PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
Unblock
大阪寝屋川発の日本語ロックバンドUnblockがTHE NINTH APOLLOから1stミニアルバム「いつかのいいわけ」をリリース。何気ない日常を切り取った歌詞は何か特別な世界の物語ではなく、何処にでもあるようなありふれた毎日の歌。だからこそ誰もが共感出来るのだ。そしてリスナーにそっと寄り添ってくれる。メロコアを経由した疾走感のあるギターロックサウンドも歌詞の世界観を助長。Unblock、今後確実にシーンを代表するバンドになるであろう。

Q.Unblockはどのように始まったバンドなのですか?

田口:僕と中くんが前やっていたバンドが解散したタイミングで、高校の後輩の大と企んで結成しました。という認識ですが、あんまり覚えてないです。

大:僕が大学でメンバーを見つけられずに困っていて、前身バンドを辞めてうろうろしてた田口に声をかけて、あんまりやる気ないところを半ば無理やりやってもらったところから始まりました(笑)。そこから、田口が前身バンドのメンバーの中くんに声をかけて今の3人になった、って感じです。

中:初めからこの3人でしたが、当初の僕はあんまりバンド熱がなくなっていてサポートでした(笑)。


Q.結成にあたってバンドの方向性はどのようなものをイメージしていましたか?

中:本当の初めは今とは全然違って英語で歌ったり2ビートばっかりでした。でもだんだん田口が思いを伝えたくなって、日本語が増えて、8ビートになって。方向性はガラッと変わったと思います。

田口:できるだけ気持ちとか伝わるような日本語を選んでおります。

大:いい歌うたってるギターロックって感じです。


Q.みなさんのルーツはどのような音楽なんですか?

田口:LOST IN TIME、BUMP OF CHICKEN、SHANK。

大:楽器を始める前から聴いてたBUMP OF CHICKEN、GOING UNDER GROUND、LOST IN TIME、ASIAN KUNG-FU GENERATIONにはかなり影響受けてます。好きなのがあり過ぎて、ルーツとなると迷うんですが、ギターがかっこいいか否かは、かなり大きなポイントです。エモとかポストロックがその点は大好きです。

中:音楽を聴き出したのは高校に入ってからでした。その時はJ-POPの所謂メジャーな曲ばっかり聴いてました。情報源がテレビだったんで(笑)。軽音楽部に入ってELLEGARDENとかGOOD 4 NOTHINGとかマキシマムザホルモンとかを聴き始めて、田口が持ってきたSHANKに2人して心奪われてメロコアを始めました。それがレーベルの先輩になるなんてあの時は想像もしなかったです(笑)。


Q.THE NINTH APOLLOからのリリースはどのような経緯があったのですか?

中:バンドを始めたときから寝屋川VINTAGEというライブハウスに出ていて、そこで出会ったしょーたくんというブッキングのお兄さんが実はDay tripperのスタッフをしていて。そこからDay tripperにとてもお世話になって、あきらさん(THE NINTH APOLLO)に出会って。ナインスのイベントに何度か出させていただいて。僕らは2枚目のDEMO「
日常」を出してツアーに回って、そのファイナルの打ち上げで「Unblock出します!」ってあきらさんに言われて。いきなりのことで3人とも信じてなかったです(笑)。次の日も3人とも「あれって冗談やんな?」ってなってて。そしたらあきらさんから連絡が入って本当なんだと。それでも半信半疑でしたけど(笑)。

大:その日のライブ中全員が、THE NINTH APOLLOのバンドのTシャツを着ていたのが、決め手だったような気がします(笑)。


Q.今作「いつかのいいわけ」はどのようなアルバムになりましたか?

田口:個人的には思い悩む夕方から始まって、何かが開けた朝9時とかに向かっていくイメージです。あと結成当初から今までの曲が入ってるのでベストアルバムです。ベストアルバム2に向けてがんばります。

大:いい意味で、幅広い人に受け入れてもらえる1枚やと思います。さみしい時も、楽しい時も、聴いてくれる人に寄り添ってくれる、そんな1枚です。

中:凡人3人が、背伸びせず、飾らず、ただありのままの僕らの日常を音楽にしただけです。でも、それだからこそ聴く人の気持ちにそっと寄り添える、響く、そんなアルバムになったと思います。


Q.確かに歌詞からは日常の何気ない出来事を切り取ることでそこに物語が生まれるような、そんな感覚を覚えました。

田口:多分とてもなよなよしているけど誰にでも起こり得る心情を歌ってると思います。聴く人の心にできるだけ近い距離感で歌えればと思っております。


Q.サウンド面での拘りがあれば教えて下さい。

大:メロコアを普段聴く人には少し受け入れられにくい感じのサウンドを意識しているかもしれません。でも、ギターロック好きにも、メロコア好きにも受け入れられるようなサウンドになるように拘ってます。

田口:歌が潰れない程度で、でっかい音が好きです。


Q.夜中って色んなことを考えるじゃないですか。僕もそうで。そんな夜から朝に変わる時間帯にM-8「日常」を聴いたら自然と力が湧いてきたんです。そうやってUnblockの歌詞に背中を押してもらっている人は多いと思います。

田口:ありがとうございます。聴く人の言葉は素直に力になります。僕らの曲が誰かに響いて、誰かに響いたことが僕らに返ってきて、良い循環だと思う。まさに理想像。ライブハウスで会いたいです。


Q.ではリスナーにメッセージをお願いします。

田口:ライブハウスで会いたいです。

大:しんどい時とかがんばりたい時とか、いつでもライブハウスで待ってるので、遊びに来てください!待ってます!!

中:朝起きて仕事に行くとき、電車に揺られて通学するとき、日が沈み帰宅するとき、何もなくゴロゴロしてるとき。そんなありふれた時間の中で僕らの音楽がそっと寄り添えたなら。そんな思いを込めて作りました。ぜひ聴いて、ライブハウスで会いましょう。


Unblock:
中健人(Dr) 田口卓磨(Vo.Ba) 中村大(Gt.Vo)

【HPアドレス】
http://unblockxtnaxneyagawa.jimdo.com/

アルバムジャケット

Unblock
NEW ALBUM
いつかのいいわけ
TNAD-0055

NOW ON SALE

価格:1600円(+税)

"いつかのいいわけ"ツアー

11/8寝屋川VINTAGE
11/10八王子RIPS
11/11甲府KAZOO HALL
11/13町田SDR
11/14下北沢SHELTER
11/18心斎橋BRONZE
11/21神戸太陽と虎
11/22岡山CRAZY MAMA 2nd ROOM
11/24徳島 CROWBAR

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993