Loading the page...

ENTH × All Found Bright Lights

 

群雄割拠の名古屋シーンにおいて、その活動スタイル、境遇、考え方、状況など、様々な面においてビンビン共鳴しあう2バンド、ENTHとAll Found Bright Lights。彼らが「今ストリートで一番イケてるスプリットCDを作ろうぜ!」とタッグを組み超強力スプリット盤『Hike』をリリースする。2016年は全国各地の様々な大型フェス出演など大きな飛躍を見せたENTH、イージーコアを通過した高いポップセンスで新世代ヒーローバンドとしてグングンとその頭角を表し始めているAll Found Bright Lights。名古屋の若手バンド代表格としてその存在を知らしめる彼らが1枚のCDにそれぞれ新曲3曲ずつと2バンドのコラボによるLimp Bizkitのカバー「Faith」の計7曲を収録した『Hike』についてメンバーにインタビューを決行。バンドをやっている中で色んなものを得るだろうが、中でも大事なものって、同じことで笑えて、同じ涙を流せて、同じ夢を見れる仲間の存在なのだろう。

 

Q.今回のスプリットの話はいつ頃から出ていたのですか?

daipon:いつだっけ?

Yoshiaki:夏前くらいかと。

Naoki:5月くらいに話は出てたよね。

daipon:スプリットをやるなら誰がいいかって話をしていて、俺らとオールファウンド(All Found Bright Lights)だったらお互いメンバーも変わったし組み合わせとしても面白いんじゃないかなって。2バンドとも新体制となって初音源がこのスプリットなんですよ。

 

Q.最初の出会いは?

Yoshiaki:俺とdaipon君はめっちゃ前ですよね。

daipon:めっちゃ前だね。当時、俺はENTHとは別でスクリーモバンドをやってたんですけど、そのバンドとオールファウンドは同じタイミングで結成したんだよね。

Yoshiaki:5年前くらいです。

daipon:そのスクリーモバンドとオールファウンドが偶然東京で2日間ライブが一緒だったんだよね。そこで滅茶苦茶仲良くなった。帰りの車もメンバーごちゃ混ぜで帰ってきたりして(笑)。

Naoki:その頃、僕も凄くダサいバンドやっていて、そのバンドでオールファウンドとZIONで対バンしてるんですよ。

Yoshiaki:ダサいバンド。(一同爆笑)

 

Q.ENTHとして絡むようになったのはレーベルがきっかけですか?

daipon:これだけ付き合いが深くなったのはレーベルのおかげですね。オールファウンドは海外志向のイージーコアバンドだったし、俺達はジャパニーズなメロディックバンドをやっていたから直接絡むことは余りなくて。

Yoshiaki:僕もENTHより先にスクリーモバンドのdaipon君として出会ってるので、ENTHはあのdaipon君がやってるメロコアのバンドってイメージだったんですよ。それくらいスクリーモバンドのイメージしかなかったので。でもENTHの初期メンバーが抜けたくらいから「ENTH凄いよ」ってよく聞くようになってライブを見たらかっこよかったんです。それからdaipon君のイメージもENTHにシフトしました。

Naoki:メロコアの人になったんだね(笑)。

Keyzo:俺はdaiponをYoshiakiに紹介してもらったんだよね。でもENTHっていうより友達として紹介してもらった気がする。

daipon:そのとき坊主だったよね(笑)。あの日みんなでGEN君(04Limited Sazabys)の家に遊びに行ったんじゃない?

Keyzo:行ったね(笑)。

daipon:だからENTHとしてオールファウンドと絡むようになったのはやっぱりレーベルがきっかけだと思います。

 

Q.ENTHもAll Found Bright Lightsもこの数年で音楽性が変わってきていますよね。お互いをどう見ていますか?

Yoshiaki:今年のENTHの飛躍は凄いですよね。身近にいるバンドが成長し過ぎていて焦り狂っています(笑)。

daipon:色々タイミングが重なったんですよ。YON FES直後にメンバーチェンジがあって、その発表もマイナスのイメージを与えたくなかったからバズり重視で面白くやろうとしたり。その頃から音楽性もふざけ始めたし。

Naoki:オールファウンドも凄いと思うよ。

daipon:語弊があるかもしれないけどオールファウンドみたいな海外志向のバンドでビジョン持ってやってるバンドって少ないと思うから。ちゃんと売れようとしてるバンドだし。それがあるから昔はキャッキャし合う友達だったけど、今は一緒に戦っていく仲間だと思っています。

 

Q.遊びの延長でありながら同じ夢や目標を共有出来るのは素晴らしいことですね。

daipon:勿論2バンドとも滅茶苦茶遊びますし、「大丈夫か?」ってことばっかしますけど、それ以上にバンドのことで共感し合える仲間なんですよ。メンバー脱退や日本語へのシフトチェンジとか、同じようなことを乗り越えてきたので。そこを含めて凄く共鳴する2バンドなんですよね。

 

Q.2バンドとも、やりたいことに素直だなって思います。

Yoshiaki:俺達は音楽性が変わったからブレたって言われることもあるんですけど、それは色んな刺激を受けてやりたいことが変わっただけなんですよ。やりたいことがあるなら塗り替えていけばいいなと。

daipon:一本道でやり続けることもかっこいいんですけど、やりたいことを素直にやる方が俺は合っているかな。過去のENTHに縛られたくないですし。オールファウンドも過去に全く捉われずに今やりたいことをやってるバンドじゃないですか。そうじゃないと「ライブ」じゃないですよね。

 

Q.今作はそんな2バンドらしいスプリットになりましたね。

daipon:レーベルから「暗いのはやめてね」って言われました。(一同爆笑)

Yoshiaki:どっちも歌詞が赤裸々ですよね。

daipon:オールファウンドは踏み込んできたと思うよ。間口の広い曲だからこのスプリットがきっかけで拡がっていく気がする。

Naoki:日本語もハマってるよね。

daipon:オールファウンドのコアなお客さんだけじゃなくて、もっと広い層のお客さんにも届くくらい聴き易い曲だと思った。引っ張り込むにはぴったりだと思う。

Naoki:こんなに上手に日本語使うんだって思ったもん。

daipon:「こんなに上手に日本語使うんだ」って、この前俺が台湾のフェスに出た時に言ったやつじゃん。(一同爆笑)

Yoshiaki:ENTHもやばいですよ。俺、全曲めっちゃ聴いてますから。この前もdaipon君と2人で歌詞カードを作る作業をしていたんですけどENTHの曲、歌詞全部覚えてましたから(笑)。それくらい聴きこんでます。これでまたENTHは跳ねますね。

Keyzo:「Voo-Doo Shangrila」が個人的にツボ過ぎるんですよ。あの曲、初めて聴いたときは爆笑したもん(笑)。

takumi:ENTHがガラッと変わったのってたまたま僕が入ったタイミングなので、僕が入って変わったみたいで嬉しいです(笑)。

daipon:タイミング的にtakumiが入ってこれだけ変わりましたって見せ方が出来ているからね。ただ、見せ方ですから(笑)。作ってるの俺なんで。(一同爆笑)

Kento:3曲ともベクトル違うよね。だけど全部ENTHなのがかっこいい。

Takuya:「ムーンレイカー」が凄く良いラブソングだったじゃないですか。俺、めっちゃ好きなんですよ。それでスプリットを聴いたら「HANGOVER」で「なんにもわかりませーん!」って耳に飛び込んできて(笑)。「はい?」みたいな(笑)。あの裏切られ方にハマりましたね。

 

Q.確かにあれは「走れ!走れ!まこっちゃん!」に次ぐパンチラインですよね。

Naoki:パンチライン(笑)。

daipon:ぶっちゃけ裏切るの大好きですからね。人としてそういうとこありますから、俺(笑)。

Naoki:あれをリード曲にする俺達も俺達だよね(笑)。

daipon:普通だったらどう考えても外すような曲を俺達はメインの持っていきたがるよね(笑)。でもその方が耳に残ると思うんですよ。この前も某先輩バンドの方にCDを渡したんですけど「どの曲がお勧め?」って聞かれて「HANGOVERです!」ってつい言っちゃって。「なんにもわかりませーん!」とか歌ってたら怒られるんじゃないかって後から怖くなりました(笑)。でも知ってもらわなきゃ意味ないですからね。「なんだあのバンド?」っていうインパクトは大事かと。

 

Q.このスプリットは2バンドの個性がちゃんとあるにも関わらず1枚のアルバムを聴いているような感覚もありました。歌詞の内容も、空気感も、ストリート感も、チャラさも、真面目でナイーブな面も、共通点の多い2バンドだからこそ1枚のアルバムとして聴けるのかなと。

daipon:それ俺もめっちゃ思います。うちとオールファウンドのバランスも良いんですよ。パンチはうちがあるけどつい口ずさむのはオールファウンドの曲だったり。どっちのバンドを目当てで聴いてもどっちも気に入ってくれると思う。

 

Q.その集大成がLimp Bizkitのカバー「Faith」ですよね。まず選曲が最高です。

daipon:あれやばいですよね。レコーディングの2日前くらいに急遽やることになったんですけど、やってて滅茶苦茶楽しかったんですよ。

Yoshiaki:13時間くらいぶっ続けでやりましたから(笑)。

daipon:朝方、謎に俺とYoshiakiでフリースタイルバトルとかしたよね。(一同爆笑)

 

Q.そういうハングアウト感はアートワークやアーティスト写真からも伝わりますね。ストリート感含め、キッズは憧れると思いますし。

daipon:俺達がキッズだった頃もこういうバンドに憧れましたからね。中学の頃とかに憧れていたバンドマンって何とも言えないかっこよさや電波に乗せれないようなことをしてそうな感じあったじゃないですか。「どうやって生活してるんだろう?」とか。靴のままソファに寝るとか(笑)。そういうバンドマン像に憧れていたから自分達でもやりたいんですよね。リアルストリートの人には「何がストリートやねん」って怒られるかもしれませんが(笑)。

Naoki:俺達なんてスケボーかじっただけだもんね(笑)。

daipon:でも俺達はバンドマンだから。結果は音楽で出せばいいんですよ。色んなものを巻き込むCDになったと思うしね。あとはライブで見せていくだけだよ。

 

Q.ツアーはEVERLONGとも一緒なんですよね。

daipon:そうですね。まず、絶対に楽しい(笑)。

Naoki:でもEVERLONGはみんな真面目だよね(笑)。

daipon:ENTHとEVERLONGってスタートは同じだったような気がするんですけど、いつの間にか正反対のようなバンドになりましたからね。あいつらなら俺達とオールファウンドと一緒に回っても悪い方に染まらないと思います(笑)。

 

Q.逆にEVERLONGがストッパーとしていてくれないとツアーが心配です(笑)。

daipon:いないとヤバいですね(笑)。

Naoki:ツアー、楽しみだなあ。

 

Q.もしかしたらこのツアーでバチバチの喧嘩をして二度と対バンすることがなくなったりして(笑)。

daipon:ツアー二日目とか超空気悪いんですよね。お客さんから「リンプのカバーやって!」って言われても「やるわけねーだろ!」とか言って。(一同爆笑)

Naoki:弦が切れてもギター貸さないからね(笑)。

daipon:ツアーが終わる頃には全員解散…。

Naoki:家族崩壊…。

daipon:EVERLONGも崩壊…。

Yoshiaki:みたいなことにならないように平和にいきましょう(笑)。

 

 

アーティスト:ENTH × All Found Bright Lights

タイトル:Hike

2016年11月9日発売

1700円(+税)

RCTR-1054

 

01. Snap / ENTH

02. Navy / All Found Bright Lights

03. HANGOVER / ENTH

04. No rain / All Found Bright Lights

05. Voo-Doo Shangrila / ENTH

06. Cycle day / All Found Bright Lights

07. Faith(Limp Bizkit カバー) / ENTH × All Found Bright Lights

 

ENTH & All Found Bright Lights "Hike" Release Tour

~Go Hitch Go~

EVERLONG 2nd Mini Album“willco”Release Tour

〜キミ!キミ!キミ!史上最大の進撃作戦〜

2016年11月25日(金)千葉県 千葉LOOK

2016年11月27日(日)宮城県 FLYING SON

2016年12月1日(木)京都府 KYOTO MUSE

2016年12月3日(土)岡山県 CRAZY MAMA 2nd Room

2016年12月9日(金)福岡県 Queblick

2016年12月11日(日)広島県 HIROSHIMA 4.14

2016年12月16日(金)兵庫県 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎

2016年12月22日(木)石川県 vanvanV4

2016年12月24日(土)栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2

2016年12月25日(日)東京都 八王子Match Vox ※ENTH出演はありません

and more

 

ENTHイベントスケジュール

11月23日(祝水) 川崎CLUB CITTA’ / MEANING presents 『SPOOKY ZOO2016』

12月25日(日) 京都パルスプラザ / ROTTENGRAFFTY presents 『ポルノ超特急2016』

 

 

 

メンバー

■ENTH

daipon(Vo,Ba)

Naoki(Gt,Cho)

takumi(Dr,Cho)

■All Found Bright Lights

Yoshiaki(Vo)

Kento(Gt)

Takuya(Ba)

Keyzo(Dr)

 

 

ENTH

http://enth-nagoya.com/

 

All Found Bright Lights

http://allfoundxbrightlights.com/

 

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>