PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
ZOO THE ANNUAL PASSPORT
名古屋で活動する「ズーパス」ことZOO THE ANNUAL PASSPORTがとんでもなくかっこいい。「目立ちたい」「モテたい」という高校生らしい衝動から結成された彼らは、活動を重ねメンバーチェンジを経ることで成長し、2014年はその活動の視野を広げ自主企画の開催、ラジオで楽曲がオンエアされるなど、着実と前に進んできた。そして完成したのがシングル「トライアングル/エレキショック」だ。対象的であるこの2曲からはバンドの様々な音楽要素を感じることが出来る。大いなるポテンシャルを秘めたバンド、ZOO THE ANNUAL PASSPORTに注目して欲しい。

Q.どのように結成したのですか?

ヨコイ:元々高校の頃にそれぞれ違うバンドをやっていて。

宥介:僕はタカユキ(ヨコイ)の友達と繋がっていたんですよ。その友達が僕のやっていたバンドのライブにタカユキを連れてきたんです。

ヨコイ:そのライブを見て宥介を誘ったんです。

宥介:それで僕とタカユキとその友達と、ベースとドラムを入れて最初は5人で始めたんです。現メンバーで残っているのは僕とタカユキだけですけど。黒堂とは大学で出会いました。でもドラムが決まらなくてサポートでやっています。


Q.宥介君を誘いたいと思ったライブはどんなライブだったのですか?

宥介:高校の卒業ライブですね。モテたくて始めたコピーバンドなんですけど(笑)。やってた曲もバラバラで、ASIAN KUNG-FU GENERATION、Mr.Children、スピッツ、RADWIMPS、ELLEGARDENっていう。楽器を触ったことがあるくらいのメンバーと。

ヨコイ:でも宥介の歌が本当に凄くて。こんなに歌が上手い奴が日本にいるんだって思ったんですよ。

宥介:何処にでもいるでしょ!(一同爆笑)


Q.それくらい衝撃だったんですね。

ヨコイ:はい。とにかく宥介の声に惚れて、一緒にバンドをやったら凄いことになるって思ったんです。そういう思いだけで走り出したので特に「こうなりたい」とか「こういう音楽をやりたい」っていうのはなく、とにかく一緒にやりたくて始めました。


Q.なるほど。ちなみにみなさんのルーツはどういう音楽なんですか?

宥介:僕はサッカーの送り迎えの車の中でお母さんに聴かせてもらっていたサザンオールスターズとSMAPのような90年代のJ-POPがルーツですね。バンドをやろうと思ったのは特に誰かの影響とかではなくて高校の文化祭で目立ちたかったからです(笑)。

ヨコイ:僕もお母さんの車で宇多田ヒカルやSPEEDを聴いて育ちました。楽器を始めたのはGLAYのJIROさんを見て「僕もベースを弾きたい」と思ったのがきっかけです。今、ギターなんですけど(笑)。

黒堂:僕は中学の頃はジャズっぽいヒップホップをよく聴いていました。バンドに興味を持ったのはストレイテナーの存在が大きいですね。

宥介:個人的なルーツの違いが良い感じに交差して僕らの音楽性になってると思っています。


Q.楽曲の展開、各パートのせめぎ合い、歌の艶っぽさ、どれもが抜群のバランスで交差していますよね。

宥介:そうやって言ってもらえるのは凄く嬉しいです。全員が主役でありたいんですよ。最初の頃はお互いの個性がぶつかって邪魔し合ってたんですけど、最近はお互いがお互いを意識していて。特に今回のシングルは押す部分と引く部分のバランスがしっかり出来ていると思います。


Q.今作に収録されている「トライアングル」と「エレキショック」は対象的な曲ですよね。

ヨコイ:対極な2曲ですね。「トライアングル」は世間に訴えかけるようなメッセージ性を重視している曲だし、「エレキショック」は各メンバーがそれぞれの技をとことん出し合った曲で。その2面性がこのシングルで伝われば嬉しいです。


Q.この2本の柱がバンドの支柱になっていると。

宥介:それがまだまだあるんですよ(笑)。軸はしっかりありつつ、曲の数だけ柱があるようなバンドを目指したいんですよね。


Q.ではこのシングルで見れる顔はバンドの一部でしかない?

ヨコイ:「まだまだ持ってんぞ!」って(笑)。

宥介:その方がワクワクしませんか?

ヨコイ:個人的にはアルバム100枚分くらいのアイディアはあるので。死ぬまでには全部出し切りたいですね。

黒堂:だから客観的に見たら理解し難いバンドかもしれません。掴めないバンドっていうか。どのバンドも代表曲ってあるじゃないですか。でも僕達はどの曲も違うのでどれが本当の僕らなのか分からないかも(笑)。でも、だからこそ飽きさせない自信もあって。それが僕らの個性だと思っています。


Q.「エレキショック」とか、1曲の中でもバンドの色んな顔が見えますからね。

ヨコイ:変幻自在が座右の銘なんです。何にでも化けれるというか。自分でもコントロールしきれていない部分もあるんですけど(笑)。


Q.バンドの目指していることって何かありますか?

宥介:大きい目標はありますけど、同時に現実的な目標もあって。そのどっちも実現させていけるように活動していきたいです。

ヨコイ:5大ドームツアーってアイドルや韓国アーティストしかやってないじゃないですか。僕はバンドでそこに踏み込みたいんです。叶うか叶わないかは分からないけど挑戦は出来るので。いつか成し遂げたいって本気で思っています。

黒堂:僕はSAKAE SP-RING に出たいですね。

宥介:FREEDOM NAGOYAにも出たい。

黒堂:名古屋で活動しているので名古屋のフェスには出たいです。

宥介:「名古屋といえばZOO THE ANNUAL PASSPORT」って言ってもらえるくらいまではいきたいですね。

ヨコイ:もっと視野を広げて発信していきたいですね。早く僕達を見つけて下さい(笑)。

宥介:世間的にはバンドはうるさくてJ-POPは聴き易いイメージがあると思うんですよ。僕はどっちも好きなのでその壁を壊したいです。そのためにも変幻自在な声と楽曲を武器に突き進んでいきたいです。


ZOO THE ANNUAL PASSPORT:
宥介(Vo) ヨコイタカユキ(Gt) 黒堂巧(Ba)

【HPアドレス】
http://zoopass.wix.com/zoopass

アルバムジャケット

ZOO THE ANNUAL PASSPORT
NEW SINGLE
トライアングル/エレキショック
STR-5089

NOW ON SALE

¥500(税込)

Live Schedule

11/6(木)新栄APOLLOBASE
11/26(水)池下CLUB UPSET

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993