PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
KANA-BOON
KANA-BOONが「DOPPEL」から約1年3カ月振りとなるメジャー2枚目のフルアルバム「TIME」を完成させた。「結晶星」「フルドライブ」「生きてゆく」「シルエット」といったシングル曲を含めた全12曲を収録した今作は、バンドの経験や成長を時間軸で感じることが出来る作品となっている。アルバムのリリース後には東名阪で「KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜クアトロだってばよ!編〜」を開催、そして3月には大阪城ホール、日本武道館で単独公演「KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜夢のアリーナ編〜」を行う彼ら。更なる飛躍の年になるであろう2015年もKANA-BOONから目が離せない。谷口鮪、飯田祐馬に話を訊く。

Q.2014年はKANA-BOONにとって充実した年だったのでは?

谷口:本当に濃い年になりましたね。1年間を振り返ったときに自分で「頑張ったな」って思えることって今までそんなになかったんですけど、そう思えるってことは充実した1年間を過ごせた証拠だと思います。

飯田:4月に上京して、随分状況は変わりましたね。それまではバイトもしていましたし。それまでは生活の一部にKANA-BOONがあったんですけど、今はKANA-BOON中心の生活になったんですよ。なので僕個人の話ではKANA-BOONの年になったなって。


Q.環境や状況が変わることで音楽に対する向き合い方に変化はありましたか?

谷口:音楽への取り組み方が変わりましたね。音楽から見た自分が変わったというか。曲を作る上で、これまでも僕にとって音楽は必要なものだったんですけど、生まれる音楽からしたら僕らで良かったのかなって思っていたんですよ。音楽から見たらどういう存在なんだろうって。でもM-10「シルエット」が出来て、アルバムも完成して、音楽が僕らを選んでくれたような気がしたんです。曲が僕らを選んで来てくれた感覚。そこが大きく変わりましたね。自分達は必要なバンドなんだと思えるようになったんです。


Q.ターニングポイントとなる1年だったと。

谷口:そうですね。今までとは明らかに違う年でした。


Q.その経験はアルバムにも如実に表れていますよね。バンドの過ごしてきた時間や成長を時間軸で感じることが出来る作品だと思いました。

谷口:まさに今回は「時間」がテーマになっているアルバムで。まず「シルエット」が出来たことでアルバムの全体像が見えたんですよ。さらにシングル曲が4曲入っている中でアルバムとしての一貫したテーマを持っておきたくて「時間」をテーマに置いたんです。過去の自分、過去の僕らから見た今の自分、今の僕らが見た未来の自分を想像して作りました。デビューして、凄い環境の中でバンドをやっている今の僕らがいて、全てを乗り越えた上で出来た「シルエット」があって。そこには時間が大きく関係しているんですよね。流れていく時間の中で思うこと、意識の変化をテーマに作ったアルバムなんです。

飯田:1stアルバム「DOPPEL」はそれまでのKANA-BOONを詰め込んだアルバムだったんですけど、「TIME」はメジャーデビュー以降のKANA-BOONがよく表れていて。色んな経験がなかったら辿り付けなかったと思います。あと「シルエット」を軸にして出来た作品なのであの曲が出来たことを褒めてあげたいですね。


Q.「シルエット」がアルバムの中心にあるんですね。

谷口:アルバムの中心でもあるしバンドの転期でもあって。理想のど真ん中というか。目まぐるしく時間が過ぎていく中、このタイミングで生まれたことも奇跡だなって思うんです。普通、年数を重ねないと出来ない曲だと思うんですよ。それが今のタイミングで作れたことはバンドにとって凄く大きくて。「シルエット」がアルバムや僕らを照らしてくれたんですよね。


Q.「シルエット」はアニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」のオープニングテーマにもなっていますが感慨深かったのでは?

谷口:メジャーデビューと同じくらい大きな夢だったので嬉しかったですね。僕ら小学生の頃からNARUTOの大ファンで。昔から初めてのタイアップはNARUTOって決めていたんです。NARUTOのテーマ曲ってASIAN KUNG-FU GENERATIONやサンボマスターが歌っていて、そこにも憧れていたんですよね。なのでデビューしてからも「タイアップに興味ある?」って話になると「絶対NARUTO!」って言っていたんです。長いスパンで見ていた夢が叶って本当に嬉しかったです。


Q.オンエアを拝見しましたが歌詞とアニメーションのリンクが滅茶苦茶かっこ良かったです。

谷口:曲を作ってる段階でイメージしていた通りのアニメーションで凄く感動しました。メンバーとスタッフでオンエアを見た時は泣きそうになりました(笑)。

飯田:小学生の頃に戻ったみたいに感動しましたね。


Q.大人になっていくNARUTOとバンドの成長をリンクさせることは?

谷口:それはずっとありました。NARUTOと出会ってから、大人になっていく彼を見て刺激を受けてきたし、「なにくそ!」って思いながら自分を曲げない姿勢で世界に立ち向かう部分など、シンクロする部分が沢山あって。そういう気持ちで書いたので「シルエット」は純粋に出来たんだと思います。


Q.NARUTOにおける師匠のような存在はKANA-BOONにもいましたか?

谷口:ライブハウスですね。僕らは大阪時代、三国ヶ丘FUZZを拠点に活動していたんですけど、そこでバンド活動とは何かを教わったんです。三国ヶ丘FUZZで学んだことは自分達の中でずっと大切にしていきたいですね。僕が「シルエット」で思い出すのはいつもそこです。


Q.M-4「結晶星」は三国ヶ丘FUZZで活動している頃からやっている曲ですよね?

谷口:そうですね。FUZZのステージから未来を思い描きながら歌っていた曲です。


Q.当時と今では歌っている感覚や意味合いは変わりました?

谷口:随分変わりましたね。「結晶星」は夢が叶うことを立証した曲なんですよ。今は「夢を叶えた奴もおるんやぞ」って気持ちで歌っていて。


Q.当時は自分自身の背中を押す曲だったと思うんですよ。それが今は誰かの背中を押す曲になっていて。

谷口:はい。音楽って面白いですよね。この曲は飯田が入る前から歌っているんですよ。飯田:当時、僕も元気をもらっていましたからね。今回、改めてレコーディングしたことでやっと自分の曲になった感覚もあります。アルバムで「結晶星」を聴いたら今のKANA-BOONだから届けられる曲になったと思ったんです。改めて背中を押されたし、戦ってるなって。


Q.戦っているバンドの強い意志はM-6「フルドライブ」にも表れていますね。

谷口:その気持ちは強くあります。誰に対しても自分に対しても負けたくない気持ちはずっとありますね。

飯田:デビューして、キャリアとか全く関係ない状態で戦わなきゃいけない中、焦りもあったけど負けたくない気持ちはどんどん強くなっていきます。「フルドライブ」は僕らの得意技のような曲なんですけど、この曲が受け入れてもらえることでそこに自信も付きました。


Q.そこに辿り着くには犠牲にしなければいけないこともあって。それが歌われたM-7「生きてゆく」は覚悟と決別の曲ですよね。

谷口:失ったものも少なくはないですね。無くしたものや離れていってしまった人のおかげで今があるので。ネガティブなことを歌っているようだけど今はこれで良かったと思っているんですよね。


Q.「DOPPEL」の頃からそこは歌ってきていると思うのですが、以前と変わったのはしっかり前を向いていることだと思いました。決意表明とも受け取れるなって。

谷口:曲で区切りをつけるというか、曲に教えてもらうこともあって。「生きてゆく」ではそれがバシッと出ていると思います。


Q.今のKANA-BOONだから歌える未来を見据えたM-12「パレード」がアルバムのラストを飾るのもグッときます。

谷口:「パレード」は案外近い未来を歌った曲で。3月の大阪城ホールや武道館のステージに相応しい曲を作りたかったんですよ。節目の曲というか。そこに辿り着くまでのかつての自分、音楽と出合ったときの自分、茨の道を行く決意をした今の自分がいて、その自分が「僕はここに立っている」って歌っている。3月の大舞台のステージを思い描きながら書いた曲なんですよね。胸を張って歌えるし本当に良いアルバムが出来たと思っています。


Q.2月のクアトロツアー、3月のアリーナツアーはどんなものになりそうですか?

谷口:クアトロ3公演は近い距離感でのライブなので楽しみですね。それを経てのアリーナ公演はアリーナという規模感でライブハウスと同じように届けるという課題もありつつ、ライブハウスとは違った面白さを楽しんで欲しいので是非家族連れや親子で遊びに来て欲しいです。そういう声も頂くので。普段ライブハウスに行かないような人が僕らのアリーナ公演が初めてライブを見る場所になったら嬉しいなって思うし。間口を広げてくれる2日間になると思います。そこからまた未来が想像出来るような、そんなツアーにしたいですね。


Q.地元の大阪での大舞台は見てもらいたい人も多いのでは?

谷口:飯田は姉ちゃんに見せたいんちゃう?

飯田:姉ちゃんの子供が明日生まれるみたいなんですよ。赤ちゃん用の耳あてをして一緒に来て欲しいですね。家族連れが来てくれるようなバンドというか、町で流れていても違和感のないようなバンドになれたら嬉しいですよね。大衆音楽というか。

谷口:狭い枠に捉われるバンドにはなりたくないんですよ。でもただ幅広くっていうのではなく、音楽を評価してもらえた上で広がっていったら嬉しいです。あと小学生が初めて聴いたバンドがKANA-BOONってなったら嬉しい。

飯田:それめっちゃ嬉しいな。

谷口:意味のある広がり方が出来たら良いですね。


Q.楽しみにしています。では最後にメッセージをお願いします。

谷口:何回聴いても飽きないアルバムになりました。アルバムのテーマに沿ったジャケットになったし、歌詞も力を込めて書いたのでCDという物として大切にしてもらえたら嬉しいですね。是非買って下さい。そして友達に勧めて下さい(笑)。

飯田:僕が描いている「どうでもいいオマケ」と呼んでいるステッカーも楽しみにしていて下さい(笑)。

谷口:あのこざかしいステッカーな(笑)。

飯田:一部の小学生には妖怪ウォッチと同じくらい人気と噂のステッカーです(笑)。あとDVDにはワンマンとドキュメントが収録されているので僕らの人間らしい面も見て貰えると思います。妖怪ウォッチより面白いものを見せるので(笑)。

谷口:言うたね。無理やって、妖怪ウォッチ面白いもん(笑)。

飯田:それはライブに来てくれたら分かると思います。(一同爆笑)


KANA-BOON:
谷口鮪(Vo./G.)、古賀隼斗 (G.)、飯田祐馬(Ba.)、小泉貴裕(Dr.)

【HPアドレス】
http://www.kanaboon.com/
http://kanaboon.jp/

アルバムジャケット
【初回生産限定盤】


【通常盤】

KANA-BOON
NEW ALBUM
TIME

2015年1月21日(水) SALE

初回生産限定盤【CD+DVD】
KSCL 2533-2534 ¥3,700(+税)

通常盤【CD】
KSCL 2535 ¥2,700(+税)

Live Schedule

「KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜クアトロだってばよ!編〜」
2月23日(月)梅田クラブクアトロ
2月24日(火)名古屋クラブクアトロ
2月26日(木)渋谷クラブクアトロ

「KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜夢のアリーナ編〜」
3月23日(月)大阪城ホール
3月31日(火)日本武道館

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993