PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
noodles

2013年9月8日 新栄CLUB ROCK’N’ROLL
noodles MAKE UP TO BREAK UP TOUR

初のカヴァーアルバム「MAKE UP TO BREAK UP」をリリースした
noodlesのツアー「MAKE UP TO BRAK UP TOUR」の初日公演が
名古屋は新栄CLUB ROCK’N’ROLLで開催された。
アルバムに収録されている10曲のカヴァー曲全てが散りばめられた
今回のツアーならではのスペシャルなセットリストに、
集まったオーディエンスもご満悦。音楽の楽しさが会場に充満していた。

ライブはアルバムの1曲目でもあったPixies「Wave of mutilation」からスタート。
掻き鳴らされるギター、ずっしりしたビートとリズム、Yokoの歌…。
一瞬、カヴァーであることを忘れるくらいnoodlesの曲、noodlesのライブだ。

その後もBlood red shoes「Down Here In The Dark」やWEEZER「Photograph」といったnoodlesらしい楽曲から、
BUCK-TICK「LOVE ME」やYMO「NICE AGE」といった意外な曲まで次々とカヴァーしていく彼女達。

勿論カヴァーだけでなく、「HUSH BELL」「Booster」などのオリジナル曲も披露。
そして、まるでオリジナルであるかのように10年以上に渡り演奏されてきた、ちゅうぶらんこ「つまんない」は
この日もオリジナルであるかのように演奏(笑)。
この曲の音源化をみんなが心待ちしていたことは、ライブを見ながら一緒に歌っている
オーディエンスを見て物凄く伝わってきた。

そして本編最後は結成20周年を記念して発表された名曲「We Are noodles From Sentimental」で締めくくられた。

アンコールではTracy Ullman「Breakaway」のMusic Videoで着用していた金髪のカツラで現れたメンバー。
これが可愛い…!!あまりの可愛さに、会場からもついつい声が漏れる。
照れまくるメンバーもまた可愛いかった…(笑)。

「Breakaway」のカヴァーもnoodlesにぴったり!
これまで沢山のアーティストの「Breakaway」カヴァーを聴いたが
noodlesがベスト・オブ・ブレイクアウェイでしょう。
Wアンコールは「Ingrid said」。
トータル20曲があっという間に感じたライブだった。

「カヴァーアルバムは最初で最後!」と取材時メンバーは言っていたけれど、
次はどんなカヴァーが聴けるかを楽しみに、

これからもライブを見続けたいと思った夜だった。


※写真をクリックすると拡大します。

photo photo photo photo photo
photo photo photo photo

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993