PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
Large House Satisfaction
Large House Satisfactionがかつてないほどにポップで開けたミニアルバム「Sweet Doxy」を完成させた。前作「in the dark room」では彼らのルーツでもあるブラック・ミュージックの重厚でグルーヴィーな部分を前面に押し出していた彼らが辿り着いた今作からは新しいLarge House Satisfactionを感じることが出来る。「今まで以上に歌を伝えることを意識した」という今作ではこれまでの彼らが敢えて避けてきたというラブソングも解禁。バンドが確実にネクストステージに突き進んでいることを実感出来る作品となっている。

Q.今作は「in the dark room」で提示したダークでグルーヴィーな雰囲気とはまた違う方向性ですよね。

賢司:前作はブラックで重い感じを意識して作ったんですけど、俺らがそういうことが出来ることはみんな知ってるかなって。それで今作は、逆に「こういうのはやらないだろうな」っていうことをやるのも面白いんじゃないかって思ったんです。


Q.その結果、凄くポップな作品が生まれたと。

賢司:そうですね。今作のような歌メロや所謂売れ線の楽曲を避けてきた訳じゃないんですけど、「別に俺らがやらなくても」って気持ちはあって。でも敢えてそこに勝負してみようかなっていう。


Q.それは歌詞にも出ていますよね。

要司:今まではオブラートに包むというか、何処か本音を隠して書いていた部分があったんです。でもそれだと伝わらないと思ったんです。それで出てきた言葉を飾らずに素直に書いたら、何を歌いたいのかがはっきり分かる歌詞になったんです。M-1「トワイライト」の歌詞とか30分くらいで書きましたからね。仮歌を撮るときに歌詞がなかったから30分くらいで書いてメンバーに聴かせたら「最高かよ!」って。(一同爆笑)


Q.今までになく人間の弱い部分をさらけ出しているように感じました。

要司:これまでは刺々しい言葉が多かったんですけど、そういうものって一瞬で過ぎ去っちゃうんですよね。傷は残せてもかすり傷というか。今回素直に歌詞を書いた時に弱い部分が出たっていうことは、それが本来俺が持っているものなのかなって。分かっていたけど見ないようにしていた部分というか。さっき言った「俺らはやらなくていいや」っていう。

賢司:でもそれじゃ駄目なんですよね。それで素直にやってみた結果すごくフィットしたんです。


Q.そうなることで曲の作り方に変化はありましたか?

秀作:曲作り自体には変化はないですけど、キャッチーさは意識するようになりましたね。

賢司:例えばメロディーが出来たときに、今までだったら「キャッチー過ぎない?」って無しにしていた部分を無くしてやってみたんです。そうしたことで、何をやっても俺らになるってことが確認することが出来たのは大きいですね。もっと早くやれば良かった(笑)。


Q.M-6「眩暈」も新しい挑戦ですよね。

要司:この曲は元々弾き語り用に書いた曲で。こういう曲をバンドでやれたことで
更に色んなことが出来るようになると思います。


Q.キーボードの導入も新しい試みですよね。

賢司:これまでは3人で成立することに拘ってきたんですけど、キーボードを取り入れることでより聴き易くなるのであればやってみようかなって。


Q.M-5「POISON」のごちゃ混ぜ感は今作では異色かと。

賢司:この曲は色んな要素が詰め込まれていますね。女性コーラスも入っていますし。


Q.ローリング・ストーンズの「サティスファクション」インスパイアも面白いです。

賢司:あははは。

要司:出来上がって「ちょっと似てるけどいいよね?」って(笑)。


Q.M-4「孤独の情熱」は「in the dark room」の流れも汲んだ曲ですね。

要司:やっぱりこういう曲も入れたくて(笑)。


Q.この曲もそうですけど、今作は大きな意味でのラブソングを歌っていますよね。何かきっかけがあったのでしょうか?

要司:「ポップって何だろう」って考えたらみんなが歌えることだったりメロディーが覚えやすいことだったりするのかなって。そういう曲って殆どがラブソングな気がするんですよ。今までそういう歌は得意な人がやれば良いって思っていたから、俺はどちらかと言うと内向的なことを歌ってきたんですけど、曲の良さをより伝えるためには心に響いたほうが良いなと。そこでどういう歌詞が一番響くかを考えたら、やっぱりラブソングだなって思ったんですよ。


Q.これまでは意識的にラブソングを避けていたのですか?

要司:避けていましたね。

賢司:好きなんですけどね(笑)。

要司:聴く分には(笑)。「俺がラブソング?このバンドで?」って思っていたので。でも真正面からぶつかったら良いのが出来たんですよね。そういう面でも挑戦したと思います。


Q.改めてどのような作品になりましたか?

秀作:「伝える」ということを意識して作った作品なので全国のドキシー達に聴いて欲しいです。

要司:新しい俺らと今までの俺らの大きな柱が2本出来たミニアルバムになりました。スッと聴けるけどボリュームもあるのでそれぞれの俺らを味わってほしいです。今まで出してこなかった部分も全部さらけ出しているので聴いてくれた人もライブでさらけ出してくれたら嬉しいです。

賢司:あとはCDを買ってくれたら是非歌詞カードを読みながら聴いて欲しい。きっと色々考えられると思うので。ヘッドフォンで爆音で聴いて欲しいですね。

要司:それは絶対ですね。爆音で聴いて下さい。


Large House Satisfaction:
小林賢司(Ba) 小林要司(Vo、Gt)田中秀作(Dr)

【HPアドレス】
http://www.largehousesatisfaction.com/

アルバムジャケット

Large House Satisfaction
NEW ALBUM
Sweet Doxy
GRRC-40004

NOW ON SALE

¥1,574(+税)

SWEET SWEET DOXIES

10/11(土) 札幌KRAPS HALL
10/17(金) 名古屋CLUB UPSET
10/18(土) 広島4.14
10/20(月) 岡山CRAZYMAMA 2nd Room
10/23(木) 福岡Queblick
10/31(金) 大阪Zeela
11/07(金) 仙台enn 2nd
11/15(土) 渋谷CLUB QUATTRO(※ワンマン)

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993