PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
THE CHILD PLAY PARTY
王道のロックンロール、ガレージ、パンクロックを軸に、ブリットポップ、オールディーズ、モータウンサウンドから昭和歌謡まで織り交ぜた楽曲で幅広い層からの支持を得ている名古屋発のロックンロールバンド、THE CHILD PLAY PARTY。2011年の結成以来、着実とその活動の幅を拡げ、自主企画やワンマンを立て続けにソールドアウトさせるなど勢いに乗る中、待望のミニアルバム「愛とデカダンス」をTME RECORDSからリリース。不滅のロックンロールを荒々しく鳴らすTHE CHILD PLAY PARTYにインタビュー。

Q.アルバムが出来上がった率直な感想を聞かせて下さい。

岡本:物凄く自分の理想に近いアルバムが出来ました。粗を探せばキリがないですがめちゃくちゃ可愛い奴ですね。


Q.「愛とデカダンス」というタイトル通り、コンセプトがはっきりしている作品ですよね。

岡本:コンセプトは僕ら流ラブソングですね。普通のラブソングじゃなくて、ちょっと汚い部分やイっちゃってる恋愛をさらけ出しています。


Q.歌詞がやけに生々しいですが実体験ですか?

岡本:実体験です(笑)。恋愛って綺麗なことだけじゃないし、辛いこともあるじゃないですか。僕はそういう目を背けたくなることも全部歌いたいんですよ。

shingo:だから聴いていて恥ずかしくなる歌詞もありますよね。それを本人に聞くと実体験だって言うからびっくりです。

長屋:僕はその実体験具合を細かく知ってるので(笑)。とても経験出来ないし、したくない内容だなって(笑)。演奏していて心が苦しくなります(笑)。

kenji:圭吾君(岡本)の歌詞って聴き手がどう受け取るか…。

shingo:お前、歌詞知らないだろ?(一同爆笑)


Q.あははは。ではアルバムを紐解いていきたいのですが、M-1「LOVE or DECADANCE」はアルバムを象徴するようなインストナンバーですよね。

岡本:「愛とデカダンス」というアルバムタイトルが決まってすぐに作った曲ですね。愛とデカダンスと偶然マッチした楽曲になった。アルバムの世界観に凄くマッチしていると思います。


Q.ジャズっぽさとパンカビリーっぽさが絶妙なバランスで注入されていてかっこいいです。

shingo:インストを作ったのが初めてなんですけど、その中でどうやったらアルバムの入り口としてかっこいい雰囲気を出せるか考えて作ったら割とすぐ出来て。

岡本:3分で出来ました(笑)。


Q.早い(笑)。M-2「S-B-C」、M-3「極東NEON HIGH-WAY」はバンドの真骨頂であるダークなパンクナンバーですね。

岡本:まさに。今でこそ僕らはジェントルマンな恰好でライブをしていますけど、元々はスパイキーヘアで歌っていたりして。その頃の血を湧き上がらせて作ったパンク路線の曲です。

長屋:「極東NEON HIGH-WAY」学生時代に圭吾と組んでたバンドの頃から既にあった曲なんですよ。最初、圭吾はあまりやりたくなかったみたいですけど(笑)。僕らの原点の曲でもあるのでアルバムに入ることでどう変わっていったかの変歴が見れると思います。

岡本:この曲のギターはアベフトシさんの影響が丸分かりなんですけど、自分のオリジナリティを追求することに拘っていた時期があって封印していたんです。でも最近は自分のルーツを曲に反映させることは恥ずかしいことじゃないと思えるようになったのでアルバムに収録しました。単純にかっこいいですし(笑)。荒々しさでいってもアルバムの中で一番かと思います。


Q.リスナーとしてもルーツが見えると面白いですよね。そういう意味ではM-4「kissmark〜彼女は恋の魔法使い〜」からもバンドの引き出しの大さを感じられます。

岡本:フィル・コリンズやザ・ジャムもカヴァーしているオールディーズの「HEATWAVE」っていう曲が大好きで。ザ・ルースターズもこの曲を模倣して曲を作ったりしているんですよ。それで僕も「HEATWAVE」を模倣してオリジナル曲を作ってみたんです。

kenji:メンバーの好きな音楽ってバラバラなんですけど、ザ・ルースターズは共通して好きなバンドで。「この感じでいくんだな」って、言葉で説明しなくても分かるんですよね。


Q.M-5「ピンクのシャネル-'cause you are my everything」はシンプルな3コードのロックナンバーとメロディーの良さが融合することでTHE CHILD PLAY PARTYの個性を発揮していますよね。

岡本:この曲はラモーンズをよく聴いていた時期に作ったんですけど、その後にオールディーズを聴いたことで、ラモーンズとエルトンジョンをミキサーにぶち込んだような曲になりました。この曲を作っている頃、ちょうど僕は恋愛中だったのでその頃の気持ちを歌詞にしたんです。歌詞を書いたらメロディーも変わったんですよ。

kenji:圭吾君は日本的なメロディーを作るんですけど、僕は洋楽に憧れて音楽をやっているので、そこが交わるとこういう曲になるんだなっていう。


Q.なるほど。歌詞はハッピーなラブソングですよね。

岡本:そうですね。だけど実は「そのハッピーは果たして本当にハッピーなのか?」っていう裏テーマもあって。

長屋:僕はその頃のことをよく知っているから怖いです(笑)。

岡本:この曲を結婚式で歌ったことがあるんですよ。

長屋:裏テーマは言えない。(一同爆笑)


Q.M-6「bubble love session」からM-7「シャボン玉の唄」の流れも面白いですね。

kenji:「bubble love session」は普段の僕らのスタジオの断片を切り取ったようなもので。

shingo:圭吾がこのアイディアを持ってきたときはあまりイメージが湧かなかったんですけど出来上がって並べて聴いてみたら「そういうことか」「圭吾、凄いな」って思いましたね。


Q.「シャボン玉の唄」はアルバムの中でも異色ですよね。

岡本:当初、アルバムに入れる予定はなかったんですけどお客さんが求めてくれているのが伝わって。それでアレンジし直したんです。歌詞もより痛々しくして。高校生のときの失恋を歌っています。

kenji:僕らって激しいリズムの曲が多いっていうパブリックイメージがあると思うんですけど、この曲はライブでやっても評判が良いんですよ

shingo:昭和生まれには心地良い曲ですよね。

kenji:圭吾のルーツである歌謡曲っぽさがよく出ていると思います。そこにバッキングはテレキャスを使ったり、ギターソロはチャック・ベリーを意識したり、そういうオーソドックスなロックンロールをぶつけたんです。この曲も自分のルーツと圭吾のルーツが上手く混ざっていると思います。


Q.サビの歌メロを追うギターは武器ですよね。

岡本:子供の頃に聴いた歌謡曲のバックの演奏の影響ですね。このフレーズはいつもkenjiがミスるんですよ。

shingo:スタジオの練習時間の半分くらいそこに費やすもんな。

kenji:ここはカットしといて下さい。(一同爆笑)


Q.そのまま使います(笑)。M-8「トラウマ-千九十五日の孤独」は死に向き合った歌詞が印象的です。

岡本:これはよく「自殺願望の歌?」って言われるんですけど、「死にたい」って思う気持ちを抱くことがあっても前を向いて生きていくことの大事さを歌った曲で。「愛とデカダンス」は色気のあるアルバムですけど、唯一生死に真面目に向き合った曲です。

kenji:サウンド面ではドライブ感を意識しました。こういうタイプのロックって80年代90年代のロックバンドがお茶の間に進出していた頃の雰囲気があると思うんですよ。

shingo:今こういうことをやってるバンドっていないと思いますよ。


Q.確かに。M-9「脳天クラクション」はバンドをよく表していますよね。

岡本:僕らの代表曲と言っても過言じゃないです。バンドのテーマであるガレージ、パンク、ポップの全部を封じ込めた最高のロックンロールです。


Q.アルバム全体から荒々しさを感じましたが意図的ですか?

岡本:そうですね。荒々しくて棘があって毒もある、でもどこか可愛らしいのが僕らの音楽だと思っています。4人の等身大が出た現時点最高傑作だと思います。

kenji:等身大の自分を出すことがテーマだったんですよ。いかに生々しい自分達の音をディスクに真空パックするかっていう。なので鮮度が良いうちに聴いて欲しいですね。


Q.一発録りは大正解だと思います。

岡本:勢いのあるライブをしているバンドのCDが綺麗に録ってたら僕は「あれ?」って思うんですよ。聴き易さを狙ったら駄目だろって。ライブの勢いをそのままCDにしたいんです。


Q.アルバムを完成させた今、バンドとして今後どのような活動をしていきたいですか?

岡本:とにかく恩返ししたいですね。何の実績もないのにTME RECORDSが手を差し伸べてくれて全国にCDを届けることが出来たので本当に感謝しているんですよ。勿論、全国リリース出来たのは今まで応援してくれたお客さん、ライブハウスのみなさんのおかげなので、そうやって頂いた恩をどうやって歌に、演奏に表していくか。一丸となって頑張っていきたいです。年明けからはツアーも始まるので全国に黒船が来たって言わせたいです。


THE CHILD PLAY PARTY:
岡本圭吾(Vo,Gt) kenji silvers(Gt) 長屋貴弘(Ba) shingo★star(Dr)

【HPアドレス】
http://thechildplayparty.tifa-music.jp/

アルバムジャケット

THE CHILD PLAY PARTY
NEW ALBUM
愛とデカダンス
TMER-005

2014年11月25日発売

¥1620(tax in)

「愛とデカダンス」リリースパーティー

11/30(日) 名古屋新栄SiX-DOG
THE CHILD PLAY PARTY/パン・パロール/THE ZUTAZUTAZ/10’Z/ガンマブロッコリー

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993