんなヴィジョンがありますか?

神社:明確な目標を持って音源を作りながら、どう音楽と付き合っていくか考えたいですね。僕は音楽で食べたいと思っているんですけど、それはLOSTAGEやtofubeatsが言うように無理かもしれない。それでも僕は音楽を辞めるつもりはないし、就職して土日バンドになっても続けていきたいです。僕らの音楽に救われたと思ってくれる人を増やせるような活動をしたいです。

佐々山:神社の願いを叶えること、神社の歌を届けることが僕の仕事だと思っていて。その為にも面白い企画をしていきたいし、例えば中学生とか、今後音楽を聴くであろう年代の人にもライブハウスの面白さやバンドの可能性を見せられるようなことがしたいですね。仲間やリスナーと一緒に音楽を盛り上げていきたいです。


Q.では一言ずつメッセージをお願いします。

佐々山:どんな季節でも聴ける日本の美味しさを詰め込んだようなアルバムになりました。色んな景色に合わせて聴いてくれたら嬉しいです。

中川:成長が見えるアルバムなので僕達の成長を見て欲しいです。.

神社:初めて聴く人は?

中川:えっと…、これからの成長を見ていて下さい。(一同爆笑)

森泉: CDを聴いて楽しんでもらえたら僕はハッピーです。

神社:前のベースが抜けてから、森泉を含めて3人のベースがサポートしてくれていたのですが、どの人がいなかったとしてもこのバンドは続かなかったです。実は他のメンバーからも「辞めたい」って話があったんですけど知り合いのバンドマンが「勿体ないよ」って引きとめてくれたお陰でバンドに残ってくれて。あと「こういうこと歌詞にしても良いんだ」「こんな自由なリズムで良いんだ」「このバンド、めちゃくちゃ楽しそうだ」って、周りのかっこいいバンドを見て思ったこと、感じたことが成長に繋がったと思います。つもり、僕らは色んな人に支えてもらって成り立っているんです。感謝しかないです。このアルバムはジャケットにもなっているように海に関する歌詞が多いんですけど、7曲でひとつの物語になっているので気持ち良く通して聴けると思うので是非聴いて欲しいです。これからも良い音源を創るのでよろしくお願いします。

佐々山:あの…、一言、長くない?(一同爆笑)


asayake no ato:
中川博文(Ba) 神社宏行(Vo.Gt) 森泉直貴 (Dr) 佐々山裕(Gt)

【HPアドレス】
http://asayakenoato.net/

アルバムジャケット

asayake no ato
NEW ALBUM
Memories
FTPS-32

NOW ON SALE

¥1,600(+税)

Live Schedule

11/8(土) 京都 二条 Live House nano
11/16(日) 埼玉 北浦和 KYARA
11/18(火) 福岡 天神 graf
11/24(月.祝) 大阪某所
11/29(土) 奈良 NEVERLAND
11/30(日) 大阪 心斎橋 Live House Pangea
12/14(日) 三重 伊勢 QUESTION
12/19(金) 大阪 心斎橋 FANJ

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993