Loading the page...

INKT

 

2013年11月に.KOKI(田中聖)、Kei、mACKAz、SASSY、kissyという様々なフィールドで活躍してきたメンバーにより結成されたINKT。2014年の本格始動より全国各地でライブ活動をしながら『INKT』『サイサリス』『Life’s color』とコンスタントに音源を発表し続けてきた彼ら。2015年12月から翌年1月に渡り開催された『Re:birth of INKT TOUR2015-2016』をもってキーボードのkissyが脱退、4人体制になりブラッシュアップされたINKTがフルアルバムとしては約2年振りとなる『square』を完成させた。衝動的でありながらテクニカルな重厚で鋭利なミクスチャーサウンドとKOKIの圧倒的な歌唱力とラップを武器に、ジャンルやシーンを飛び越え幅広く活動する彼ら。4人で作り上げた最高傑作『square』についてメンバーを直撃した。

 

Q.INKTのメンバーはどうやって集まったのですか?

Kei:最初は楽器隊がサポートなどの現場でたまたま一緒になったときに「自分達のバンドやりたいね」って話をしていたことから始まって。そのタイミングでKOKIから「バンドやりたい」って連絡をもらってINKTを結成しました。それが2013年ですね。

KOKI:元々仲のいい友達だったんですよ。趣味も似ていたから一緒に飲んだりダーツしたりゲームしたり(笑)。そういう流れもあって一緒にバンドやったら面白いだろうなって。

 

Q.KOKI君は当時からバンド志望はあったのですか?

KOKI:バンドはずっと好きでしたね。それにこのメンバーでやったら絶対楽しいだろうなって。聴く音楽は見事にバラバラですけど(笑)。

mACKAz:僕はずっとラルクが好きですからね。

KOKI:安定のラルクね。そこはブレないよね。

Kei:僕はグリーンデイ、ランシド、ニルヴァーナがルーツですね。

SASSY:僕はメタリカ生まれスクリーモ育ちです。

KOKI:ね?みんなバラバラなんですよ(笑)。僕はリンキン・パーク、リンプ・ビズキット、コーンのようなあの時代のミクスチャーの影響が強いですし。

 

Q.メンバー個々のルーツをバンドに反映させているからINKTの楽曲はジャンルに縛られてないのですね。

KOKI:本当の意味でのミクスチャーだと思います。これだけルーツがバラバラなので作る曲も個々の色がはっきり出ると思いますし。

Kei:ありがたいことに自分達が影響を受けたような先輩のバンドとも一緒にやらせてもらうことが多いんですけど、改めて今思うのは、そういう当時の自分達が熱くなった音楽を自分達の音楽として形にしたいと思っていて。やっぱりあのとき感じた衝撃は凄かったし、その衝撃がずっと続いているので、音源にはそのときそのときの衝動を詰め込んでいけたらと思っています。

 

Q.INKTとして4作目のリリースですが初期衝動的な勢いも感じますからね。

KOKI:作っていて単純に楽しいんですよ。完全にキッズ時代に戻って作っていますから(笑)。そういう当時の気持ちを山嵐やUZMKのようなずっと好きで聴いてきた先輩と一緒にライブさせてもらうことで引きずり出してもらっている気がします。熱くならざるを得ないというか。

 

Q.INKTはひたすらライブをしている印象が強いのですがそのひとつひとつが血となり肉となっているのですね。その経験はしっかり音に表れていますし。

KOKI:良い言い方をすれば色んな人から吸収させてもらっていて、悪く言えば盗んでいます(笑)。

 

Q.盗んでもスキルがないと厳しいじゃないですか。でもINKTはちゃんと自分達のオリジナルなものに消化しているから凄い。演奏もKOKI君の歌もラップも圧倒的ですからね。衝動的でありながらテクニカルっていう合わせ技をキメてくるからかっこいいんですよ。

KOKI:めちゃくちゃ嬉しいです。4人が4人のやりたいことや各々のスキルを詰め込んでいるので面白いものが出来ている自信はありますね。

 

Q.前作『Life's Color』から4人体制になり変わったことはありますか?

KOKI:ライブのときステージが広くなりました(笑)。

Kei:機材の搬入も楽になったね(笑)。

mACKAz:サウンド面の変化としてはキーボードがいなくなったことで曲にピアノやオルガンを入れることが減ったかな。

Kei:メンバーにキーボードがいた頃は全曲キーボードを入れていたけど今は抜き差し出来るようになりましたからね。

KOKI:要らないとこで無理に入れなくても必要なときに必要な音を鳴らせば良いっていう。だからキーボードの脱退はポジティブに捉えています。だからって抜けて良かったって訳ではないですけど(笑)。

SASSY:音が減った分、メンバー4人の個々が伝え易くなったよね。

KOKI:そうそう。結果的に良い四角形が出来ていると思います。

 

Q.それが『square』というタイトルに繋がっているのですね。

KOKI:そうですね。全員が違うルーツや個性を持っているけどINKTとして集まったときにひとつの集合体になれるっていう。

 

Q.今回のアルバムのコンセプトは?

KOKI:全体的にイケイケ感は意識しましたね。あ、イケイケって今言わない?

Kei:今の子達は言わないでしょ(笑)。まあ俺達昭和だからね(笑)。

KOKI:なんて言うの?アゲアゲ?(一同爆笑)

 

Q.でも確かにアルバム1曲目の「Break down」からイケイケ感凄いですよね。

Kei:早速イケイケ感使ってもらってありがとうございます(笑)。

 

Q.この曲からは目の前にあるものを壊して先に進む強い意思を感じました。

KOKI:「Break down」は曲のインパクトが強い曲なんですけど、そこに引っ張られるようにスッと歌詞が出来ましたね。

 

Q.KOKI君の歌詞はそのときの心情を書き殴ったような真っ直ぐさがありますよね。

KOKI:曲を聴いて思ったこと、普段から思っていることを箇条書きにして肉付けしていく書き方をしているので自分の気持ちは凄く表れていますね。

 

Q.「Hell yeah」「Bastard」は重いミクスチャーサウンドからエモーショナルなサビへの流れが素晴らしいです。こういう化学反応はINKTの曲の面白さですよね。

Kei:「Hell yeah」は年始にメンバーと行った神社のご祈祷で木魚を叩くリズムが何拍子か気になったことから生まれた曲なんですよ(笑)。

KOKI:だから何処か和風っていう(笑)。

 

Q.なるほど。そういう生活音からインスパイアされることって多いのですか?

Kei:結構ありますね。すぐ曲に取り入れちゃう。

KOKI:曲が出来たから奉納に行かなきゃね(笑)。

 

Q.「Bastard」ではINKTの提示するラップメタルのクオリティの高さを感じました。

SASSY:1stアルバム『INKT』に入っている「FTW」を更に踏み込んで作った攻撃的な曲になりましたね。

 

Q.「Paint the town red」はKOKI君のラップがとにかく圧倒的でした。

KOKI:「Bastard」のラップはイケイケな感じでやったんですけど「Paint the town red」はかなりラップで遊べましたね。リズムの外し方だったりワードの選び方や韻の踏み方だったり。あとは同じリズムにならないように意識はしています。なので韻を踏む場所を変えたり何を歌っているか分かるように気をつけたり。

Kei:KOKIのラップはINKTの武器ですね。今作は特にそう感じました。

 

Q.「Uncontrol」のドラムの破壊力も凄まじかったです。

KOKI:あれ凄いですよね。よく頑張った(笑)。

SASSY:「Uncontrol」はKeiさんのルーツが落とし込まれた曲だから出来る限りテンポを落としたくなくて。

mACKAz:最初もっと速かったよね(笑)。

Kei:SASSYが「やりましょう!」って(笑)。それでやり過ぎちゃったんだよね(笑)。この曲がアルバムの中で最初に出来た曲なんだけど、ここからアルバム全体のイメージが膨らんでいったんです。

 

Q.この曲で歌われている夢や希望を追うことはアルバムの核にもなっていますよね。

KOKI:僕らがこの年齢になっても夢を追っているので(笑)。でもその姿が聴いてくれる人の夢を後押しできたら嬉しいなって思っていますね。

 

Q.「Dancing fools」は「バカになり踊れ」という歌詞を助長するようなビートの面白さが最高です。ちょっと祭りっぽさもあって。

Kei:アルバムの曲が出揃ったときに1曲こういうビートが欲しいと思って急遽入れたのが「Dancing fools」なんですよ。だからリズムありきで作った曲なんです。

KOKI:キラーチューンになったよね。今、キラーチューンって言わないのかもしれないけど(笑)。

 

Q.ドラムと歌だけになるパートはキラーチューン感出てますよね。

Kei:キラーチューンに対する応用力(笑)。

KOKI:やっぱりキラーチューンなんですよ(笑)。

 

Q.この曲はアルバムのフックにもなっていると思うのですが次の「I wanna know」でレコードをひっくり返したような印象もあって。

KOKI:それめっちゃ分かります。

 

Q.「I wanna know」や「Swear for you」のようなミドルテンポだったりバラードを歌えるのもINKTの武器ですよね。

KOKI:フルアルバムなのでINKTの振り幅が出せたらなって。こういう曲もINKTでやりたい気持ちも強かったですし。

 

Q.所謂ミクスチャーバンドのイメージとは違う曲ですけど、だからこそ取り入れることがミクスチャーでもありますからね。

KOKI:その通りですね。自分たちもジャンルに捉われ過ぎていないので。だからこそどんな対バンでもやれるし、お洒落なバンドともヴィジュアル系ともアイドルともやれるんですよ。それがINKTの良い部分だなって思っています。

 

Q.「I wanna know」は英語詞ですが「ここから」「あの日の夢の中で」の2行だけ日本語で歌われていますよね。そこが凄くやらしい。

KOKI:あははは。確かにやらしいですね(笑)。実はそこは凄く拘ったんですよ。この歌詞以外ないってくらい。自分の生まれた場所からもう一度始める歌なんですけど、自分の中ではとても大事な曲になりましたね。

 

Q.曲から優しさ、暖かさを感じるのですが最後のエリック・クラプトンばりの泣きのギターも素晴らしいです。

Kei:あれはSASSYからのリクエストだったんですよ。

SASSY:この曲ではどうしてもギターに泣いて欲しかったんです。あの泣きのギターでアドレナリンが出るんですよね。

KOKI:今回、全体的にギターが泣いてるよね。

 

Q.「Swear for you」はストリングスやピアノが歌詞のストーリーを際立たせているなと。

KOKI:こういう曲が抜き差しの「差し」の部分ですね。最初は違うイメージだったんですけどラブソングを歌いたくなって。僕の中では「ずっと」と連動した曲なんですけど。

 

Q.「ずっと」以前の話ですよね。エピソードゼロみたいな。

KOKI:そうそう。なので「ずっと」を思い浮かべながら「Swear for you」を聴くと凄く切ないんですよ。この2曲で出会いと別れを描いているので。

 

Q.そうやって曲を連動させた書き方は他にもあるのですか?

KOKI:明らかに連動させた曲はこの2曲だけですけど、そういう手法は好きですね。男性目線と女性目線で書かれた曲とか。そういう曲の関係性が分かった上でもう一度聴くと違って聴こえますからね。

 

Q.X JAPANの「WEEK END」と「RUSTY NAIL」も連動しているんですけど、それを分かった上で聴くと鳥肌が立ちますからね。

Kei:あははは。さすが世代ですね(笑)。

 

Q.一転して「I guess…」は頭からメタリック、ビートダウン、シャウトの極悪全部乗せで。

KOKI:確かにイントロは極悪ですね。

mACKAz:この曲はギターが主役の曲を作りたかったんですよ。頭から最後までギターてんこ盛りにしたくて。

 

Q.サビの後ろで弾きまくってるギターが爽快でした。

Kei:よく気付いてくれました! あのギター、本当に大変だったんですよ。

 

Q.UNICORNの「WAO!」のサビを歌う阿部BさんのバックでタッピングしまくるTESSYさんを彷彿とさせます。

Kei:ああ、まさにそれです!タッピングを録音したの何気に初めてかもしれない(笑)。

 

Q.アルバムを締めくくる「Crazy world」は凄く前向きなメッセージが込められた曲ですよね。

KOKI:今回のアルバムは全体的にイケイケな作品になったと思うんですけど、全部が全部そうなってしまうとINKTらしくないなって。それでポジティブなメッセージを込めた曲を最後に入れたかったんです。

SASSY:音楽的にINKTらしいのは「Break down」のような曲だと思うんですけど、人間的な部分でINKTらしいのは「Crazy world」なのかもしれませんね。

KOKI:やっぱり最後に光を感じるものにしたいんですよね。この曲が出来たことで結果的にそういうアルバムになったと思っています。

 

Q.INKTというバンドの存在が光そのものなのかもしれませんね。バンドを楽しくやりながら自分達が光になっているという。

KOKI:バンドって最高ですよね。やっぱり自分達が楽しまないと聴いてくれる人にも伝わらないだろうし、思いっきり楽しんだ上で誰かの光になれたら最高です。バンドとしてやりたいこといや目指していることは沢山あって、バンドをやればやるほど夢は増えていくので地に足着けて頑張っていきたいです。

 

アーティスト名:INKT

タイトル:square

2017年5月3日発売

NARC-006

\2, 700(税込)

 

メンバー

KOKI(Vo)

Kei(Gt)

mACKAz(Ba)

SASSY(Dr)

※掲載順

SASSY(Dr)KOKI(Vo)mACKAz(Ba)Kei(Gt)

 

 

https://inkt.asia/

 

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>