dub 4 reason
Loading the page...

DUB 4 REASON

MASTER K(G) KOHGA(B) TOMOYA(Dr)

DUB 4 REASON

 

岐阜という魔界の住人、DUB 4 REASONが5年振りとなる2ndアルバム「ANARCHY AND DUB」を世に放つ。STAB 4 REASON / STAB 4 REASON AND THE STYLESのメンバーから成るDUB 4 REASONはダブをメインにハードコア、メタル、シューゲイザー、ドゥームなど様々な音楽要素を消化した暗黒ダンスミュージックを展開。邪悪なダブでその名を全国に知らしめた前作「WICKEDUB

で確立した「NU Roots meets Doom, Stoner,...DUB」を継承しつつ、よりダンスミュージックにこだわり制作した今作を武器に、彼らが再び世界を暗黒に包み込むだろう。

 

 

Q.まず前作「WICKEDUB」から5年経っていることに驚きました。

MASTER K:せやろ?2、3年前から2nd出すって言ってたしな(笑)。でも激動の5年やったよ。STAB 4 REASONでアルバムと編集盤の2枚出してるし、柳ヶ瀬antsのオープンやstudio Primeの移転もあったから。でもそんな中、DUB 4 REASONはずっとコンスタントにやってきてる。

KOHGA:そもそも最初はこんなに長くやることになるとも思ってなかったし(笑)。

MASTER K:そうや。STAB 4 REASONで誘われたライブにMATSU-Qが出れなかったから3人でやったのが始まりやから。位置付けが違うのは、STAB 4 REASONやったらBAD BRAINSみたいなことがやりたくて始めたわけやし、そこから派生してレゲエに特化したのがSTAB 4 REASON AND THE STYLESだったわけやん。でもDUB 4 REASONは始まり方がそもそも違う。特にダブに特化してるわけやないし、今までやってきたことを全部詰め込んでるところもあって。だから俺ら的には延長線上にあるんよ。これまでやってきたことの流れで3人でやってるっていう。

KOHGA:自然の流れですよね。

MASTER K:だからメタルともハードコアともパンクともメロコアともやる。最近じゃクラブにも誘ってもらうしレゲエやHIP-HOPともやる。それが強みやと思うし。

 

Q.何処で誰とやってもDUB 4 REASON特有の空間になりますしね。

MASTER K:合わせること出来へんからね(笑)。

KOHGA:でも対バンによってセットリストをどうするかは一応考えるんですよ。一応(笑)。

MASTER K:「今日は洒落てる日やからこの曲でいこか?」ってやってみるんやけど、よく考えたらうちの曲全部キツかった。(一同爆笑)

 

Q.あははは。曲も見た目も空間も全部が邪悪ですからね。ただMCから滲み出る人の良さ(笑)。

MASTER K:わははは。前はMCも無しやったんやけど最近喋るようになってライブがちょっと変わったんよ。媚び売ってるわけやないしやってることは変わらないんやけどライブのやり方ひとつで捉え方って変わるやん。それが良いか悪いかは別として。前は重い空気に耐えきれんくなって出ていく子もおったけど、最近は本当に若い子もCDを聴いてくれてるからな。だってさ、俺達がこのルックスで出ていってMCもせずにやってたら逃げたくなるやん(笑)。

 

Q.でも逆にそれだけ空間を支配しているってことですよね。照明やスモークにしてもトータルでDUB 4 REASONの世界観が演出されていて。

MASTER K:インストやからこそ視覚的効果は大事にしてるな。スモークをたいているから表情も見えないだろうし、だからこそ空間の作り方は意識してる。

 

Q.少し話はズレますが、スモークで細かい演奏が見えないこともあるので打ち込みだと思っている人もいるのでは?

MASTER K:ダブミキサーがおると思われてることはあるな。こういうバンドってミキサーがおったりするやん。でも俺ら、友達少ないから(笑)。それで3人でリアルタイムで表現してるんやけど、TOMOYAなんてドラムを叩きながらパットを叩いてスネアを叩きながら足元でディレイ踏んでるからね、器用やで。

TOMOYA:めっちゃ苦労しました。生ドラムだけではダブ感は出ないので。それでカメさんに「パット買えよ」って言われて。

MASTER K:そういうとき、大体嫌な顔するんだよ。(一同爆笑)

 

Q.スネアの生音とディレイの使い分けもリアルタイムでやっているのですか?

MASTER K:そうやで。それをライブ中にドラムを叩きながら使い分けてやっているんだからね。

TOMOYA:よくびっくりされます。

KOHGA:出来れば同期でやりたいんでしょ?(笑)。

TOMOYA:わははは。そんなことないです(笑)。

KOHGA:でもやっぱり生の太鼓やアンプが一番くるよね。

 

Q.ですよね。では話を戻しますが、インストであることやライブでの空間作りからは様々なイマジネーションを掻き立てられるんですよね。聴く人の数だけストーリーが生まれるというか。MASTER K:言葉のメッセージがないわけやから想像力に委ねるよね。

KOHGA:映画を見ているような感覚で聴いたり。自分もそうやって聴いてるから。

 

Q.実は僕も今回のアルバムを聴いて自分が主人公になって魔界に戦いにいく架空の映画を作ったんですよ。

MASTER K:わははは。

KOHGA:そこはやっぱり魔界なんですね(笑)。

 

Q.僕の映画を紹介してもいいですか?

MASTER K:めっちゃおもろいやん!

 

Q.アルバム冒頭のM-1「ANARCHY AND DUB」から物語は始まるのですが、この曲に合わせて魔界の扉が開いてしまいます。

MASTER K:それ分かるわ。幕が上がってくような感じやね。

 

Q.この曲はとにかくリフが頭に残ります。リズムはダンスミュージックですけど紛れもなくハードコアで。

MASTER K:俺らにしか出来へんことやね。

KOHGA:分かり易いハードコアダブになりましたね。踊れるしガッチリしていて、ハードコアだけど自然と身体が動くものを作りたかった。

 

Q.M-2「STONEDARK」で魔界の扉から数えきれないほどの魔物が出てくるんです。

MASTER K:わんさか出てくる感じや!これは淡々と流れていくダンスミュージックやね。

 

Q.その淡々さが魔物の行進を連想させたんです。

MASTER K:なるほどね。確かに軍隊っぽいイメージはあるかもしれん。

 

Q.そしてその魔界にM-3「GATE OF NEW DECADEで勇者が降り立つんです。僕なんですけど。

MASTER K:わははは。登場シーンや。でもそれめっちゃ分かる。この曲でパッと拓けるもんな。

 

Q.イントロが鳴った瞬間、アルバムの流れが変わった気がしたんですよ。

MASTER K:そうやね。アルバムの中で一番踊れる曲やと思うわ。

 

Q.そしてM-4「ETERNAL RIGHRS」でヒロインとの休息の時間を過ごします。

MASTER K:休息早ない?(笑)

KOHGA:束の間の休息ですよね(笑)。

MASTER K:でもそういう光が照る部分もいるやろ?そうすることで更に俺らの邪悪さが伝わるやん。この曲だけ聴くと「何でこんな曲をDUB REASONがやるの?」って思うかもしれんけど、アルバムを通して聴くとこの曲の意味が分かると思うわ。

 

Q.この曲があることでアルバムの物語性はグッと増しますよね。

MASTER K:その通りやね。

KOHGA:綺麗な曲だけど踊らせたいっていう部分は変わってない面白い曲になったと思います。

 

Q.続くM-6「CRISIS DUB」ですが映画の話の前に、この曲が一番好きです。

KOHGA:そういう人多いなあ。

MASTER K:一番俺らっぽいのかな。

 

Q.ループするリズムの中、耳に飛び込んでくるギターのフレーズで狂喜しました。

MASTER K:それそれ!まずKOHGAとTOMOYAのリズムがあるわけやん。ベースを耳で追いながらドラムのリズムで身体を揺らすんよ。そこに特徴的なギターのフレーズで耳を支配するのが醍醐味なんよね。そこからはまた繰り返しで音がなくなったり表れたり、誰がどう聴かせるかのせめぎ合いやから。この曲もそういう組み立て方をしている。言葉がない分、飽きさせないように気になるフレーズを弾くのが俺は好きかな。

 

Q.この曲のギターのフレーズは歌いたくなります。

MASTER K:演歌みたいやろ(笑)。街で演歌流れてると「俺っぽいフレーズやな」って思うもん(笑)。リズムを追っていってさ、あのフレーズが来たら歌いたくなるやん。そういうことやと思う。

 

Q.最低限の音で構成されていることでフレーズが突出している部分もあると思います。

MASTER K:それね。ドラム叩きまくって、ベース弾きまくって、ギター鳴らしまくるのは凄いんやけど「じゃあ何処が聴き所なん?」ってなるやん。

KOHGA:全部凄すぎて逆に平坦になってしまうんですよね。

MASTER K:勿論凄いんやで。凄いんやけど、音数少ないのも難しいと思う。誤魔化し効かないから怖いしね。

 

Q.なるほど。そして映画の話ですが、あのフレーズとともに最強最悪な3人の魔物が登場します。勿論この3人はメンバーです。

MASTER K:俺ら悪者か!

KOHGA:どう見ても悪者でしょう(笑)。

 

Q.そしてM-6「DUB WAR」で戦いが始まります。

MASTER K:これは完全に戦いの曲やね。男の戦いや。

 

Q.はい。でも僕はこの時点ではまだ勝てないんです。最後のドラムに叩きのめされるんです。

TOMOYA:わははは。

MASTER K:挫折やな。ハリウッド映画みたいな展開になってきたな。

 

Q.そしてM-7「GET NO BUSH」で修行するんです。

MASTER K:そういう位置付けよね。

KOHGA:ベストキッド的な(笑)。

MASTER K:この曲は2年前くらいにライブ中にアドリブで出来た曲で。

 

Q.ライブ中にセッションで作ったのですか?

KOHGA:はい。新しい作り方でしたよね。

MASTER K:30分のライブじゃ中々出来ないけど何も決めずにその日の気分でセッションしながら曲を作るのも面白いよね。それが出来るバンドやし。

 

Q.そして「CATHEDRAL SMOKE」でついにボスの宮殿に辿り着きます。

KOHGA:完全にボス戦の曲ですよね(笑)。

 

Q.魔物を率いる最後のボスは…。

MASTER K:まあ俺やわな(笑)。

KOHGA:魔王だ(笑)。

 

Q.それくらいこの曲は悪いですよね。重圧が物凄い。

MASTER K:ちょっと悪過ぎるよな。

KOHGA:アルバムに入れるか最後まで迷うくらい。

MASTER K:でも俺らを支持してくれるキツい人らはこの曲がめっちゃ好きなんよ。

 

Q.この曲はドゥームですからね。

MASTER K:ドゥームやね。

KOHGA:そこにHaraさん(Koichi Hara)がダブっぽくミックスしてくれることで俺らっぽくなりました。

MASTER K:Haraさんとは15年くらい一緒にやってるから俺らをよく分かってくれてるし、全部任せられるのよね。

KOHGA:俺達の想像以上のものを作り上げてくれるんですよ。

MASTER K:流石やな。

 

Q.そして僕の映画はクライマックスを迎えるのですが、魔王に負けてしまうんです。

MASTER K:勝たへんの!?俺、そんなに強力やった?(笑)。

 

Q.強すぎましたね。そしてM-9「LONG WINTER」でエンドロールが流れてきます。僕が魔王に負けたのは続編を期待させるためです(笑)。

MASTER K:めっちゃアルバム楽しんでるやん(笑)。俺も聞いてて楽しかったわ。5年後、また続編楽しみにしとって(笑)。でも本当にこの曲は映画のエンドロールをイメージしてるよ。最初からずっと聴いてきたら涙を流してもらえると思う。

 

Q.ここまで僕のストーリーを話してきましたけど色んな捉え方が出来るアルバムですし、どう聴いても暗黒なんですけど大前提としてのダンスミュージックという定義は揺るがないわけで。

MASTER K:そうそう。イメージ的にはやっぱり暗黒よね。でもそういう世界だけじゃなくて、暗黒世界にいるけどワクワクしたり、そんな世界でも楽しいことがあれば踊れることを演出してるつもりやから。ライブのMCもそうやけど自分らだけで楽しもうなんて思ってなくて。ライブに来てくれてる人と一緒に楽しみたいからね。スモークで見えないだろうけど俺らみんなめっちゃ笑いながらライブやってるから(笑)。だって楽しいからね。俺、今年で音楽活動30周年なんやけど、その時点でアウトやろ(笑)。でもこの年齢になってもライブが出来てて、各地の友達に呼んでもらって、若いバンドが出てきたら「かっこいいやん!」って興奮出来るのって幸せなことやから。俺より才脳ある奴や凄い奴が辞めていく中でこんな俺がまだやれていることって幸せ以外何でもないよ。

KOHGA:ある意味ずっと中学生だから。

MASTER K:そうやで。永遠に中学生や。

 

 

バンド名:DUB 4 REASON

タイトル:ANARCHY AND DUB

¥2,500(+税)

2015年6月10日発売

TD-013

 

http://www.twistedpro.com/d4r

 

LIVE

5月14日(木)岐阜・柳ヶ瀬ANTS

『Anarchy And Dub』轟音試聴会

5月17日(日)愛知・江南nine's café

5月30日(土)岐阜・柳ヶ瀬ANTS

6月6日(土)愛知・名古屋Tiny7

6月13日(土)愛知・名古屋DIAMOND HALL

6月19日(金)東京・渋谷THE AGME

7月11日(土)三重・鈴鹿ANSWER

7月12日(日)千葉・稲毛K's Dream

7月19日(日)大阪.南堀江SOCORE FACTORY

 

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>