Loading the page...

ASIAN KUNG-FU GENERATION

 

結成20 周年を迎えたアジカンことASIAN KUNG-FU GENERATION。記念すべきアニバーサリーイヤーとなった2016年は「Right Now」「Re:Re:」「ブラッドサーキュレーター」と精力的にシングルを発表。そして11月、2004年にリリースした自身のセカンドアルバム『ソルファ』を全曲再レコーディングした新生ソルファともいうべき作品が12年の時を経てリリースされる。「サイレン」「ループ&ループ」「リライト」「君の街まで」などメンバーだけでなくリスナーの思い出ともリンクせざるを得ないほど僕らの毎日に寄り添い続けてきた名曲たちが現在のアジカンの体力とスキルをもってリアレンジすることでどのように生まれ変わったのか。新生『ソルファ』は勿論、年末年始にかけて開催される全国アリーナツアーも含め、アジカン結成20周年を盛大に祝福したい。

 

Q.今年は結成20周イヤーでしたが、結成当時のことは覚えていますか?

後藤:最初は大学の軽音楽部の集いでしたね。そこで喜多君と意気投合して、山ちゃんも誘って組んだバンドがアジカンです。潔とはそんなに仲良くなかったけど当時のドラムが辞めて入ってきました。俺は自分の曲をバンドでやりたくてメンバーを探すために軽音楽部に入ったんですよ。「BANDやろうぜ」とかに「当方Vo、Gt。ヤンキー不可」とか書いて送ろうかとも思ったけど(笑)。

 

Q.アジカン結成後はライブハウスでの活動がメインになっていった?

後藤:活動って言っても週に1回くらいスタジオに入って、たまにライブするくらいでしたけどね。1回ライブをするとノルマで1人1

円はかかるから「ディズニー行けるくらい金かかるな」って思っていましたし(笑)。

 

Q.活動を続ける中でバンドの転機となったのはいつ頃なのでしょうか?

後藤:就職したのが大きかったんじゃないですかね。メンバーそれぞれ自分の仕事を持つようになったことで、どうやって年老いていくかみたいなことを意識するようになった。俺は仕事も嫌いじゃなかったけど、音楽でやれるとこまでやってみたかったし、挑戦した上で駄目なら駄目で諦めれるなって。

山田:僕は会社を辞めてバンドでやっていく決断をしたのが個人的には転機でした。自主制作で作ったCDのリアクションを肌で感じていましたし。

喜多:僕は結構忙しい会社に就職したのであまりバンドが出来なくなって。ちょうどこれからどんどんライブをやっていこうって時期だったからバンドに迷惑をかけた記憶があります。それで自分自身はどうしていきたいのか問いかけた結果、デビューすることや売れることより、まずバンドを自分が満足するまでやりたいと思って。

後藤:建さんはバンドで売れることより冷蔵庫を売りたかったもんね(笑)。

喜多:あははは。だからバンドの運営はゴッチや山ちゃんに任せて、なんとか付いていくのに必死でした。

伊地知:僕の転機はみんなと少し違って、当時僕は一度アジカンを脱退してるんですよ。1年くらいで戻ったんですけど、しばらくはサポートのような立ち居地でしたからね。バンドにも入り込めてなかったし。だから個人的な転機はもうちょっと後ですね。

 

Q.それが「崩壊アンプリファー」以前の話ですよね。

後藤:そう。少しずつ動員が増えてきて「崩壊アンプリファー」をリリースして、状況が段々変わっていく中で「これ、うまくいけるかも」って時期。だからって売れてた訳じゃないし、メジャーが決まったときにやっとスタートラインに立った気がしたんですけど、長いビジョンで目標があった訳じゃないし、どうやっていいかは模索していましたね。どうやったら建さんが冷蔵庫よりバンドを売る気になるかとか(笑)。

 

Q.メジャーデビューしリリースを重ねる中でバンドの状況が変わっていくことに対する戸惑いはあったりしました?

後藤:ありましたね。でも横浜に住んでる限り大丈夫だと思っていました。東京に住んだらミュージシャンじゃなくなっちゃう気がしてたんですよね。バンドがやりたいだけで別にチヤホヤされたかった訳じゃなかったんだけど、売れたら凄くチヤホヤしてくる人が出てくるから。そういう居心地の悪さは半端なかった。売れるって大変なことだなって。

 

Q.芸能人になりたい訳じゃなくてただバンドがしたいと。

五党:そうそう。そういう状況を受け入れてやっていく野心を持ってる人って凄いなと。それより俺は曲だけ売り込んで欲しいって思ってたから。そういう意味では横浜から出なかったのは正解だったと思う。横浜にいたから邪念なく音楽に没頭出来たんじゃないかな。

 

Q.今回12年のときを経て『ソルファ』が再録された訳ですが、今振り返ると『ソルファ』を出した頃のバンドはどんな状態でした?

後藤:達成感はありましたね。「サイレン」と「ループ&ループ」が出来たときはマジカルがバンドに起きてると思ったし、同世代や若いバンドの中でも突出したものが出来たんじゃないかっていう自信はありました。まあ『ソルファ』の反動でそこからバンドは迷いの時期に突入するのですが(笑)。それくらいあのアルバムは突き抜けちゃったから。

 

Q.『ソルファ』のカウンターとして『ファンクラブ』が生まれたんですか?

後藤:『ソルファ』が売れたことでアジカンを馬鹿にする人も増えたんですよ。売れてるバンドって大体馬鹿にされるから。そういう人って「演奏が下手」とか「歌が下手」とか、あとは「ファンが気持ち悪い」っていう使いまわしのテンプレートしか言ってこないんですけど。でも言われた側はマジでむかつくから、ぐうの音も出ないほど難しいアルバムを作ってやろうと思って『ファンクラブ』を作ったんです。でもそこからアジカンは呪いの期間に入っていくと(笑)。

 

Q.『ファンクラブ』の音楽性や方向性のイニシアチブはゴッチさんが取っていたのですか?

後藤:イニシアチブというか、とにかく病み狂っていました(笑)。スタジオでもギターケースからギターも出さずに帰ったりしたこともあったから。「先週のスタジオから何も変わってないなら俺を呼ぶな」ってキレて帰ったり。たぶんバンドの歴史の中で一番ヒリヒリしてた時期だと思います。その後、『ワールド ワールド ワールド』でやっと4人の足並みが揃うんですけど、今度は4人で沼にはまるとう(笑)。でも『ソルファ』以降の進歩がなかったら今まで続いてないと思う。

 

Qその進歩の先に辿り着いたのが『WONDER FUTURE』で。あのアルバムはそれこそ軽音楽部でワクワクしながら音を鳴らしていたときのような衝動を感じる作品でしたよね。でもただ衝動的なだけでなく当時とは比べ物にならないほどバンドのレベルが上がっている訳で。

後藤:うん。そういう意味でも『ソルファ』の再録をしたかったんです。確かに『ソルファ』は物凄く売れたけどミュージシャンとして覚醒したのは『ソルファ』以降だったりするし、技術的な面でも経験値からしても『ソルファ』は完全体ではなくて。せめて『ファンクラブ』くらいの体力で『ソルファ』が作れたら良かったのになって、ずっと思っていたんですよ。街で「リライト」が流れてくると「また2004年の音源かよ

って思っちゃう。どうせ聴いてもらうなら最新の「リライト」を聴いて欲しい。そう思って『ソルファ』をアップデートすることにしたんです。あと、新作を作ることだけが偉いのかって気持ちもあって。

し。

 

Q.と言うと?

後藤:産業としての構造が出来てしまっているから、アーティストは定期的に新譜を作って予算を立てて食っていかないといけない。でもそれって作品性とは全く違うところにメカニズムの中心があって。その為に音楽をやるのってどうなんだろうって思うんですよね。別に新曲がなくてもライブだけやって生きてくのだって悪くないし、昔のアルバムをもう一度録り直したって良いと思うから。

 

Q.なるほど。例えば僕らのような媒体が10年前の音源をインタビューしたければすればいい訳で。

後藤:そういうこと。「10年経ってあれからどうですか?」でも良いしね。時間が経たないと分からないこともありますから。例えば売れずに死んでいった画家の絵が死後売れることって別に珍しいことじゃないでしょ。だからもうちょっと作品を長い目で見て欲しいなって思いますよね。発売2週間くらいで評価されたら困るよっていう。

 

Q.そういう意味でも今回の再録は12年かけた『ソルファ』な訳ですからね。

喜多:『ソルファ』の曲はライブでやってる曲も多いから、この12年間で変わったアレンジを形に残せるから再録は良いアイディアだなと。

後藤:建さんに最初プレゼンしたときは「なに言ってるの?」って反応だったけどね(笑)。喜多:戸惑いはありましたから(笑)。なんせ新しい試みだったので。

後藤:「そういうのは大体失敗する

みたいなことも言ってたよね(笑)。「嬉しないアレンジ

みたいな。(一同爆笑)

山田:嬉しないアレンジ(笑)。

後藤:山ちゃんだって良いアイディアだなんて一回も言わなかったじゃん。

山田:あははは。いや、良いアイディアだと思ったよ。

後藤:だったらあの場で建さんを説得しろよ(笑)。

喜多:正直悩んでいたんですよ。でもそんなときにゴッチが「ギターを無理に変えるんじゃなくて、ただ良い音で録ろうよ」って言ってくれて。

後藤:メールだけどね。

喜多:どっちでもいいじゃん(笑)。でもこれが「違うアレンジでやろう」だったら断ってたかもしれない。

後藤:ボサノヴァにしようとかじゃないからね。今のアジカンで普通にやれば絶対に今のアジカンの『ソルファ』が出来るから。

 

Q.潔さんはどうでした?

伊地知:実は僕だけ空回りしていて、全曲ガラッとアレンジを変えてやるイメージをしていました。でも結果的にそこまでアレンジを変えないで今の『ソルファ』にアップデートされたのが良い感じになったと思います。

後藤:保守的だと思っていた建さんが意外とアレンジを変えてきたよね。ドラムやベースと違ってギターには耳がいくから分かり易いのもあるけど。でもちゃんと今のアジカンのやり方を提示出来ていると思う。正直、『ソルファ』って曲は良いんだけど下手過ぎて自分で聴けなかったんですよ。でも今回の『ソルファ』は自信を持って聴ける作品になったと思います。

 

Q.『ソルファ』が『ソルファ』のまま新しい『ソルファ』になったんですね。

後藤:だからこそバンドの変化も分かり易いだろうし。20年くらい経っておじいさんになったらもう1枚『ソルファ』を作りたいですね。おじいさんなりの『ソルファ』を(笑)。

 

Q.今回、『ソルファ』の再録を聴いて何を思うかなって考えてたんですけど、実際に頭に浮かぶことって自分の思い出ばかりだったんです。それくらい『ソルファ』は人生の側にいたアルバムだし、そういう人が沢山いると思います。今回の再録は、それぞれのリスナーが『ソルファ』に自分の12年を上書きした『ソルファ』なんだなって思いました。

後藤:ありがとう。今回の『ソルファ』がみんなにとって大事な作品になってくれたとして、またチヤホヤされてももう『ファンクラブ』のような作品を作らなくても良いかな(笑)。だってチヤホヤされたいもん。今となっては(笑)。

 

 

アーティスト名:ASIAN KUNG-FU GENERATION

タイトル:ソルファ

■初回生産限定盤【CD+DVD】

KSCL-2809~2810

¥3,700(+税)

 

 

 

 

■通常盤【CD】

KSCL-2811

¥2,913+税

 

 

 

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION

後藤正文(Vo,Gt)

喜多建介(Gt,Vo)

山田貴洋(Ba,Vo)

伊地知潔(Drums)

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2016 - 2017「20th Anniversary Live」

 

2016年12月17日(土)幕張メッセ・イベントホール

2016年12月22日(木)神戸 ワールド記念ホール

2016年12月23日(金)神戸 ワールド記念ホール

2016年12月27日(火)名古屋 日本ガイシホール

2017年1月10日(火)日本武道館

2017年1月11日(水)日本武道館

2017年1月14日(土)福岡国際センター

 

HP

http://www.asiankung-fu.com/

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>