PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
キバオブアキバ
唯一無二のスタイル、スタンスで活動を続けてきた京都出身のヲタイリッシュ・デスポップ・バンド、キバオブアキバ。「ヲタイリッシュ・デスポップ・バンド」という言葉の意味は分からないがとにかく凄い自信でジャンルやシーンを縦横無尽に走りまくる彼らが1stフル・アルバム「YENIOL」をリリース。今作には、新曲5曲に加え、これまでにリリースしたEP収録曲から再レコーディングした6曲を含む全11曲を収録。彼らの音楽は、メタルやスクリーモを基調とした激しい楽曲にポップのエッセンスを注入、そこに所謂オタクカルチャーを感じさせる独自の歌詞が乗ることで聴いたことのないような音楽に昇華させていて…、これがヲタイリッシュ・デスポップ・バンドなのか…!今回、2YOU MAGAZINEでは、謎が謎を呼ぶキバオブアキバに迫るべくインタビューを決行!

Q.キバオブアキバは秋葉原ではなく京都出身なんですよね?

そうです。というか結成時はメンバーが誰も秋葉原に行った事がなく、そもそも「アキバ」という言葉は実在の土地というより文明や知識層の象徴的な意味でつけました。


Q.なるほど。バンドが提示する「ヲタイリッシュ・デス・ポップバンド」というジャンルのバンドにキバオブアキバ以外出会ったことがないのですが、どのようなものなのでしょうか?

自分達のスタイルが相反する物を組み合わせる陰陽道なので、こうなりました。「オタク+メタル」というすでに他の方がちゃんとやっていた物から逃げたかったのもあります。とにかく自由にやりたかったので自分達のほうからなんでもできそうなジャンル名を名乗っておいた感じです。


Q.活動の仕方や他ジャンルとのコラボなどから、音楽に音楽以外のものを纏わせることでキバオブアキバというバンドを構築している印象があります。

前述の陰陽道です。バンドやってるからって音楽命だと思ったら大間違いだぜ!


Q.オタクカルチャーを取り巻く環境はこの数年で随分変わりアイドルファンやアニメファンが市民権を得たとは思うのですが、それでも隠す人もいると思うんです。だけどキバオブアキバは人目も気にせず「好き!」を詰め込んでいることがかっこいいです。

ありがとうございます。ただもう確かに充分市民権を得たと思うので最近は逆に隠したいです。人に言えない趣味はまだまだあるで。


Q.それも気になりますね(笑)。では楽曲についてですが、メタルやスクリーモが基盤となっていると思うのですが、キバオブアキバが面白いのは決して茶化してなく物凄く本格的なところだと思います。

もし本格的だと思っていただけるならそれは決して僕たちが真面目なのではなく、いろんな音楽や文化に対して愛があるからです。広かったり浅かったり狭かったり深かったりですがとにかく色々な物に対して好奇心が強い所がバンドとしての特徴だと思います。メタル好きが僕たちの中にメタルを発見したり、スクリーモ好きがスクリーモを発見してくれたらとても嬉しいです。


Q.これまでCD付き缶バッヂや手ぬぐい付きCDのリリース、BABYMETALとのスプリットなど、規格外な形での作品リリースをしてきたわけですがこういったアイディアは?そもそも普通なら缶バッヂ付きCDですよね(笑)。でもキバオブアキバは主役が缶バッヂですからね(笑)。

単純にひねくれているので結果的にこうなった感じです。本当はもっとすごいオマケでいきたかったのですが当時は缶バッチが限界で、じゃあせめて工夫を、となるともう音楽というよりおもちゃとして扱って欲しいと缶バッチメインになりました。


Q.今作「YENIOL」は1stアルバムにしてベストアルバム的な要素が強いと思うのですがどのような作品になりましたか?

謎にアルバムを出さない事にこだわっていましたが音楽的にもっとチャレンジをしたかった事、再録音したい過去曲があった事からこうなりました。なんだかんだ水属性なんで流れには逆らわないです。


Q.M-1「Animation With You」ではアニメが好きな気持ちを歌い、M-4「Internet in Da house」では悲しい体験談を、M-8「全部宇宙が悪い」では宇宙という壮大すぎるものを仮想敵としていたり、どの曲もテーマがはっきりしていますよね。歌詞はどのように書いているのですか?

単純にボーカルのふとしが実体験などから本当に思った事を書いてます。実際部屋はめちゃめちゃ散らかってます。


Q.ラウドシーンからアイドルシーンまで活動の幅が広いですが自分達をどう捉えていますか?

広げていこうぜ!とか思った事はないので受け入れてくれた皆様とインターネットのおかげだと思います。


Q.ではキバオブアキバとしての今後の目標があれば聞かせて下さい。

次代を担う子ども達がこういうのやってみたいと思ってくれるような夢のある活動をしていきたいです。あと、音楽以外のコラボをもっとやっていきたいので物を作ってる人なんかは具体案とかなくても気軽に公式HPのコンタクト(http://www.kibaofakiba.com/form/contact/)から連絡してください。


【HPアドレス】
http://www.kibaofakiba.com/

アルバムジャケット

キバオブアキバ
NEW ALBUM
YENIOL
KOA-0003

NOW ON SALE

2100円(+税)

Live Schedule

11/1(土) 神戸太陽と虎
11/2(日) 京都GROWLY
11/3 (月・祝)今池 3STAR
11/22(土) 名古屋M.I.D
11/29(土) 梅田Zeela
12/7(日) 渋谷GARRET
12/14(日) 京都GROWLY

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993