Loading the page...

mistress × 篠崎こころ × u-ya(THREE LIGHTS DOWN KINGS)

 

多様化するアイドルシーンにおいて突如現れた葵威、殺、血鴉によるヴィジュアル系ロックアイドルmistress。90年代のヴィジュ アル系から現在のヴィジュアルシーンに繋がる様々なサウンドをまとった彼女達の独特の世界観はアイドル特有のそれではなく、官能美やグロテスクな表現も含むまさにヴィジュアル系とアイドルが融合したような打ち出し方で話題となっている。mistressには様々な面々が楽曲提供しているのだが今回2YOUでは作詞で参加している篠崎こころ、作曲で参加しているu-ya(THREE LIGHTS DOWN KINGS)を迎えクロストークを実施。mistressがチーム一丸となりアイドルシーンに新たな風穴を開ける…!

 

Q.mistressはヴィジュアル系ロックアイドルという新たなジャンルを打ち出していますがみなさんヴィジュアル系が好きなんですか?

葵威:元々は最初にいたメンバーが特にヴィジュアル系好きだったんですけど、私も好きで聴いていますね。

 

Q.ヴィジュアル系といっても様々だと思いますがそれぞれどんなバンドが好きなんですか?

葵威:アンティック-珈琲店-が好きですね。

殺:私はあまり聴かないんですけどゴールデンボンバーは好きです。

血鴉:私は中学の頃凄く病んでいたのでネットで病んでいる曲を検索してR指定を聴くようになりました。

u-ya:病んでる曲?

血鴉:はい。病んでる曲はタイトルで分かるんですよ。

 

Q.病んでいるときに病んでいる曲を聴くとどうなるのですか?

血鴉:追い込まれます。(一同爆笑)

u-ya:追い込まれるんだ(笑)。

血鴉:死にたいときに聴くと安心するんです。貶めるというか。

u-ya:色々あるんだね(笑)。

 

Q.こころちゃんとu-ya君はヴィジュアル系は通っていますか?

篠崎:私はめちゃくちゃ好きです。Phantasmagoriaが好きなんですけどガチなヴィジュアル系ファンの方と張り合えるくらいヴィジュアル系が好きですね。

u-ya:僕は殆ど聴きませんが、バンドを始めたきっかけはGLAYでした。ヴィジュアル系っていうか分からないですけど(笑)。

 

Q.ヴィジュアル系はヴィジュアル系という言葉で括れないほど奥深いですからね。

篠崎:そうなんですよ。色々ありますからね。

殺:だから正直何がヴィジュアル系かって言われるとあまり分からなくて。対照的なものもあるじゃないですか。キラキラしてるビジュアル系もあれば病んでるヴィジュアル系もある。だから私達は色んなヴィジュアル系を吸収してアイドルとして表現出来たら良いなって思っています。

 

Q.mistressはヴィジュアル系好きとアイドル好きのどちらに聴いて欲しいですか?

殺:勿論アイドル好きにも聴いて欲しいですけど、私達は普通のアイドルとは少し違うのでバンド好きな人に聴いて欲しいですね。

 

Q.こころちゃんは作詞、u-ya君は作曲でmistressに関わっていますがどのように出会ったのですか?

篠崎:私は元々プティパというアイドルで活動していたんですけど、そのときにmistressとはライブでご一緒したのが最初ですね。お仕事させていただくようになったのは、私が書くプティパの歌詞をmistressのプロデューサーさんが良いと思って声をかけてくれたのがきっかけです。

u-ya:僕はメンバーと面識はなかったのですが前からアイドルに曲を書いてみたいと思っていたんですよ。僕のやっているTHREE LIGHTS DOWN KINGSというバンドの活動状況が以前とは少し変わったのでやるなら今かなって。それでプロデューサーさんを紹介してもらって曲を書かせてもらうことになりました。

 

Q.こころちゃんは自分が歌う歌詞と提供する歌詞で書き方は違ったりしますか?

篠崎:テーマをもらって歌詞を書くのは初めてでしたけど、歌詞を書く上で自分が歌おうが人が歌おうが私が思ったことしか書かないの書き方は変わらないですね。じゃないと伝わらないと思うんですよ。今回ももらったテーマを一旦自分に置き換えて書いたので。

葵威:だから凄く感情移入し易かったですね。

篠崎:プティパのメンバーには歌詞が歌い難いって言われたことがあるけど、mistressのみんなはちゃんと歌ってくれていたから良かったです(笑)。

 

Q.歌詞の振り分けは意識しました?

篠崎:私は3人の声を知っているので「ここは葵威ちゃんかな?」って思ったりはしましたけど、振り分けに関してはu-yaさんのディレクションが良かったんじゃないですかね。

u-ya:そう言ってもらえると嬉しいね。3人とも凄く個性があるのでそれを活かせるディレクションは意識しましたね。

 

Q.u-ya君はバンドで曲を書くときと感覚は違いました?

u-ya:今回はほぼ一緒でした。ただ自分のバンドとはコンセプトが違うから手法は少し違いましたけど、mistressは所謂アイドルとは違って激しい部分が多いので割と作り方はバンド寄りっていう。あとは自分のバンドでは出来ないメタル要素を入れてみたり、そういう遊びはありますね。やってみたいけどやれないことをmistressでやってやろうって(笑)。

 

Q.mistressとしてはどういう打ち出し方をしていきたいですか?

殺:本当はメイクしてやりたいんですよ。

葵威:コテコテなヴィジュアルメイクしたいよね。実はそういうアイドルもいるんですけどアイドルらしさはなくて。

殺:かっこいいんだけど近寄りがたいかなって。

 

Q.音楽的にはどうですか?

葵威:他のアイドルと比べて激しくてかっこいい曲が多いと思います。バンドが好きな人にも絶対気に入ってもらえると思います。

 

Q.こころちゃんが作詞、u-ya君が作曲で参加した「DECiSION」はそれこそサンエルのファンにもアピール出来そうですよね。

u-ya:もともとサンエルありきで声をかけてもらった部分もあるので自分達の曲に近いイメージで書いて良いんだなって。だから僕らのファンにも聴いてもらいたいですね。

 

Q.みなさんはサンエルは知っていますか?

葵威:勿論です。めちゃくちゃ聴いてます。

殺:だからu-yaさんが書いてくれた曲を私達がダサくしないように気をつけなきゃって。

葵威:元々名古屋のバンドが好きなのでu-yaさんに曲を書いてもらえて嬉しいです。

 

Q.こころちゃんはmistressに歌詞を書くようになってメンバーとの関係性は変わりました?

篠崎:メンバーの印象が変わりましたね。共演してた頃はある意味外側から見てたのが内側から見ることでmistressをしっかり見れるようになりました。と言うのも、当時私もロックアイドルをやっていたので意識しないようにあまりmistressのライブは見ないようにしてたんですよ。でも改めてちゃんと見るとステージングもパフォーマンスもかっこいいですね。対等に戦ってたら負けていただろうなって思う。

殺:嬉しい。

葵威:私達、こころちゃんには凄く憧れてるので。

篠崎:絶対嘘だ(笑)。

葵威:本当に尊敬してるんですよ。超えたい壁なので。

 

Q.ぶっちゃけ仲は良いんですか?(笑)。

篠崎:あははは。共演してた頃は私が人見知りなので楽屋で寝てることが多かったし、ライブも敢えて見ないようにしてたので全然喋らなくて。だからこれから仲良くして下さい(笑)。あ、仲は悪くないですよ。(一同爆笑)

 

Q.こころちゃんとu-ya君が関わっていることでバンド畑で戦う説得力もありますよね。

殺:アイドルのライブも勿論大事ですけどバンドのイベントに呼んで欲しいですね。

葵威:フェスとかでバンドに混ざっても違和感ないパフォーマンスが出来ると思うし、いつかバックバンドをつけてライブもしてみたいです。

血鴉:大きな会場でウォール・オブ・デスが起きるような激しいライブをしたいですね。

 

Q.普通アイドルの口からウォール・オブ・デスって言葉は出ないですからね(笑)。

u-ya:あははは。

葵威:ライブでウォール・オブ・デスが起きることもあるんですよ。アイドルのお客さんは「何?」ってなってるけどバンド好きなお客さんは凄く盛り上がっていますね。

 

Q.みなさんは所謂普通のアイドルに憧れたりはしませんでした?

葵威:羨ましいなって思うことはあります(笑)。

殺:可愛いアイドルは勿論好きです。でも自分はmistressのような強いアイドルでいたいですね。

血鴉:自分はそういう可愛いアイドルにはなれないので今のスタイルを貫いていきたいです。そもそもネガティブなので無理だと思いますし(笑)。

 

Q.でもヴィジュアル系の原動力のひとつにネガティブな気持ちって重要ですよね。ヴィジュアル系の未来、過去、今を紐解いていくとそういうネガティブなもの昇華して生まれた曲は名曲だらけですし。

篠崎:うんうん。

葵威:人間っぽい部分は生々しく出していけたらなって思いますね。人間の良い部分も悪い部分も歌っていきたい。

 

Q.そういう要素を含んでいるメンバーがどんな歌詞も書くかも興味はありますけどね。

葵威:血鴉が書いたらヤバそう(笑)。

u-ya:めっちゃ病んでる歌詞になる(笑)。

血鴉:そうですね。でもまとまらなさそう(笑)。

 

Q.ヴィジュアル系好きのこころちゃんからはmistressはどう写っていますか?

篠崎:私は中学の頃からヴィジュアル大好きっ子だったのでヴィジュアル系ロックアイドルって言われたら「どれくらいヴィジュアル系なの?」って思うんですけど(笑)。

u-ya:あははは。出た出た(笑)。

篠崎:でもそこまでヴィジュアル系を好きそうじゃない殺ちゃんがあの髪形をしてるのは凄いなって思う。私も同じような髪形をしてたことがあるんですけど、私生活に支障出ますから(笑)。バス乗っても嫌な顔されるし、バイト出来ないし。だから殺ちゃんの髪形を見てヴィジュアル系が特に好きじゃなくてもmistressの活動に本気なんだなって思いました。3人ともペラペラ喋るタイプじゃないから伝わり難いかもしれませんけど、葵威ちゃんは凄く芯のある人だし血鴉ちゃんはパフォーマンスで引き付けるのが上手だし、ヴィジュアル系が好きな私から見てもヴィジュアル系ロックアイドルって名乗られても文句言えないくらいかっこいい3人だと思っています。

 

Q.あとはヴィジュアル系をまとったアイドルが生まれたことで色んなカルチャーがクロスしたら面白いですよね。アイドルのファンとヴィジュアル系のファンが異文化交流したり。

篠崎:それ素晴らしいですね。

葵威:そういう活動が出来るように頑張ります。

 

Q.mistressはアイドルが売り場にいるヴィジュアル系のデパートというか。1階から10階まで色んなタイプのヴィジュアル系を取り揃えていて、ハードコアなものからグロテスクなもの、様式美、キラキラしたものまで、時代時代のヴィジュアル系をどんどん再現して言って欲しいなって思いました。

篠崎:アルバムごとにテーマを決めたら面白そうですよね。「このアルバムは80年代のヴィジュアル系」とか。

 

Q.ジャケットも「今回はBUCK-TICKのオマージュで」とか。

篠崎:いいですねえ。そういう活動をmistressがやっていったら名古屋のシーンにバンギャが増えるかもしれないですね。名古屋ってキッズは多いけどバンギャが少ないじゃないですか。mistressのライブでバンギャが咲いていたら凄いなって私は思うな。バンギャとヲタクが入り混じった光景とか最高ですよ。

 

Q.ペンライトを持った黒服限定GIGとか。

篠崎:最高です。是非mistressにはそういうことが出来る存在になって欲しいですね。

葵威:u-yaさんやこころちゃんに色々サポートしてもらってるので期待に沿えるように頑張りたいですね。

 

血鴉:ヴィジュアル系ロックアイドルを私達が確立していきたいです。

殺:こころちゃんの歌詞とu-yaさんの曲に恥じないような活動をしたいです。

篠崎:私も歌詞を書くときにネガティブな要素を原動力にすることはあるんですけど、まだそういう歌詞はmistressに書いてないので今後書いてみたいなって思っています。

u-ya:僕ももっとヴィジュアル系を勉強しますね。ネガティブな要素はGLAYにはなかったので。(一同爆笑)

 

アーティスト名:mistress

タイトル:mistress

2017/04/18発売

2000円(+税)

RCHN-1007

 

メンバー

葵威(aoi)

殺(ameru)

血鴉(chia)

 

LIVE

5月4日GOLD RUSH

5月7日GOLD RUSH

5月10日斬る THE POWER 会場:今池3STAR

5月14日定期ワンマン 会場:DAYTRIVE

 

http://mistress.radcreation.jp/

 

 

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>