Loading the page...

Keishi Tanaka

 

Keishi Tanakaから2年振りとなるアルバム「Alley」が届いた。ソロデビューから3年が経ち、ソロアーティストとしての活動を確立させたことで辿り着いた今作は光と影のコントラストが描かれた美しいメロディーと歌詞世界を感じることができる。今作にも素晴らしいミュージシャンが多数参加しておりKeishi Tanakaが多様にアレンジした世界観を素敵なプレイで彩っている。歌うことの楽しさを噛みしめるように表現し続けるKeishi Tanakaに話を訊いた。

 

 

Q.ソロを開始して3年経ち、ライブ活動や作品のリリースを重ねる中でバンド時代と変わった部分はありますか?

Keishi:気持ち的な部分では実はあまり変わっていなくて。当時と形は変わったけど気持ちは変わらないというか。勿論作品を作り上げるプロセスは全然違いますけど。あと、弾き語りをやるようになって活動の幅は広がったと思います。そういう面では凄く楽しいですね。新人として始めたので(笑)。

 

Q.自由度は増していますよね。Keishi Tanakaという名前の元に色んな形態でやれるわけで。

Keishi:そうですね。弾き語りもあればバンドセットもあって。メンバーも、凄く贅沢な話ですけど、この曲はこのドラマーにお願いしようとか、このピアノは誰に弾いてもらおうとか、ソロだからこそやれる楽しみもあって。

 

Q.イメージした音を誰に具現化してもらうかっていう。

Keishi:アルバムに関してはそうですね。ライブは最初固定のメンバーでやろうと思っていたんですけどスケジュールを合わせることが難しくて中々ライブが出来なくて。それは本末転倒だなって。有難いことに色んな人が楽しんで参加してくれるのでその時その時のメンバーでやらせてもらっています。

 

Q.ソロ活動開始当初は弾き語りから派生した楽曲作りでしたよね。今作はどうですか?

Keishi:逆ですね。当時は弾き語りで誘ってもらうことが多く、そこからバンドサウンドに変換する作業だったんですけど、今はバンドセットでライブをやることが多いのでバンドで作ったものを弾き語りでどうやろうかなっていう。そういうプロセスも楽しんでいます。

 

Q.今作は作品全体から光と影のコントラストを感じます。

Keishi:僕の曲ってどちらかと言うと明るい方だと思うんです。でも「楽しいぜイエーイ!」じゃなくて、楽しいことを歌うために影の部分も歌っていているってことに自分で気付いたんです。それがジャケットのイメージにも繋がっていて、光と影が僕の顔に当たっているんです。その撮影を路地で撮ったのでタイトルも「Alley」なんですよ。

 

Q.都会や山や森といった情景が浮かぶ曲が多いですよね。

Keishi:M-4「Crybaby's Girl」だったりM-8「Foggy Mountain」だったりM-11「秘密の森」だったり、そういう情景と歌詞と曲の正三角形のバランスで曲を作りたくて。その三角形の何処から聴いてもらってもいいんですよ。僕の作り方も色んな角度から入るので。大きなテーマとしてそれはずっとありますね。

 

Q.どの曲もストーリーがあるじゃないですか。でもファンタジーじゃなく日常があった上でのストーリーだなって。

Keishi:嬉しいです。例えば「ひみつのもり」で歌っているのは1人でいることと家族や友達といることのそれぞれの良さだったりするんですけど、僕はそのどっちも楽しめる人間になりたいと思っていて。それを子供にも分かってもらえるように絵本にしたんです。

 

Q.そういう作品作りをしているからKeishi君の楽曲やパッケージからは温度を感じるんですよ。

Keishi:それが長く音楽を続けることに繋がると思うんですよね。10年20年と一緒に年を重ねていく音楽を作りたい。今、僕の音楽を聴いてくれている人がいつか子供に昔の音楽として聴かせても成立するような普遍的なものを作りたいんです。サウンドはその時々で古くなると思うけど、温度だったり情景は変わらないと思うんですよね。そういうものを歌っていきたいです。

 

Q.Keishi君のライブを観ていて思うのですが、本当に楽しそうに歌いますよね。特にソロになってからは活動の場も制限がなくなったような印象があります。

Keishi:欲張りなんですよ(笑)。求められるステージにNOって言いたくない。若い頃は突っ張っていた部分もあったから「このイベントには出たくない」とかあったんですけど、でもそれってビビってただけなんですよね。小さいとこでも大きいとこでもどんな状況にも全て対応できるという覚悟の問題です。

 

Q.何処で誰とどんな条件でやってもKeishi Tanakaを全うするだけだと。

Keishi:はい。舐められたくないっていうのもあるかも。例えば違うジャンルの中でやったとして、そこで興味を持ってもらえなければそれまでなんですよ。音楽は本来何処でもやれる筈なので。

 

Q.確かに対バンの幅も広いですもんね。

Keishi:それが僕の強みかなって。どんなときも音と歌で伝えていきたい。前のバンドで大きいフェスも経験させてもらったし、大きな会場にもライブを観に行ったりするんですけど、会場が大きくなればなるほどパフォーマンスだけでは伝わらないじゃないですか。でも届けたいんですよね。その為にはちゃんと歌を歌わないとなって。

 

Q.はい。それは表情に凄く出てると思います。Keishi君、本当に気持ち良さそうに歌っていますもん。

Keishi:うん。気持ち良いですよ。(インタビュー終了後)僕、やっぱり取材好きですね。今日もこうやって喋ることで自分がこんなことを考えていたんだなって再確認出来ましたから。…っていうとこまで使って良いですよ(笑)。

 

 

アーティスト名:Keishi Tanaka

タイトル:Alley

2015.04.22 on sale

初回盤【CD+DVD】NIW106(CD+DVD) 3,241円(+税)

通常版【CD】NIW107

2,300円(+税)

 

http://keishitanaka.com/

 

[Alley Release Tour -Acoustic Set-]

2015.05.07.thu 広島 LIVE Cafe Jive

2015.05.08.fri 和歌山 Onomachi α

2015.05.09.sat 京都 きんせ旅館

2015.05.10.sun 岡山 CAFE QINEMA

2015.05.12.tue 松江 Bar E.A.D

2015.05.13.wed 福岡 九州キリスト教会館

2015.05.15.fri 鳥取 After Hours

2015.05.16.sat 徳島 キャッチギャラリー3F

2015.05.17.sun 伊勢 宮川ラブリバー公園

2015.05.22.fri 札幌 musica hall cafe

2015.05.23.sat 旭川 cafe yuryo

2015.05.24.sun 帯広 Harry's Rod Cafe

2015.05.30.sat 仙台 cafe Mozart Atelier

2015.05.31.sun 青森 CRAZY HORSE SALOON

2015.06.01.mon 盛岡 the five morioka

2015.06.02.tue 郡山 Go Go Round This World! Books&Cafe

2015.06.04.thu 鶴岡 Junior Paper Moon

2015.06.05.fri 秋田 Live space 四階

2015.06.06.sat 新潟三条 ローカル食堂ランブロワーズ

2015.06.07.sun 四日市 cafe MONACA

2015.06.08.mon 松山 THE 3rd FLOOR

2015.06.19.fri 宇都宮 GIBBS5

2015.06.21.sun 高松 KITAHAMA umie

 

[Alley Release Tour -Full Band Set-]

2015.06.12.fri 大阪 Shangri-La

2015.06.20.sat 名古屋 RAD HALL

2015.06.26.fri 渋谷 CLUB QUATTRO

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>