PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
PUFFER COD
2013年5月に結成されたメロディックパンク、ポップパンクバンドPUFFER COD。結成当初は男のみの3ピースバンドであったが結成から2ヶ月後に柴田いおりをベースボーカルに迎え4人体制で本格的に活動を開始。その後、メンバー脱退を経て現在の体制へ。結成から僅か1年強、数々のイベントへの出演や自主制作音源「Unfinished Album」のリリースなどその活動は活発に。90年代メロディックを思わせる音楽と特徴的な歌声は中毒性高め。そして2015年1月、2nd Limited Single「SO HOT, SO COLD」をリリース。SpecialThanks、Sandy Beach Surf Costerに続き名古屋のガールズパンクシーンを引っ張るバンドになる日も近い!?

Q.PUFFER CODは所謂ガールズメロディックパンクバンドだと思うのですがどのようなバンドに影響を受けているのですか?

柴田:私はSpecialThanksですね。あとはSandy Beach Surf Coasterも大好きです。

丸山:音楽を始めたきっかけはBEAT CRUSADERSです。今はBACK LIFTに影響を受けています。

中島:僕は元々Jポッパーだったんですよ。高校で青春パンクを聴くようになってバンドに興味を持つようになりました。


Q. 楽曲からはメロコアとパワーポップの要素を感じますが、自身ではどういうバンドだと思っていますか?

柴田:それがまだ分からなくて探しているんですよ。

中島:「パワーポップとメロコアを足した感じ」とよく言ってもらえるんですけど、言われて初めて「そうなんだ」って。


Q.意識的にやっている訳ではないんですね。あと歌も個性的ですよね。いおりちゃんの歌って所謂ガールズメロコアの影響だけではないと思うんですよ。

柴田:そうなんですよ。元々私はJUDY AND MARYやaiko、最近だとSHISHAMOのような可愛い女の子の歌が好きなので。


Q.そういうガーリーな部分は歌だけじゃなくて、例えばファッションだったり見せ方にも出ていますよね。突き詰めればポップアイコンに成り得ると思う。

柴田:憧れですね。そのためにも出来るだけ女子力を上げたいです(笑)。


Q.どのような歌詞を歌っているのですか?

柴田:そのときそのときの気持ちを歌うことが多いですね。「Unfinished Album」は失恋したときの気持ちを書いた曲だし「Puff Cream」はベッドでゴロゴロしながら書いた曲だし。


Q.「Puff Cream」はザ・女の子な歌詞ですよね。男には絶対書けない。

丸山:書けないですね(笑)。


Q.曲作りはどのように行っているのですか?

柴田:曲によってバラバラです。コードやメロディーだけ作ったり、全部作ったり。私が書く曲もあれば。

丸山:僕が書く曲もあって。


Q.曲を作る上で意識することは?

柴田:絶対何処にもないようなメロディーを曲に持っていくことを意識しています。

丸山:僕はそのときそのときにハマっている音楽の要素を曲に持っていきます。だから統一感がないのかもしれません(笑)。


Q.今作「SO HOT, SO COLD」は4曲でPUFFER CODの色んな面を知れるバラエティに富んだ作品だと思うのですが、それより何より、一瞬で終わるなって(笑)。

丸山:あははは。短いですか?


Q.どの曲も1分強くらいですよね?でもその勢い、好きです。

柴田:ありがとうございます。何回も聴いて下さい(笑)。


Q.何かテーマはありますか?

柴田:先に「SO HOT, SO COLD」っていうタイトルだけあったんですよ。

丸山:「SO HOT, SO COLD」って言葉がパッと思い浮かんだんです。

柴田:それでCOLDだからアイスクリームかなって思って作ったのが「Ice Cream Boy」で。でもHOTは思い浮かびませんでした(笑)。


Q.どういうシングルになりましたか?

丸山:最初は7曲くらい録るつもりだったんです。でも4曲で満足するくらい良いものが出来ました。

中島:前のシングルからバンドのレベルも上がっていると思うのでPUFFER CODの可能性を感じてもらえると思います。

柴田:前のシングルに比べて今回は苦労したんですよ。「Forever Song」は最後まで苦戦しました。でもそれだけ思い入れも強いシングルになりましたね。

丸山:今回のシングルでは「Wishes will be true」がリード曲になっていて。

柴田:あの曲はメロディーだけ私が作って構成やコードや歌詞はネギまる(丸山)が作りました。


Q.その作り方は意図的なのですか?

丸山:自然とそうなったんですよ。前はスタジオでジャムって曲を作ることもあったんですけど。

柴田:大体ボツになるんです(笑)。


Q.あははは。では2枚のシングルを作って次の目標やバンドのビジョンはありますか?

柴田:いけるとこまでいきたいです。PUFFER CODをもっと色んな人に知ってもらいたい。

丸山:僕らは見ての通りゆるいバンドなんですけど、このままの雰囲気で何も変わらずそのまま大きくなっていけたらなって思います。

柴田:よくバンドマンっぽくないって言われるんですけど、それはそれで良いかなって思います。


Q.今回のシングルを引っさげてバンド初のツアーもあるんですよね。

柴田:はい。2015年の1月から3月まで15本くらい色んなところにライブしに行きます。ツアーを成功させてバンドとして成長したいです。


Qではリスナーにメッセージをお願いします。

丸山:PUFFER CODらしさと新しさを両方感じてもらえると思います。是非楽しんで聴いて下さい。

中島:聴いて頂けるだけでも有難いのですが、もしちょっとでも気に入ったらライブに来て欲しいです。

柴田:CDジャケットやロゴのデザインもミュージックビデオも全部自分達でやっているので色んな面からPUFFER CODを味わって下さい。


Q.最後にバンドの意気込みを聞かせて下さい。

柴田:バンドマンらしくなりたいです。

丸山:さっきと言ってることが違う。(一同爆笑)


PUFFER COD:
柴田いおり (いおりン)(Ba、Vo)
丸山竜二 (ネギまる)(Gt)
中島丈晴 (たけファルコン)(Dr)

【HPアドレス】
http://www.music-scene.jp/puffercod/

アルバムジャケット

PUFFER COD
NEW SINGLE
SO HOT, SO COLD
LIVE会場&IMC 限定発売

NOW ON SALE

¥500

"SO HOT, SO COLD" tour

1/16(金) 今池HUCK FINN
1/17(土) 香川 高松TOONICE
1/20(火) 大阪 新神楽
1/21(水) 兵庫 神戸 太陽と虎
1/30(金) 東京 池袋KINGSX

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993