PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
サイフォニカ
2014年、THIS MORNING DAYのちゃんかな、元ペーパードライバーの知多しんを中心に結成されたスリーピースギターロックバンド、サイフォニカ。結成間もなくオリジナルメンバーである初代ベーシストが脱退してしまうも、新たなメンバーとして彩菜を迎え本格的に始動。ファンク、ジャズ、ボサノヴァ、ブルースからの影響をJ-POPに落とし込んだサウンド、劣等感の中に見え隠れする情熱や希望を歌う歌詞世界はリスナーの心の芯に届くことだろう。メンバーの共通点は「根暗」だという彼ら。これまで様々な人生経験をしてきたという。「自分と同じような境遇で悩む人のヒントになりたい」と彼らは語る。心を裸にして彼らの音に触れてみては?

Q.サイフォニカはどのように結成したのですか?

知多しん:去年の12月に僕がやってたバンドがメンバーの就職で解散することになって。僕は音楽を続けたかったから新しいバンドを組むことにしたんです。そのタイミングでかな(ちゃんかな)が声をかけてくれて。

ちゃんかな:高校の頃も一緒にバンドをやっていたんですよ。そのバンドをやりながら、しんたろう(知多しん)はペーパードライバー、私はディスモニ(THIS MORNING DAY)を並行してやっていくつもりだったんですけど、しんたろうが「ペーパードライバーを優先したい」って言い出してバンドを辞めて。でも結局ペーパードライバーも解散してメンバーを探しているっていうから声をかけたんです。


Q.ちゃんかなから誘ったんですね。

ちゃんかな:お互い一緒にやりたいとは思っていたんですけどね。付き合う前のカップルみたい(笑)。

知多しん:その例え(笑)。


Q.あははは。では今の音楽性は高校の頃にやっていたバンドの延長にあるのですか?

知多しん:そういう部分も少しはあるかもしれないけど、僕は大学で音楽の趣味がかなり変わったので基本的には別物だと思っています。

ちゃんかな:前は女の子のベースボーカルだったんですよ。ペーパードライバーでヴォーカルをやったことで変わっていったんだと思います。


Q.なるほど。ちなみに皆さんの音楽ルーツはどんなものなのですか?

知多しん:僕はBUMP OF CHICKENやポルノグラフィティですね。

彩菜:私は小さい頃からクラシックや吹奏楽をやっていました。

ちゃんかな:私はバンドをやるようになって初めてインディーズも聴くようになりました。あとはジャズやファンクも好きですね。そういう音楽がやりたくてサイフォニカを組んだんです。


Q.確かにジャズやファンク、ブルースのエッセンスをJ-POPに落とし込んだような楽曲ですよね。

知多しん:僕はJ-POPしか聴かない人達が色んな音楽を聴く入口になるようなバンドがしたくて。

彩菜:私がまさにそうで、サイフォニカには後から入ったんですけど初めて聴いたときは「自分が聴いてきた音楽とはちょっと違うジャンルだな」って思いました。


Q.彩菜ちゃんとの出会いのきっかけは何だったのですか?

ちゃんかな:同じ専門学校なんですよ。ちなみに脱退した最初のメンバーも専門学校の後輩でした。その子が辞めて、彩菜ちゃんを誘いました。


Q.サイフォニカの活動のイニシアチブはちゃんかなが取っているんですね。

ちゃんかな:そうですね。楽曲はしんたろうなんですけど。


Q.歌詞からは明確なメッセージ性を感じます。

知多しん:僕、基本的に根暗で。中学の頃はあまり学校にも行かなかったんです。そういう時期を経て今があるので、どんなに自分が駄目だと思っても立ち直れるっていうことを歌いたいんです。


Q.それはかつての自分と同じ境遇の人へのメッセージでもあると。

知多しん:そうですね。そういう人って今の社会に沢山いると思うんです。僕は彼らの背中を僕の音楽で押したいんです。

彩菜:私も似たような境遇だったので歌詞には共感します。一見暗い事を歌っているように感じるかもしれないですけど、同じ境遇だった人間からすると「こういう前の向き方もあるんだな」っていう。

ちゃんかな:分かる。私も中学時代はブラックな部分があるので。このバンド、根暗しかいないんですよ。類は友を呼ぶじゃないですけど、みんな凄く似た者同士で。だから歌詞も納得いくしアルバムタイトルもパッと浮かんだものに満場一致で賛成で。


Q.「夕凪」というタイトルにはどういう意味があるのですか?

知多しん:夕凪って、海のある地域で夕方に起きる風が止む状態のことなんですけど、それは毎日一瞬だけあって。それって人生みたいで素敵だなって思ったんです。サイフォニカは夜明けとか夕焼けが似合うと思うんですけど「夕凪」って言葉が浮かんで意味を調べたら僕らにぴったりだなって。

ちゃんかな:漢字にするか平仮名にするかだけ揉めました(笑)。私、何て読むか分からなかったですし。

知多しん:これをきっかけに読めるようになったからいいじゃん(笑)。


Q.バンドの展望はありますか?

知多しん:とにかく沢山の人に知って欲しいです。

ちゃんかな:ディスモニの活動の仕方を見て盗んでサイフォニカに活かして、少しでも沢山の人に届く活動をしていきたいですね。


Q.ちょっと意地悪な質問ですが、知多しん君は高校の頃から一緒にやってきたちゃんかながディスモニで活躍するのをどう感じていましたか?

ちゃんかな:ああ、それ聞きたい。

知多しん:ただただ凄いなって思っていました。とにかくかなには頑張って欲しいと思っていましたし、絶対に凄いことになると確信していました。正直、どんどん置いていかれるなって思うこともあって。だからバンドをやろうって言われたときは嬉しかったですね。現状、僕が足を引っ張っていると思うので、かなに負けないギターヴォーカルになりたいですね。


Q.良い関係性ですね。ではこれからサイフォニカに出会う人にメッセージをお願いします。

彩菜:何かに悩んでいる人は、私達の曲を聴いて、迷ってもいいから少しずつ前を向いて欲しいです。

ちゃんかな:音源を聴いてくれたら是非ライブにも来て欲しいです。

知多しん:毎日暗いことを考えちゃう人は、同じような境遇だった僕のある意味開き直った言葉を聴いて欲しいです。ちょっとでも何かのヒントになったり救えるかもしれない。僕はそのために音楽をやっているので。


サイフォニカ:
ちゃんかな(Dr.Cho) 知多しん(Gt.Vo) 彩菜(Ba.Cho)

【HPアドレス】
http://park22.wakwak.com/~saifonica/

アルバムジャケット

サイフォニカ
NEW SINGLE
夕凪
LIVE会場限定

2015/2/19リリース

1200円(税込)

Live Schedule

1/6@池下UP SET
1/21@新栄APOLLO BASE
1/26@新栄CLUB ROCK’N’ROLL

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993