Loading the page...

from the street

 

九十九、RiLiCheërs、Now One Chord

 

ジャンル問わず様々な音楽を発信し続ける老舗ライブハウス岡崎CAM HALL。岡崎という土地で音楽活動するバンドにおいてまさに「聖地」というべくライブハウスであると共に積極的に若手バンドの育成も行うCAM HALLでは日夜多くのバンドがしのぎを削っている。2YOUでも数々の岡崎バンドを紹介してきた。そして2015年、岡崎からまた新たな刺客が現れたのだ。しかも3バンド。九十九、RiLiCheërs、Now One Chord。ジャンルも性別もバラバラなこの3バンドが、岡崎シーンを盛り上げるべく立ちあがった「from the street」第2弾コンピレーション「from the street vol.2」に参加する。キュレーターは岡崎CAM HALL井坂壮志氏。岡崎シーンをずっと見てきた彼が自信を持って全国に送り出すネクストジェネレーション。各バンドから代表者、そして井坂氏を迎え話を訊く。

 

 

 

Q.自己紹介をお願いします。

LISA:RiLiCheërsのLISAです。私達は女の子3人組のバンドでポップでゆるいロックをやっています。メンバーみんなチャットモンチーが好きで、聴いていて楽しくなるような音楽をやりたいと思っています。

牧:九十九の牧です。九十九はギターやベースを振り回すようなロックをやっています。速くて歪んでいる音楽が男のロマンだと思ってやっています。7回振られた末に口説き落としたまめ子という女ヴォーカルが歌うことで新しい音楽を作れていると思います。

淳司:Now One Chordの淳司です。僕らは所謂エモやギターロックを基盤とした歌モノバンドなんですが、楽曲もアレンジもメンバー各々が感情をそのまま音楽に表しているような、そんなバンドです。

 

Q.それぞれどのように始まったのですか?

LISA:RiLiCheërsのメンバーは幼稚園の頃から一緒なんです。小学生の頃に中ノ森BANDに憧れて楽器を始めました。中2の文化祭で初めて人前で演奏して以来、ずっとバンドを続けています。

牧:九十九は前身バンドを僕とベースが組んでいて、そのバンドの解散後に高校の後輩のドラムに声をかけました。ヴォーカルのまめ子と僕は面識がなかったんですけどTwitterのプロフィールを見たらエフェクターボードの写真が載っていて「良いボードだな」って(笑)。それで歌を聴く前からメンバーに決めていました(笑)。

淳司:僕は中学の文化祭で今のギターとバンドを始めたのがきっかけで高校で本格的に前身バンドを始めました。高3の頃に初めての音源を作ってバンド名もNow One Chordになりました。

 

Q.3バンドを井坂さんはどう見ていますか?

井坂:岡崎CAM HALLはライブハウスとして色んな歴史がある中で沢山のバンドと出会ってきたのですが、磨けば光る原石のようなバンドとは最近中々出会っていなくて。その中でこの3バンドからはキラッと光るものを感じたんです。今回、「from the street」というコンピをこの3バンドと作ったのですが、次の岡崎を担うのは間違いなく彼らだと確信しています。

 

Q.バンド同士の繋がりは?

牧:前のバンドの頃から対バンしたりお互いのライブを見ていたり。2011年3月に初めてCAM HALLでライブをしたのですがその頃から繋がっていて。

淳司:僕はそのライブを観に行ってました。同い年って知ってすぐ音源を渡しにいって(笑)。

 

Q.お互いを意識する部分はありますか?

淳司:意識しかしてないです(笑)。

牧:CAM HALLで7日間ぶっ続けに開催されたイベントで3バンドが立て続けにワンマンをやったことがあって。九十九は3日目だったんですけどRiLiChëersとNow One Chordが良過ぎてへこみました(笑)。

LISA:凄く良い関係だと思います。

牧:ベクトルは違うけどお互い意識はしていますね。

 

Q.岡崎で音楽をやっていく意識のようなものはありますか?

牧:僕はめっちゃありますね。井坂さんに昔言われたことなんですけど、岡崎から全国で売れたらかっこいいと思うんですよ。それはずっと思っていて。岡崎に良いバンドがいることを全国に知らしめたいですね。

淳司:全く同じ気持ちです。育ててくれた場所だから恩返ししたいですよね。

 

Q.岡崎で活動するバンドはジャンル問わず「フロム岡崎」を大事にしている印象があって。地元を背負って音楽をする意識と言うか。その中で、また新しいバンドに出会えたことにワクワクします

井坂:3バンドとも可能性のあるバンドばかりなんですよ。僕は「彼らが駄目なら岡崎シーンの盛り上がりはしばらくないでしょ」くらいの気持ちでいますから。

 

Q.今回のコンピが出来上がってどうですか?

LISA:3バンドが集まるワクワクもありますし、これまで内輪でしか聴かれていなかった自分達の音楽を色んな人に聴いてもらえるようになるのは凄く嬉しいです。今、凄く前向きな気持ちです。

牧:3バンドとも全然違うバンドだし雰囲気も三者三様なんですよ。でもこの3バンドが集まったら凄く楽しいんですよ。3マンでも色んなものが見れると思っています。

淳司:岡崎だけでなく全国に広めていきたいですね。そしてその広がったものを最終的に岡崎に持って帰ってこれたら最高です。

 

Q.また岡崎が面白くなりそうですね。

井坂:岡崎人って変なプライドがあるんですよ。尾張と三河じゃないけどたぶん昔から血としてあるというか。でも僕は、凄く小さいけどとても大事なプライドだと思っています。そのプライドを持って、岡崎から全国に発信していきたい。今回のコンピもそのきっかけのひとつになったら嬉しいですしもっと若いバンドが「自分達もやれる」って思って欲しい。受け身ではなく自分達から歩んで行くことの大事さが伝われば良いですね。そういうバンドと一緒に先の岡崎の歴史を作っていけたら嬉しいです。

九十九、RiLiCheërs、Now One Chord

VA「from the street vol.2

 

1000円(税込)

全3組全6曲収録

ライブ会場限定販売

※3月29日(日)の3マンライブより販売開始。

LIVE

V.A.「from the street vol.2」レコ発ライブ

九十九、RiLiCheërs、Now One Chord

3.29日@愛知・岡崎CAM HALL

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>