PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
COUNTERCLOCKWISE
愛知県安城市出身の4ピースバンド、COUNTERCLOCKWISE。 全員がバックボーンとして持つメロディックパンクの要素を基軸に、ポップス、EDM、ファンク、レゲエなど、様々なエッセンスを注入することで枠にとらわれない新たなロックの可能性を追求している彼らが2014年1月にリリースした1stアルバム「OUT THERE」に続きミニアルバム「BEATOON」を完成させた。前作で提示したミクスチャー感を更に突き詰めた今作は日本語の導入やバンド感のブラッシュアップにより間違いなく現時点での最高傑作と呼べる作品になっている。カウクロワールドを存分に楽しんで欲しい。

Q.今作は「OUT THERE」で提示した「何でもあり感」を更に突き詰めて凝縮させた印象を受けました。その上でバンド感が倍増している。

一同:ありがとうございます!

K.S.K:ツアーを回ってライブを重ねることでバンドの方向性が固まった部分はあるかと。それが凝縮された7曲だと思います。


Q.メロディックパンクであったり、エモであったり、EDMであったり、明確なコンセプトがどの曲にもありますよね。

Hiraiwa:そこは結構意識している部分で。ツアーを経て「ライブでこういう曲をやりたい」っていう明確なヴィジョンが出来たので。だから曲作りもライブを想定しているんです。

Kyohei:そこはバンドの成長ですよね。曲を作る段階でライブを意識出来たのは大きい。


Q.曲順もライブのセットリストみたいだなって。

Katsuu:曲順は練りましたね。決めるときも全員で「せーの!」で出したんですよ。

Kyohei:あれは面白かったね。

Katsuu:Hiraiwaと僕は全く一緒で、他の2人もほぼ一緒っていう(笑)。


Q.「BEATOON」というタイトルにはどういう意味があるのですか?

Katsuu:今回のミニアルバムは色んな意味で再ファーストな感覚があるんですよ。「BEAT」はバンドとしての新しい鼓動を表していて、「TOON」は漫画やアニメって意味のカートゥーンみたいなドタバタしたイメージがあって。それがカウクロに当てはまると思ったので組み合わせた造語で「BEATOON」と名付けました。

Hiraiwa:初めて聞いた!

Katsuu:嘘つけ!(一同爆笑)


Q.M-1「TIME AND AGAIN」はオートチューンやEDMを取り入れていますが、そもそもこの発想はどこから?

Hiraiwa:前作に収録した「RAINBOW」のAメロに何となくオートチューンをかけたら面白かったのが最初ですね。聴いてくれた人の反応も良くて。

Katsuu:EDMの要素を取り入れることでライブでお客さんを良い感じでのせられるんですよ。僕らはライブを遊び場にしたいので、こういう曲はやっていて興奮しますね。


Q.M-2「LOST TREASURE」は大切なものを守りたいという物語の奥に政治的なメッセージも感じました。

Katsuu:そうなんですよ。この歌詞を書いているときはちょうど集団的自衛権が問題になっているときで。僕はそこまで政治に詳しくないからこういう歌詞を書くと「何も知らない奴が言うな」って言われる風潮ってあるじゃないですか。でも嫌なことは嫌だって言えないのはおかしいと思うんですよ。こういうメッセージをポップに伝えることが出来るのがパンクの醍醐味だと僕は思っていて。嫌なことはメッセージとして伝えたいんです。こういうことって公に言いにくいじゃないですか。でもそれって絶対おかしいと思う。僕らもスタジオ終わりでこういう話はしますし。もっとポップに、日常的にこういう話が出来ないと駄目だと思うんですよね。今はSNSもあるし思ったことは発信するべきだと思います。


Q.そんなSNS時代にM-3「TALK TO TALK」では会って話すことの大切さを歌っていて。

Katsuu:まさにその通り。そこが繋がってることに今言われて気付きました(笑)。

Hiraiwa:対話は大切ですよね。

K.S.K:僕も会って話したい派です。

Katsuu:友達とメールしていて行き違うことってありません?それより顔を付き合わせて話そうぜって曲ですね。


Q.M-4「DIG DUG」の歌詞も面白いですね。

Katsuu:これはたまたまtwitterで見かけた絵からヒントを得ていて。

Hiraiwa:twitterばっかり(笑)。

Katsuu:あははは。本当だ(笑)。で、その絵は上と下に分かれているんだけど、どっちにも穴を掘っている人が描かれていて。そこにはダイアモンドがあって掘り続けているんだけど、1人はもうすぐダイアモンドに辿り着きそうで。だけどもう1人は辿り着く直前で諦めて帰っちゃうんです。その絵に「諦めるってこういうことらしいよ」ってメッセージが添えられていて。

Hiraiwa:継続は力なり。

Katsuu:そう。やり続けることが大事ってことをその絵では訴えているんですよね。これ、ギャンブルだと危ないですけど(笑)。

Hiraiwa:「いつか当たる!」って(笑)。

Kyohei:破産する(笑)。

Katsuu:これ、曲作りで凄く苦労したんですよ。

Hiraiwa:迷走してた(笑)。

Katsuu:出来上がりにHiraiwaが納得しなくてボツにしようとしましたからね。

Hiraiwa:サビが全然グッとこなかったんですよ。でも練り直してく中で「ポンッ」と降りてきて。他の曲は勢いで出来たんだけどこの曲は悩んだ分だけ思い入れも強いですね。

Katsuu:歌入れの直前で歌メロを変えたいって言い出したときはびっくりしたけど。(一同爆笑)


Q.M-5「NEW CIRCLE」で歌われているような、音楽が鳴っていてみんなが集まる場所が僕にもあるなって思いました。

Katsuu:まさにそういう場所を歌った曲です。僕らの仲間でDJ BASSANっていう人がいて。彼はNew Circle Rockっていうイベントのオーガナイザーなんですけど、1年半前に西尾市にNeverlandっていうロックバーを作ったんですよ。その開店祝いに作った曲です。

Hiraiwa:この曲はNeverlandのことをそのまま歌っていますね。

Katsuu:聴かせたら「短かっ!」って言われました(笑)。

K.S.K:この曲、30秒くらいなんです(笑)。

Hiraiwa:曲を作るときもコードだけ決めてスタジオで一気に合わせたら曲が終わったタイミングが全員一緒で(笑)。

Katsuu:バンドのケミストリーが生まれた瞬間でしたね。だから一切アレンジせずそのままなんです。


Q.こういう短くて勢いのある曲がアルバムに1曲あるのって90年代のメロコアっぽいですよね。

Katsuu:そこですよ!僕が意図してるのはそこです!

Hiraiwa:こういう曲ってアルバムのフックにもなりますよね。

Katsuu:こういう遊び心は忘れたくないですね。


Q.101バンドが30秒の曲を収録したFAT WRECK CHORDSのコンピに入っていてもおかしくない曲ですよね。

Hiraiwa:懐かしい!

Katsuu:「Short Music for Short People」ですよね!やばい!


Q.続くM-6「ORANGE」はメロディーセンスが抜群です。

Katsuu:僕もそう思います。とにかくメロディー重視の曲ですね。

Hiraiwa:他の曲はシンセを入れて華やかにしているんですけど、この曲はメロディーで勝負したいからシンプルなアレンジにしたんですよ。


Q.夕焼けを連想させる歌詞も綺麗ですね。

Katsuu:まさにオレンジっていうのは夕焼けの色のことで。夕焼けを見て感じたことを書きました。こういう歌詞の書き方は初めてですね。

Hiraiwa:歌詞を読んだとき「こんなこと思うんだ」って(笑)。

Kyohei:それくらい歌詞が良い。

K.S.K:最初みかんのことかと思いました。

Hiraiwa:おい、殴るぞ。(一同爆笑)


Q.M-7「YOUR VOICE」はアルバムのエンディングにぴったりですね。

Katsuu:この曲、仮タイトルが「最後」だったんですよ(笑)。最初からアルバムの最後にするつもりでしたね。

Hiraiwa:この曲が出来たとき、個人的には「きたな」って思いました。

K.S.K:バンドで合わせたときもスッと出来ました。…スッと出来ましたよね?

Katsuu:なんで不安になってるの。(一同爆笑)


Q.アルバムを聴き終って「今回、歌詞が良いなあ」って思いながらCDを取りだそうとして気付いたことがあって。

Katsuu:え!?何だろう?


Q.全く違和感がなかったから忘れていたけど、めっちゃ日本語で歌っていますよね(笑)。Katsuu:あははは。そうなんですよ。それ、何か凄く嬉しい。

Hiraiwa:ずっと英語と日本語で葛藤していたんですよ。

Katsuu:今回歌詞は滅茶苦茶悩んだんです。今回、日本語でやってみようと思って制作を始めたんですけど、いざ歌詞を書き出したら本当に日本語にして良いか悩みだして。ずっと英語の曲を聴いてきたし英語で歌ってきたから、日本語にしたときに本当にかっこいいのか分からなくなって。英語で歌ったらかっこいいのは分かってるのに日本語にしてダサくなったらどうしようって。すごく悩んだし怖かった。その波が何回も何回も来て。

K.S.K:僕は日本語詞が声に合ってる気がします。…合ってますよね?

Kyohei:さっきからどれだけ自信ないの?(一同爆笑)

Katsuu:英語から日本語に変わることで違うバンドになってしまうかもしれない恐怖もあって。だから表現の仕方は凄く気にしていますね。ストレート過ぎる表現にならないでストレートに伝えるにはどうするか。歌詞はそこに挑戦しました。一皮むけたかな(笑)。


Q.これだけでアルバムが終わらないのが90年代っぽくて最高です。

Katsuu:あははは。前作でボーナストラックを入れれなかったことだけが本当に心残りだったんですよ。だから今回は思いっきりふざけさせて頂きました(笑)。ボーナストラックって僕にとっては欠かせない大事なピースなんですよ。例えば勉強しながら好きなCDを聴いていて流しっぱなしにしていたら突然何か始まったときの嬉しさってずっと忘れられなくて。それはリスナーとして覚えている。

Hiraiwa:THUMBの「LET'S GROW UP TOGETHER」やHUSKING BEEの「GRIP」で見つけたときはアガりましたからね。

Katsuu:友達に「お前知ってる?」って興奮して話して(笑)。

Kyohei:それがCDの楽しさでもありますよね。こういう部分からもカウクロのワイワイした感じが伝われば嬉しいです。


Q.改めてどういう作品になりましたか?

Kyohei:ライブで一緒に遊べる曲が増えたと思います。聴いてくれた人とライブハウスで会いたいですね。

K.S.K:バラエティに富んでいた「OUT THERE」にも負けないくらい個性の強いミニアルバムが出来ました。ベースラインも悩んだんですけど結果的に楽しいフレーズが出来て良かったです。この作品を作り上げたことで確実に次へのステップとなったと思います。

Hiraiwa:僕は全作のインタビューで「曲の総合デパート」って言ったんですけど、今回は「曲の専門店」だと思っていて。何でも取り揃えているのではなく専門店として突き詰められたかと。前作では人にお願いしていたシーケンスも今回は自分達でゼロからやったし、楽曲をプロデュースする意識も強くあるんです。そういう意味でも専門店だなって思います。

Katsuu:デパートよりハネなかったな。(一同爆笑)

Hiraiwa:駄目かな(笑)。

Katsuu:僕は「OUT THERE」をパンクなアルバムだって前のインタビューで言ったと思うんですけど、それは音楽的な意味じゃなくて挑戦したからパンクなアルバムだって表現して。今作はそれも継承しつつ、更にもっと根元にある、活動や制作など色んなことをよりDIYでやれたと思っていて。だから精神的な部分ではよりパンクなスピリッツで出来たと思っています。


COUNTERCLOCKWISE:
K.S.K(Ba.Cho) Katsuu(Vo.Gt) Hiraiwa(Gt.Vo) Kyohei(Dr)

【HPアドレス】
http://counterclockwise.jp/

アルバムジャケット

COUNTERCLOCKWISE
NEW ALBUM
BEATOON
DDCZ-1989

NOW ON SALE

1500円(+税)

Live Schedule

11/2 栄RAD
11/9 豊橋KNOT
11/16 安城 yumekibow RADIO CLUB
11/20 PIT FALL東京
11/22 PIT FALL大阪
11/23 PIT FALL名古屋

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993