PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
百長
2010年に名古屋で結成された百長。所謂ギターロックを基盤にしながらも摩訶不思議な要素を含んだ楽曲は中毒性高め。これまでに幾度のメンバーチェンジを経験してきた彼ら。2013年は5人のサポートドラマーを迎え活動を繋いできたという。そして2014年、三輪が加入したことでその活動は一気に加速する。年間80本以上のライブや楽曲制作など、止まっていた時間を取り戻すかのように活発な活動を展開。そして12月、現メンバーでの初音源となるシングル「Tobari」のリリース、バンド初のワンマンライブも開催されるという。百長の快進撃が始まる。

Q.ゆなちゃん(三輪)が加入するまでの間に凄く沢山のドラマーがいた気がするのですが(笑)。

遠藤:あははは。

大森:5人のドラマーにサポートしてもらってなんとかバンドを繋いできました(笑)。


Q.ゆなちゃんも当初はサポートドラムでしたよね。

大森:はい。5人のサポートドラム全員に1曲ずつ叩いてもらったEP「ボブ」のレコ発を見に来ていたゆなちゃんから「正式メンバーとして叩きたい」ってレコ発の翌日にメールがきたんですよ。


Q.あれ?ゆなちゃんは「ボブ」でも1曲叩いていますよね?

大森:当時彼女は仕事をしていたのでバンドに入ることはないと思っていて。そしたら仕事も辞めてきて。

三輪:もし他の誰かが正式メンバーに決まったら百長で叩けなくなると思って。丁度仕事も辞める時期だったので思い切って連絡したんです。

大森:僕らはバンドで食べていきたいし死ぬほど売れたいんですよ。百長で何処までいけるか勝負したいんですよね。


Q.なるほど。今回リリースされるシングルはこの3人での初の音源ですよね。

大森:はい。2月からレコーディングしていました。

遠藤:長かったですね。

大森:でも日数でいったら1週間分くらいです(笑)。2月にはM-1「Tobari」は録り終ってましたからね。間があいてレコーディングを再開して。


Q.X JAPANみたいですね(笑)。「Tobari」というタイトルにはどういう意味があるのですか?

大森:子供の頃の純粋な気持ちって大人になったらもう持てないじゃないですか。でもそれが分かっているからこそ切ないっていう歌なんですけど、「とばり」って言葉には夜と朝を仕切るような意味があって、そことリンクすると思って名付けました。


Q.今作は自主レーベルからのリリースですがshitteyattari recordsというネーミングが百長らしくて最高です。

大森:これはゆなちゃん命名です。

三輪:まだ私がバンドに入る前、百長のホームページを見たらアドレスに「shitteyattari」って書いてあったんですよ。それが凄く百長っぽいと思って拝借しました。

大森:ただのサーバーのドメイン名なんですけどね(笑)。


Q.あははは。12月には初のワンマンもありますがどんなライブになりそうですか?

大森:正直実感がまだなくて。凄く楽しみだしソワソワしているんですけど(笑)。

遠藤:実感…あります?

三輪:う〜ん。曲、いっぱいやるんだよね?

大森:やりますよ(笑)。


Q.このワンマンには「百長の聞いて娯楽見て地獄」というイベント名も付けられていますが。

大森:これもゆなちゃんが名付けました。

三輪:ことわざ一覧で調べて響きが良いものを選びました。意味は分からないけど字面の見た目が気に入って。

大森:ことわざとしては「人から聞くのと自分で見るのでは大違い」って意味があって。百長って「名前が独り歩きしてる」ってライブハウスの人によく言われるんですよ。だからまずは見てもらわないとなっていう。


Q.メンバーも固まり、シングルのリリースや初ワンマンの開催も決まり、バンドとしては着実にステップアップしているんじゃないですか?

大森:ありがとうございます。実はワンマンの日にも重大発表があるんですよ。今回のシングルはそこに繋げていけたらなって。

遠藤:大切な発表になると思うのでワンマンには絶対に来て欲しいですね。。

大森:ワンマン以降もライブは決まっていますし、とにかく良いライブをどんどんしていきたいですね。ゆなちゃんが入って、バンド内にストレスもなくやれているのでこのままどんどんいきたいです。


Q.ゆなちゃんはサポートから正式メンバーになってみてどうですか?

三輪:外から見ていると楽しい雰囲気やちゃらんぽらんな部分しか分からなかったんですけど、緑君(大森)が凄く厳しい人で何回も泣いています(笑)。でもバンドに入るってそういうことだなって。気を引き締めて頑張っていこうと思っています。


Q.大森君と遠藤君はゆなちゃんを迎えてみてどうですか?

遠藤:メンバーがいるっていう安心感はありますね。あと一番大きいのは車を持っていることです。(一同爆笑)

大森:それまでツアーとか夜行バスで行くこともありましたから(笑)。

遠藤:随分楽になりました(笑)。

三輪:私は運転ばっかりしています。2人はお酒飲んじゃうし。(一同爆笑)


Q.酷い(笑)。

大森:勿論、演奏面での安心感もあります(笑)。色んなドラマーとやってきましたけど、ゆなちゃんと一緒にやって凄くしっくりきたんですよね。車も持ってるし。(一同爆笑)


Q.あははは。ではシングルを聴いてくれる人、ワンマンに来てくれる人にメッセージをお願いします。

大森:この1年間で僕ら大きく変わりました。ワンマンは絶対に良いライブになると思うので遊びに来て欲しいです。あと今回のシングルは家でじっくり聴いて欲しいです。是非買って聴いて下さい。

遠藤:初ワンマンをみんなで楽しみたいです。「Tobari」もシングルで出すにはそれなりの意味がある曲なので是非聴いて下さい。

三輪:ワンマンの会場のブラジルコーヒーはご飯も美味しいのでそちらも楽しみながらライブを見て欲しいです。今の百長は私が外から見ていた時期と比べても一番好きなので…。

大森:好きなので?

三輪:オススメです。(一同爆笑)


百長:
大森貴太(Vo、Gt) 三輪友里奈(Dr) 遠藤弘規(Ba)

【HPアドレス】
http://100cho.tabigeinin.com/

アルバムジャケット

百長
NEW SINGLE
Tobari
0001-STYTR

12/7リリース

500円

Live Schedule

11/4(火) 新栄CLUB ROCK’N’ROLL
11/8(土) 京都 VOXhall
11/9(日) 四日市ガッツU
11/15(土) 下北沢屋根裏
11/28(金) 栄R.A.D
12/7(日)金山ブラジルコーヒー
百長3rd single「Tobari」レコ発ワンマン
百長の聞いて娯楽見て地獄

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993