Loading the page...

Mona Monica

 

ソライロシマウマ、飛べるトリといった名古屋において新世代シーンを担っていたバンドのメンバーからなるMona Monicaが結成から1年半、待望のミニアルバム『WALTZ』を完成させた。「せにゃ」こと石田セイナの独特な歌声とセンスに共鳴するように集まった井上洋一、おくちゃん、そして2017年3月より加入のめいが鳴らすサウンドは様々な音楽を通過した上でJ-POPへと昇華されており、結成時より探し求めてきたMona Monicaとして鳴らすべき音像は今作にて定まったとメンバーが語るようにどの楽曲も活き活きとしている。近い将来名古屋シーンを引っ掻き回す存在になるだろうMona Monica、2YOU MAGAZINE初登場です。

 

Q.Mona Monicaはどのように始まったのですか?

セイナ:私が前やっていたバンドを解散して、やりたい音楽を一緒にやってくれる人を探そうと集めたメンバーで組んだのがMona Monicaの始まりです。べースのおくちゃん(奥山)は大学が一緒で軽音楽部の後輩なんですけど、ベースだけじゃなくピアノも弾けるし、暇そうだったので声をかけて(笑)。洋一とは面識はなかったけどお互い前のバンドのライブは見てるんですよ。

洋一:同じタイミングで僕も前やっていたバンドが解散したんです。

セイナ:洋一のライブを見に行ってすぐに「一緒にやりたい」って思いました。それくらいギターもかっこよかったし目を引いたんですよね。あと3月からサポートドラムの萌衣ちゃんが正式に加入します。

 

Q.お互い最初はどんな印象でした?

洋一:せにゃ(セイナ)は曲を作るのが上手いと思いました。こんな凄い子がいるんだって驚きましたね。

セイナ:そんなの初めて聞いた(笑)。私も洋一のライブを観に行ってギターのフレーズも鋭いし尖っていたから一緒にやったら面白いんじゃないかって思いました。自分も捻くれた曲を書くので(笑)。

 

Q.Mona Monicaとしてどんな音楽をやるかメンバー間での擦り合わせはあったのですか?

セイナ:ちゃんと決めようって話し合いました。でも中々答えが出ず、とにかく私が曲を作って半ば無理矢理始めたんですよ。バンドとしての方向性が見えてきたのは本当に最近のことで。それこそ今回のミニアルバムでやっと定まった感じですね。みんな聴く音楽もバラバラでしたし。

 

Q.メンバーはそれぞれどんな音楽がルーツにあるのですか?

セイナ:私はJ-POPですね。YUKIちゃんとか。バンドの音楽を聴くようになったのはバンドを始めてからです。最近はまたJ-POPに戻ってきてるような気がします。

洋一:僕はずっとアジカンを聴いています。あとはジャニーズも好きです。今は関ジャニ∞が好きで。関ジャニは音楽だけじゃなく人も好きなんですよ。

奥山:自分は90年代のヴィジュアル系がルーツにあります。X JAPANとかLUNA SEAとか。大学に入ってからはアイドルにもハマりました。

萌衣:私はピアノをやっていたのでクラシックや小田和正さんに影響を受けています。大学に入りバンドを始めてからは名古屋のインディーズバンドもよく聴いていますね。

 

Q.Mona Monicaは結成時と比べJ-POP感がどんどん強くなっていきますよね。

セイナ:そうですね。そこは意識的にそうしています。

奥山:最初の印象は変わった曲を作るなって印象だったんですよ。でもだんだんJ-POPに寄っていってMona Monica像が出来てきた気がします。

セイナ:1年かけてやっと見えてきたよね。そもそも結成したときがバンド始動に向けて準備をした訳でもなく、とにかく早くバンドがやりたくて組んだので方向性も定まっていなくて。メンバーもおくちゃん以外サポートでしたし。そうやってバタバタのスタートを切ったMona Monicaが活動を重ねる中でどんどん自分達の色が見えてきて、それを形にしたのが今回のアルバムなんです。

 

Q.セイナちゃんの歌が前よりも自信に満ちていますよね。強くなったというか。

セイナ:私、ずっと自分の声がコンプレックスだったんですよ。きつい声だから優しい歌を歌っちゃ駄目だと思っていて。でも前のバンドの解散が決まった頃から1人で弾き語りをやったり路上で歌うようになって、アコースティックで歌ってみたらバラードや優しい曲を歌っても良いって思うようになって。それで自分の声に対する意識が変わったんですよ。

 

Q.コンプレックスを受け入れることでそれは最大の武器になりますからね。

セイナ:はい。だから最近になってやっと自分の歌声を聴けるようになったんです。前は聴きたくなかったので(笑)。

奥山:自分も声にコンプレックスがあるのでせにゃの気持ちはよく分かりますね。でもせにゃは歌も上手いし高い声も出るのでかっこいいと思っています。

萌衣:私もMona Monicaをサポートする前からライブを観て歌がかっこいいと思っていたのでこのバンドでドラムを叩けるのが嬉しいですね。

 

Q.セイナちゃんはMona Monicaでどんなことを歌いたいですか?

セイナ:自分が歌詞を書く過程で自分のそのときの感情を閉じ込めておけるような歌詞を書きたいと思っていて。物事ってどんどん過ぎていくじゃないですか。その中で感じた気持ちも風化するのが早いと感じていて。そういう気持ちを歌詞として封じ込めることで残していきたいんです。そうすれば歌うことでそのときのことを思い出せるしライブで歌えばその光景を思い出せる。それを聴いてくれる人とも共有できたら凄く嬉しいなって。

 

Q.今回初のミニアルバムを完成させた訳ですがこれからバンドとしてはどうなっていきたいですか?

セイナ:これまで私達は愛知でしかライブをやっていないのでこのミニアルバムを持って色んな所にライブしにいきたいです。2017年はメンバーも揃ってどんどん活動の幅を拡げていけたらなって思っています。そのきっかけになるのが今回のアルバムだと思うし「これがMona Monicaです」っていう自己紹介的な作品になったと思うので色んな人に聴いて欲しいですね。

 

Q.ちなみにMona Monicaという名前はどんな意味があるのですか?

セイナ:意味はないです(笑)。ただ可愛らしい女の子の名前をバンドに付けたくて私が考えました。最初はMonicaにしようと思ったんですよ。バンド名を呼ばれるときに「モニカ!」って呼ばれたら可愛いじゃないですか(笑)。あとは語呂も良かったので「Mona Monica」にしたんです。おくちゃんに言ったら「可愛いじゃん!」って即決でしたから。それで10秒で決まった名前です(笑)。

 

 

バンド名:Mona Monica

タイトル:WALTZ

2017年3月3日発売

¥1,800(tax in) ※ライブ会場限定販売

 

メンバー

石田セイナ(Vo、Gt、Syn)

井上洋一(Gt)

奥山翔太(Ba)

加藤萌衣(Dr)

 

LIVE

3/3(金)@新栄アポロベイス

3/17(金)@新宿SAMURAI

3/24(金)@伏見JAMMIN'(acoustic set)

 

http://monamonica.com/

 

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>