PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
KICK OFF

THE CHILD PLAY PARTY present’s
-KICK OFF THE CARNIVAL vol.1-
THE CHILD PLAY PARTY VS THE GOOD HOPE

2013年7月28日  鶴舞DAYTRIP
出演 THE CHILD PLAY PARTY  THE GOOD HOPE (O.A)Don'tペロリ

名古屋を中心に勢力的に活動するTHE CHILD PLAY PARTYの初となる企画「KICK OFF THE CARNIVAL vol.1」が鶴舞DAYTRIPで開催された。
この日はなんとソールドアウト。THE CHILD PLAY PARTY とTHE GOOD HOPEという若き衝動のぶつかり合いをその目で確かめようと会場であるDAYTRIPは超満員の熱気で包まれていた。
オープニングアクトのDon'tペロリが会場を温めると、先攻のTHE GOOD HOPEが登場。「ロックンロールは好きだよなあ!!?」というナツキ(Vo)の魂の叫びに応えるように一気にヒートアップする会場。若者の混沌とした悩みや葛藤を歌うことでそれが希望となるような、そんな熱いメッセージを感じる歌が真っ直ぐに胸に刺さる圧巻のライブだった。「ロックを突き詰めていきたい」満員の会場にそう言い放った彼らの今後に大いに期待が持てるライブを見せてくれた。
そして後攻THE CHILD PLAY PARTYのライブが始まるやいなや「楽しむ準備は出来ているか!?」とステージから投げかける。最高の夏祭りが幕を開けた瞬間だった。畳み掛けるように披露されるエッジの効いたナンバーはロックンロールそのもの。ロックンロールの持つヒリヒリした感情を爆発させたストレートなライブに応えるように力強く握った拳を掲げる満員の会場。その光景にケイゴ(Vo、Gt)も「結成から2年、ようやく初めて企画が出来た。日々の努力が届いたんだと思う」と誇らしげにMCで告げていた。「全力でやればいつか目標は叶う」ライブ中、何度も言っていたその言葉が忘れられない。

THE CHILD PLAY PARTYもTHE GOOD HOPEもこれからのバンドだ。誤解を恐れずに言うが、決して有名でもなければ売れているバンドでもない。ただ衝動と希望と信念を胸に持ってさえいれば、ロックンロールの神様だって大きく拳を掲げてシンガロングしちゃうってことを証明した、そんな夜だった。


※写真をクリックすると拡大します。

photo photo photo photo photo
photo photo photo photo
Photo byKEIJI TSUGITA

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993