PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
My Hair is Bad
新潟県上越市出身の3ピースロックバンド、My Hair is Bad。彼らがバンド史上初となるフルアルバム「narimi」を完成させた。椎木知仁の書く歌詞は生々しい。彼の恋愛や私生活をさらけ出したかのような歌詞は「等身大」や「リアル」なんて言葉の何倍も等身大でリアルだ。包み隠さずに歌うからこそ、彼の前では聴く者の心も裸になるのであろう。そこにツアーで培った経験が加わりバンドがよりバンドになった印象も。「今」が永遠でないことを知っているからこそ今しか歌えない歌を全力で歌うMy Hair is Badの音楽、同世代の若者だけでなく、かつて若者だった人にも是非聴いて欲しい。この名盤を完成させた椎木に話を訊く。

Q.間違いなく最高傑作が生まれましたね。

椎木:ありがとうございます。嬉しいです。実はアルバムが出来たときは半信半疑で。サンプルを聴いてもらった人の感想が「良いね」って人と「変わったね」って人が半々で。僕は人に流されやすいからそれが良いのか悪いのか分からなくて。でも自信が持てそうです。


Q.今、椎木君は何歳でしたっけ?

椎木:今年23歳になります。


Q.その年齢にしか出せないリアルってあるじゃないですか。それが物凄く出ていると思います。等身大なんて言葉の何倍も等身大なアルバムだなって。

椎木:そのつもりで作ったので嬉しいです。僕の年齢で作ったこのアルバムが評価されなかったら若いうちは駄目なんだろうなって思います。それくらいの気持ちで作りました。


Q.23歳って大人だけど大人じゃなくて、勿論子供でもない。そういう時期の感情が歌詞に素直に出ていると思いました。

椎木:僕は文才がないから思っていることそのまま言ったらこういう曲ばかり生まれました。本当にそのままなんですよ。


Q.はい。歌詞が一貫してるのに対して楽曲はバラエティに富んでいますよね。

椎木:フルアルバムを作るのが初めてなんですけど、自分がリスナーとしてどういうアルバムが好きか考えたんですよ。それを想像したら野球チームっぽさというか、打順は大事だなって。フルアルバムって4番バッターばかりじゃ駄目だと思うんです。それだと派手さはあってもバランスは悪いじゃないですか。打順には1番から9番まで全員に意味があると思うんですよね。


Q.そういう意味では全曲に役割がしっかりあると。

椎木:そうですね。ストレートな曲もあれば変わった曲もあって。


Q.M-7「マイハッピーウェディング」とか完全に助っ人外国人ですもんね。

椎木:あははは。あの曲はレーベルの社長もレコーディング中に「俺は分からん。好きにやったらいいんちゃう?」って言ってたので(笑)。


Q.椎木君のバックボーンとしてヒップホップやラップの要素はあったのですか?

椎木:実は初めて買ったCDがKICK THE CAN CREWなんですよ。バックボーンとかルーツって訳ではないかもしれないんですけど、よく聴いていました。そこからORANGE RANGEに派生してギターを始めたんですけど。


Q.なるほど。アルバムタイトルの「narimi」はどういう意味があるのですか?

椎木:公表はしてないんですけど…。ちょっと気持ち悪い感じなんですよね。引かれちゃうからあまり言いたくなくて。こそっと教えますけど…。このタイトル、○○なんです。


Q.えっ!?

椎木:あの…、本当に書かないで下さい(笑)。


Q.真相を知りたい人はライブハウスで椎木君に訊いて下さい(笑)。

椎木:教えませんけど(笑)。


Q.あははは。今作はどのようなコンセプトで作ったのですか?

椎木:今作に関しては若いときにしか作れない作品を作ろうと思って。今しか出来ないことってあると思うんですよ。今だから言えることもあるし。


Q.確かにM-1「アフターアワー」は永遠なんてないことを知っているからこそ歌える歌詞だなと。いつまでも走れる訳じゃないことを知っているからこそ今は前を向いて走るといった前向きな曲ですよね。

椎木:今まであまり明るい曲を書いてこなかったし、そういう曲を書こうと思って書いた訳じゃないんですけど、簡単に言うと…これも書けないんですけど…。これ○○の曲なんですよ。


Q.ちょっと(笑)。それ、書いていいのですか?○○ばっかりになっちゃう(笑)。

椎木:絶対駄目です(笑)。若い頃の恋愛って何でもありというか、30代になってやっていたくないことってあるじゃないですか。そういうことを今やっておかなきゃいけない、いけなくはないんですけど(笑)、何かそれが甘酸っぱいなって。


Q.つまり家庭を持つ幸せだったり落ち着いた恋愛はもう少し年齢を重ねてから出来るけど今は若いからこそ出来る恋愛をしたいと。

椎木:それを歌詞から感じて貰えたら嬉しいですね。そういう部分って若いからこそ書けるというか、青いが故に書けると思うんです。そういう部分が伝わらないければ凄く薄っぺらいものになると思うんですよ。


Q.これだけさらけ出していれば伝わりますよ。だってこれ全部実体験ですよね(笑)。

椎木:どうなんですかね。でも実体験ですね、多分(笑)。


Q.恋愛の曲だけでなくM-6「夜行バス」のような東京に対する思いもリアルですよね。

椎木:この曲はまず「夜行バス」っていう曲名から決めて書いたんですけど、書いてみたら自分のことになっちゃいました。僕、夜行バスをよく使って東京にライブを見に行ったりしていたんですよ。あと小さい頃、東京に住んでたこともあって。だから東京に来ると「都会だな」って気持ちと「懐かしいな」って気持ちがあって。それに東京の人が好きなんですよね。嫌な奴も多いですけど(笑)。ちょっとした憧れはあります。だって僕、今でも住みたいと思ってますから。


Q.最近は東京での活動や、レーベルの拠点である大阪での活動が多いんじゃないですか?

椎木:そうですね。東京や大阪での活動が増えて地元の上越がほったらかしになっている気はします。上越でライブも出来てないので。だから地元のライブハウスで僕らが先輩にしてきてもらったようなことを地元の後輩にしてあげれていないんですよ。そこは悔しいというか、ちょっと寂しい。


Q.でも全国規模で活動することが結果的に上越に恩返しすることに繋がるのでは?

椎木:それが理想ですよね。でも地元のライブハウスにも「大阪のバンドじゃないの?」って嫌みを言われるんですよ(笑)。


Q.M-9「教室とさよなら」こそ若い人に聴いて欲しいですね。

椎木:本当に。高校生の頃の自分は学校にイヤフォンして緑のパーカーの上に学ランを着てチュッパチャプスを加えながら通ってたような奴で。今思うと舐めてたと思うんですけど。でもそういう子って今もいると思うんです。彼らに聴いて欲しい曲ですね。


Q.アルバムのリードトラックであるM-12「優しさの行方」は現在社会で生きる全ての人に刺さると思うのですが、まずこの曲をリードトラックに選んだのは?

椎木:意外じゃないですか?この曲はレコーディングのときに社長が「ええ曲やな」ってエアーを出してきて。実は作っているときはアルバムの顔になるような曲だとは思ってなかったんですよ。でも僕は社長の感覚を信頼してるのでこれでいこうって。最初はアルバムの7曲目くらいのイメージだったんですよね。


Q.結果的にどうでした?

椎木:リードトラックにして良かったと思います。この曲がリードって言う前から聴いてくれた人が「12曲目が良いね」って言ってくれる人が多くて。社長、流石だなと。


Q.この曲がアルバムラストにあることで全体が締まりますよね。映画のエピローグっぽさもある。

椎木:そうなんですよ。ラッキーでした(笑)。


Q.この曲の歌詞が出来たのはどういう経緯で?

椎木:twitterとか見てると地元で働いてる友達がみんなしんどそうなんですよ。月曜日からウダウダ言ってて。彼らにフリーターから手を差し伸べるような歌詞を書こうと。偉そうなんですけど(笑)。嫌みアリアリの肯定というか。みんなに聴いて欲しいですね。


Q.椎木君の歌詞って誰かの為とかじゃなく殆どが自分の歌だと思うんですよ。でもこの曲は誰かのために書いてるなって。

椎木:ああ。そうかもしれません。他の曲を歌ってるときと少し感覚が違うのはありますね。


Q.はい。でも他の曲はやっぱりどれも自分のことを歌っていて。その芯は全くブレてないですね。

椎木:自分の良さはそこしかないと思っているので。僕はフラフラしちゃう人間だけど、そこだけは芯として残しておきたいんです。


Q.それがリアルだから同じ境遇の人が聴いたら共感出来るのだと思います。

椎木:そんなにリアルですか?


Q.リアルというか…生々しい。

椎木:ああ、なるほど。生々しいですよね。本当は隠したいんですよ。でも僕らの音楽を聴いてくれる人って、その隠してる部分も見ようとしてくれるんです。みんな深読みしてくれるし(笑)。


Q.「narimi」というタイトルも色々深読みするんじゃないですか?

椎木:そうなんですよ。逆から読んで「意味いらん」とか「いまいらん」っていう女の子と付き合ってるとか(笑)。凄い角度から深読みしてくれるんです。何の捻りもないタイトルなのに(笑)。


Q.どんな意味なんでしたっけ?(笑)。

椎木:言わないですって(笑)。


Q.あははは。でも自分の作ったものをそうやって考えたり掘り下げたりしてくれるのって。

椎木:凄く嬉しいですよね。やってて良かったと思いますよ。


Q.楽曲についてですが、以前は歌を聴かせることを重視したシンプルなアレンジの印象があって。でも今作はベースもドラムも凄く主張していますよね。その上で歌が一番前に出てくるような。

椎木:それはツアーでの経験が大きいと思います。僕ら、ずっとツアーしているんですけど、レーベルの先輩のNOAとは100本くらい一緒にやっていて。その影響は大きいですね。あとはレコーディングで大阪にいることが多いんですけど、JELLYFiSH FLOWER'Sのレコーディングにお邪魔して「松尾さん、こうやってるんだな」とか。でも真似するんじゃなくて「あの人がこうやってたからこうしてみない?」って感じなんですけど。恵まれた環境です。


Q.レーベルの先輩からの影響が大きいようですね。

椎木:THE NINTH APOLLOで良かったです。東名阪ワンマンも社長が「やろうよ」って言ってくれてやるし。打ち上げが楽しくなさそうですけど(笑)。名古屋はソールドアウトしてるんですけど調子に乗らないで地に足付けてやりたいですね。


Q.では最後にメッセージをお願いします。

椎木:これで駄目ならもう駄目だと思っています。あと、もうちょっとモテたいです。チヤホヤして下さい(笑)。


My Hair is Bad:
椎木知仁(Gt.Vo)
山本 大樹(Ba.cho)
山田 淳(Dr)

【HPアドレス】
http://www.myhairisbad.com/

アルバムジャケット

My Hair is Bad
NEW ALBUM
narimi
TNAD-0056

NOW ON SALE

¥2,400 (Tax in)

「narimiリリースツアー」東名阪ワンマンシリーズ

12月5日(金)東京TSUTAYA O-Crest
12月7日(日) 栄Party'z
12月21日(日)大阪BRONZE

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993