EMPiRE

泣く子が黙るどころか更に大泣きさせるWACKが放つ第4の刺客EMPiREがミニアルバム『EMPiRE originals』を前作『THE EMPiRE STRiKES START!!』に続きカセットテープでリリースする。3月に開催された「WACK合同オーディション2018」にてMAHO EMPiRE、MiKiNA EMPiREが新たに加入、またオリジナルメンバーであるYUiNA EMPiREがBiSへの完全移籍するといった予想を超える出来事を経て5月1日 には東京・マイナビBLITZ赤坂で初ワンマン・ライブ「THE EMPiRE STRiKES START!!」を開催した彼女たち。その後、初のワンマン・ツアー「EMPiRE NEXT EDiTiON TOUR」で新体制のEMPiREを全国各地で見せつけ、その集大成ともいえる作品『EMPiRE originals』を完成させた。新メンバーを迎え新たな帝国を築き始めた6人に話を訊く。

Q.まずは3月の「WACK EXHiBiTiON」の話から聞きましょうか。あの日YUiNA EMPiREのBiS移籍が発表されましたが、あの瞬間は何を思いました?
MAYU:1年間かけて作り上げてきた城をいきなり壊された気分でした。
YU-Ki:どう受け止めたらいいか、整理の仕方が分からなかったです。

Q.同時にMAHO EMPiREとMiKiNA EMPiREの加入も発表されましたが。
MAHO:EMPiREに入ることは凄く嬉しかったけどYUiNAちゃんの移籍が発表されてめちゃくちゃ複雑な気持ちでした。だからって合格したことをちゃんと喜ばないのはオーディションを受けた人たちにも失礼だと思うし…。とにかく複雑な心境でした。
MiKiNA:EMPiREはお披露目からずっと観てきたので、ただただ衝撃でした。「今から私たちが入るのにそんなことするの!」って。なので余計にプレッシャーを感じるようになりました。

Q.発表から5月1日のワンマンまではどのような気持ちで過ごしていました?
MiDORiKO:とにかく何も考える余裕がなかったです。メンバー同士でゆっくり話すことすら出来ないくらい。そんな状態でワンマンまで過ごしていました。
YU-Ki:メンバーが替わることにちゃんと向き合える時間や余裕はなかったですね。EMPiREとして大きい舞台での初めてのワンマンだったので、そこに向けての気持ちの持って行き方を自分たちで整理する間もなく練習に励んでいました。気持ちが整理出来たのはワンマン当日だったと思います。

Q.あの日のワンマンは1部が5人体制でのラストライブ、2部が新体制での初ライブという2部構成でした。僕もライブを観させてもらいましたけど、2部が始まった瞬間にみんなの表情が変わった気がしました。
YUKA&MAYU:無理矢理。

Q.本番中は何を考えていました?
YUKA:YUiNAとの最後のライブなのでどうしても寂しさや悲しさが出てきてしまったんですけど、そういう気持ちを取り除いてライブをやりきらなきゃなって思っていました。初のワンマンがソールドアウトしたことは素直に嬉しかったしとにかく成功させたくて。でも1部が終わったらエージェント(ファンの総称)のみんなも泣いてるしやっぱり寂しい気持ちになりましたね。だけど10分くらいで着替えて、YUiNAと話す時間もないまま2部が始まったので、悲しい気持ちを一端忘れようと思ってライブをしたらエージェントも笑顔で迎えてくれて。そこで気持ちを切り替えることが出来たと思います。
MAYU:ずっと不安だったんですよ。時間が本当になかったので6人のフォーメーションも自信がなかったし上手くやれるか心配で。でも2人が初めてステージに立つ訳だから私たちが不安を出しちゃうと2人も思いっきりライブが出来ないだろうなって。そんなことを思いなが2部が始まったら2人とも楽しそうにライブをしていたので頼もしく思いました。

Q.MAHOさんとMiKiNAさんは初ライブはどうでした?
MAHO:どうしてもこれまでのEMPiREと比べられるだろうし、受け入れてもらえないかもっていう恐怖はありました。でも初舞台だし、とにかく楽しんでやろうと思ってライブしました。我武者羅にやろうって。
MiKiNA:あの日はEMPiREにとって本当に大事な日だったし、余裕がなくて練習で上手く出来ないこともあったので不安だったんですけど、大事な日だからこそ、そんな気持ちでライブしたら申し訳ないし前向きにやるしかないと思ってライブをしたら凄く楽しかったです。

Q.あの日、「ライブを観てどんな気持ちになるかな」って思っていたんです。実際に1部は切ない気持ちになりましたし。だけど2部が始まったらワクワクしたんですよ。EMPiREってデビューから他のグループとは境遇が違ったし、それだけ期待値も高かったじゃないですか。でもそこをちゃんと超えて、ひとつひとつ乗り越えて、実力でここに立っているのを見せつけたライブだったなと。
MAYU:ありがとうございます。今もまだまだ敵をひとりずつ倒してる段階なのでレベル1なんですけど、着実に強くなっていきたいです。今は修行の身なのでここから6人で更に強くなっていきたいです。
YUKA:EMPiREって何故かお高く見られがちなんですけど、全然そんなことなくて。よく「高いもの食べてるんでしょ」とか言われるけどそんな訳ないし。むしろ与えられた境遇に恐怖を感じていて。期待値を超えなきゃいけないプレッシャーも凄いですし。常に不甲斐なさや置かれている状況と戦っていますからね。
MAYU:まあ、度胸はついたよね(笑)。
MiDORiKO:高いところからスタートしているので下に落ちることは許されないんですよ。常に更新していかなきゃいけない。

Q.話を少し戻しますけど、MAHOさんとMiKiNAさんは加入当時どんな印象でした?
YU-Ki:性格悪そうだなって(笑)。
MAHO:え!
MAYU:それ、逆にYU-Kiが思われてるから(笑)。
YU-Ki:だって2人ともシュッとしてるし目もきついから。
MiDORiKO:YU-Kiに言われたくないって顔してるよ(笑)。
YU-Ki:あ、違う!綺麗系の顔だから性格がきつそうだなって。

Q.ではYU-Kiさんに言ってあげて下さい。
MAHO:おまえが言うな!(一同笑)

Q.あははは。逆に2人はEMPiREに入って誰が怖かったですか?
MiKiNA:YU-Kiちゃん(笑)。
MAHO:逆にドリちゃん(MiDORiKO)はステージであれだけ尖っているから怖いと思ったらめちゃくちゃ優しかった。
MiDORiKO:フフフ。
MiKiNA:最初にLINEを送ってくれたのもドリちゃんだったし。
MAHO:グループのイメージ的にクールな感じかと思ったらみんな優しくてホッとしました。

Q.確かにクールな印象はありますからね。そのかっこよさも魅力のひとつですし。
YU-Ki:統一感は増したなって思います。メンバーが増えて振り付けも切れがあるし、スタイリッシュに見えるかなと。

Q.EMPiREって何処か戦隊物っぽいかっこよさがありますよね。
MAYU:前にその話をメンバーでしたことがあるんですよ。誰が何色担当かとか(笑)。
MAHO:赤はYUKAちゃんでしょ。ピンクは絶対YU-Kiちゃんじゃないし。
YU-Ki:なんで!?じゃあ私は青がいい!
YUKA:黄色いなくない?MAYUかな?
MAYU:えー。黄色ってワンパンでバーンってやられちゃうイメージなんだけど(笑)。
YUKA:黄色は元気なだけじゃない?
MAYU:元気だけって!それに私、元気でもハッピーでも何でもないから!
YUKA:あははは。でもみんな何色でもいけそうだよね(笑)。

Q.こうやって言いたいことを言い合える関係になったんですね(笑)。
YU-Ki:心に余裕が出来たんだと思います(笑)。結成した頃は必死過ぎてグループのことより自分のことでいっぱいだったし。今はお互いのことを考えられるようになったので。

Q.そんな中でリリースされる『EMPiRE originals』ですが、新曲5曲とMAHOさんとMiKiNAさんが加わった『THE EMPiRE STRiKES START!![NEXT EDiTiON]』で構成されています。まず2人が加わったNEXT EDiTiONですが全く違って聴こえるのが面白いですね。
MAYU:2人の声が入るとこんなに違うんだって思いました。
MiDORiKO:アクセントも面白いし。
MAHO:ずっと聴いてた曲に自分の声が入ったのは感動しました。
MiKiNA:自分でも不思議な感じでした。
YUKA:歌うの難しかった?
MiKiNA:私は声が低いのでキーの高いEMPiREの曲は難しかったです。
YU-Ki:でもこれまでいなかったタイプの声だから幅は広がったと思う。

Q.新曲はどれもライブ映えしそうですよね。これはツアーの経験がしっかり楽曲に落とし込まれているなと思いました。
MAYU:ライブで盛り上がりそうな曲ばかりですよね。EMPiREの曲って「ライブで観るとより好きになる」ってよく言われるんです。今回のアルバムもライブでみんなに好きになってもらえると思います。
MiDORiKO:私は「SO i YA」を早くライブでやりたいです。

Q.「SO i YA」のMiDORiKOさんのシャウト、かっこいいですよね。
MAHO:EMPiREの武器だなって思う。「Buttocks beat! beat!」でも「五月雨かませ!」ってドリちゃんが叫ぶと会場が「ドーン!」って上がるんですよ。これは完全に武器だなって思います。

Q.「SO i YA」はMAHOさんが作詞していますが言葉の勢いが凄いなと。
MAHO:この曲はサウンドを聴いただけでライブが想像出来る曲なのでどんな言葉を乗せたらライブでみんなに響くかを考えて書きました。
YU-Ki:MAHOちゃんってこんなに熱い人なんだって思いました。クールで大人っぽい子だと思っていたから歌詞を読んで内に秘めたものを感じましたね。

Q.「Dope」の歌詞からはMAYUさんの哲学を感じました。
MAYU:砂漠と魔法のランプをテーマにして、人間の弱さを歌詞にしました。広い砂漠をあてもなく彷徨っているときにもし魔法のランプがあったら何が何でもその場から逃れる手段を選ぶと思うんですよ。例えそれがダサくても。こういうことが現実で起きてもそうするんじゃないかなって。歌詞を書くのって一見国語的な感じがありますけど、私は数学的だと思うので、リズムとか語感を意識しながら書きました。

Q.「Dope」と「SO i YA」では書き方が真逆ですよね。そして新たな側面としてYUKAさんが書いた恋愛ソング「Talk about」もあって。
YUKA:ゴリゴリの恋愛をテーマに書いたんですけど、こういう仕事をしていると恋愛から遠ざかってしまうので色々妄想して書きました。この時期、EMPiREの仕事と学校のテストが重なって辛い時期だったので現実逃避です(笑)。

Q.そして「EMPiRE originals」ですが、「EMPiRE is COMiNG」がエピソード1だとしたらエピソード2がこの曲なのかなって。
YU-Ki:まさに第2章ですね。「EMPiRE is COMiNG」が5人の始まりの歌で、「EMPiRE originals」が6人の始まりの歌だと思っています。
YUKA:最初は「EMPiRE originals」という曲名を聞いて「オリジナルメンバーじゃないのに」って思いました。でもこの6人でオリジナルを上書きして、再スタートをビシッと決めないとなって今は思っています。
MAYU:気持ちがシャン!ってしたよね。

Q.2人にとっては今作が初の作品になりますが。
MAHO:EMPiREとしてアルバムを出せるのが嬉しいです。「EMPiRE originals」の歌詞も再スタートにぴったりで大事な曲になりました。
MiKiNA:このアルバムはエージェントのみなさんにまだ見せていないメンバーの顔が詰まっているので聴いていて自分でもワクワクします。

Q.5人のEMPiREの陰を追っている人にも是非聴いて欲しいですね。それだけの説得力がありますから。
MiDORiKO:これが6人の始まりのアルバムなので今のEMPiREを伝えられると思います。

Q.新たなEMPiREが描く未来はどんなものですか?
MiDORiKO:さっきも言いましたが私たちは最初から良い境遇でスタートさせて頂いたので、そこから下には絶対落ちないように、しっかりと乗り越えていきたいです。
YU-Ki:BiSHやスタッフの皆さんの力を借りるんじゃなくて、自分たちの力で大きなステージに立ちたいです。
MAYU:その為にもメンバー全員がそれぞれの個性を磨いていきたいですね。BiSHを見ていると全員が自分の持ち味をしっかり持っているじゃないですか。それが集まったときのパワーって物凄いから。私たちももっと強くなって、ライブに来てくれる人の気持ちを揺さぶりたいです。
MAHO:恵まれた環境でやらせてもらっている以上、その期待に答えられるような活動をしていきたいです。今はギリギリでやってるけど、全部飛び越えて成果を出せる存在になりたいです。
MiKiNA:まだ今は色んな方に助けてもらってなんとかやっているんですけど、色んな経験を積んで強くなりたいです。
YUKA:EMPiRE自身にブランド力を付けたいです。更にメンバーそれぞれにも魅力が増したら、それはグループ全体の底上げになると思うんです。今は「まだキャリアも短いのにEMPiRE凄いね」って見られることも多いけど、「EMPiREなら普通でしょ」って思ってもらえるところまで強い存在になりたいと思っています。

EMPiRE
YUKA EMPiRE
YU-Ki EMPiRE
MAYU EMPiRE
MiDORiKO EMPiRE
MAHO EMPiRE
MiKiNA EMPiRE

EMPiRE originals
カセットテープ「EMPiRE originals」(※全形態共通)
2018年9月5日発売
■初回生産限定盤【CASSETE TAPE+CASSETE TAPE+Blu-ray】
AVTD-93971~2/B ¥8,000+税

■LIVE盤【CASSETE TAPE+DVD】
AVTD-93973/B  ¥4,800+税

■MUSIC盤【CASSETE TAPE+CASSETE TAPE】
AVTD-93974~5 ¥3,000+税

■通常盤【CASSETE TAPE】
AVTD-93976 ¥1,500+税

 

 

https://empire-official.com/

ビレッジマンズストア

火の玉宣言フェスティバル2018 NAGOYA 対談

中嶋イッキュウ

BabySitter