PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
locofrank

結成から14年。ライブを重ねることでバンドと共に成長・進化し
てきた楽曲を「今」のlocofrankがリレコーディングしたベスト
アルバム「locofrank 1998-2011」のツアーが2012年
6月から7月にかけて決行され、名古屋は今池ボトムラインで
7月5日に開催された。

この日のライブもまさに「ベスト!」なセットリストで、14年間
が走馬灯のように駆け巡りつつも、しっかりと「今」と「ここから」を
感じることが出来た素晴らしいライブだった。

ライブは「survive」でスタート。木下が大きく息を吸いこみ、
目を閉じ、力強く歌いあげると共に湧き上がる大歓声。一瞬でボトムラ
インがlocofrankの世界になった瞬間だった。

「Gold mine」「voyage」「From eighteen」「BE
FULL」と序盤から飛ばしまくりの3人に会場もモッシュとダイブ
で応戦。

その後も「COCONUTS FINE」「Grab Again」
「HAPPY」とオールタイムな選曲に大興奮。シンディー・ロー
パーのカヴァー「TIME AFTER TIME」やSPLITアルバム
「4WAY」に収録されていた「We won't be broken」も披
露。まさにベストアルバムのツアーならではのセットリストだ。

ライブ後半戦は「share」「It's OVER」
「reason」と名曲の嵐。
14年間、locofrankと同じ 時代を生き、
同じ時間を共有してきたであろうキッズ達も感情いっぱい
に拳やモッシュで彼らへの愛を表現。完全に会場がひとつになった。

「まだまだ始まったばかり。力を合わせてやっていこう。」
力強いメッセージと共に本編最後に演奏されたのは「START」
だった。14年間の集大成ともいえるライブの最後の曲が
「START」。本当に最高だ。

アンコールの「ONE(未発表曲)」「CROSSOVER」を含
む全21曲でライブは幕を下ろした。

locofrankが歩んできた14年間の軌跡をライブで感じることが出
来て胸がいっぱいになった。と同時に、「これからも一緒に歩き続けて

いく」と会場にいた全員が思ったであろう。そんな夜だった。

※写真をクリックすると拡大します。

photo

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993