Loading the page...

メンバー

小関 竜矢(Vo.Gt.) 須田 原生(Gt.Cho.) 鈴木 敬 (Dr.Cho.) 辻 怜次 (Ba.)

Bentham

 

KOGA RECORDSがロックシーンに解き放つハイブリッドダンスロック4ピースバンド、Benthamが2nd EP「NEW LIFE」を完成させた。デビューシングル「Public EP」の勢いや疾走感のあるサウンドを突き詰め進化させた今作は、前作に引き続きプロデューサーにFRONTIER BACKYARDのTGMXを迎えたことでよりブラッシュアップされたシンプルながらもカラフルな音像と高音ボーカルによるメッセージ性の強い歌詞が相まってBenthamという個性を放っている。環境や状況の変化に伴い新たな章に突入した彼らの今を感じて欲しい。

 

 

Q.Benthamは小関君と須田君を中心に結成されたということですが。

小関:僕と須田は地元が一緒で。共通の知り合いを通じて仲良くなり一緒にバンドを始めたんです。でも高校卒業のタイミングで当時のベースとドラムが就職で抜けて。

 

Q.その後、辻君と鈴木君が加入すると。

小関:辻君は当時僕が働いていたリハーサルスタジオの先輩だったんですよ。その頃から一緒にバンドがやれたら面白いなって話はしていて。ドラムの鈴木君はそこに来ていたお客さんでした。

 

Q.Benthamの楽曲からは色んな音楽要素を感じることが出来ると思うのですが、どういう音楽がバックボーンにあるのですか?

小関:それが見事にバラバラなんですよ。僕は小学生の頃に出会ったザ・ブルーハーツから始まって日本のパンクロックやメロコアの影響が大きいです。

須田:僕はピアノをやっていたのでクラシック、ジャズ、フュージョンがルーツにあります。邦楽は全然聴いていなくて、初めて聴いたのがHAWAIIAN6なんです。そこから掘り下げていってポストロックとかも聴くようになりました。

鈴木:僕も邦楽は全然聴いていなくて、ザ・ローリング・ストーンズやレッド・ツェッペリンのようなクラシックロック、ジェームス・ブラウンのようなブラックミュージックを聴いていました。

 

Q.本当にバラバラなんですね。

小関:共通して好きな音楽もあるんですけどね。だからバンドをどういう方向性でやっていくかみたいな話し合いも全くしていなくて。やっていく中で「歌メロありきのバンドでいこう」みたいな話になったくらい。

 

Q.小関君の歌詞は悩める思春期の背中を押すようなメッセージ性があると思うのですが。

小関:そうですね。聴く人の環境や状況で受け取り方は違うと思うんですけど、聴いてくれる人の気持ちとリンクしたらいいなとは思っています。それはやっぱり僕がザ・ブルーハーツを聴いてきたからだと思います。

 

Q.なるほど。小関君の歌詞を受けて楽曲のアレンジに変化があったりしますか?

須田:実はあまりカチッと歌詞からイメージしたアレンジをしている訳ではないんですよ。曲が出来た後に「あれってどういう意味?」って聞くことはありますけど。なので「歌詞がこうだからこういうアレンジ」っていうのはあまりないですね。各パートが自由にやってる感じです。

 

Q.確かにその自由な感じは出ていると思うんですよ。でもやり放題やっているのではなくちゃんと前に歌が出ている。足し算と引き算のバランスがとても上手だなって。

須田:活動初期は足し算ばかりだったんですよ。とにかく全員がやりたいことを入れていたので。「Public EP」を作ったことでやっと引くことを意識するようになったんです。

 

Q.プロデューサーであるTGMXさんの存在も大きいのでは?

小関:それが一番大きいですね。田上さん(TGMX)に凄くブラッシュアップしてもらいました。

須田:田上さんはもともとあるものを崩さずに良くするためのアドバイスをくれるんですよ。

鈴木:僕らの意見を尊重したうえでのアイディアを頂けて。

小関:僕はギターボーカルなのでギターを弾かない部分があるのがどうしても不安だったんです。それで詰め込み過ぎてしまう部分もあって。でも田上さんが「曲に対して何がベストなのかじゃない?」ってヒントをくれて。だからピンボーカルで歌っている曲もあるんです。僕らだけじゃ辿り付けない考え方でしたね。

 

Q.「NEW LIFE」というタイトルは今のBenthamを象徴している?

小関:「Public EP」を出してすぐに次の作品のタイトルは「NEW LIFE」でいこうって決めていたんです。自分達の生活を変えたい、変えていくっていう気持ちもあるし、時期的に生活環境が変わる人も多いと思うので、そういった人の生活に寄り添っていけたらなって。

 

Q.レーベルにしてもTGMXさんにしても、関わる人が増えて新しい環境になったことも今作には大きく作用していそうですね。

小関:かなり。色んな方が自分達の為に動いてくれている中で、バンドのメンバーがまず何をするべきか気付いていない部分が多くて。バンドへの取り組み方というか。バンドを始めた頃は「良い曲を作ればいけるべ」って思っていた部分もあったんですよ。でもチームが出来て責任が生まれて考え方が随分変わりました。

鈴木:例えばAとBを選ぶときも何となく選択していたのを「何故Aを選ぶのか」をメンバーでしっかり話し合うようになったり。

須田:色んなことに対して意識の確認は取れたかと。

 

Q.それは楽曲にも反映されていますよね。

須田:だと思います。田上さんにも「前よりまとまってる」って言ってもらえて。

鈴木:マインドやアティチュードの面でも田上さんの背中から色んなことを学んでいるんですけど、色んな人の力を借りながら中心に自分達がいてやっていく覚悟も今作で出来ましたね。

 

Q.出会いや経験がBenthamのNEW LIFEを生むと。

小関:まさに!

 

 

バンド名:Bentham

タイトル:NEW LIFE

KOCA-85

¥1,400(+税)

2015/5/13 Release

 

収録曲

01. TONIGHT

02. HEY!!

03. スローモーション

04. Undulate

05. アナログマン

 

ライブ情報

5/27(水) 仙台 enn2nd

5/28(木) 熊谷HEAVEN'S ROCK VJ-1

6/03(水) 新潟CLUB RIVERST

6/04(木) 松本ALECX

6/19(金) 京都MOJO

6/20(土) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE

6/21(日) 岡山CRAZY MAMA STUDIO

6/23(火) 神戸Star Club

6/24(水) 広島Cave-Be

7/05(日) 下北沢SHELTER(※tour final東京編)

7/10(金) 名古屋CLUB UPSET(※tour final名古屋編)

7/17(金) 大阪心斎橋FAN J(※tour final大阪編)

and more…

 

WEB

http://www.bentham-web.com/

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>