Loading the page...

NOVELS

 

『KICK BOOK』『DANCE BOOK』と2枚のコンセプトアルバムのリリース以降、ひたすらライブモード全開だったNOVELSが配信限定シングル「REBELLION」「BRING BACK YOUR FIRE」をリリースした。過去最速BPMに乗せられた竹内真央の感情ダダ漏れな歌は明らかにこれまでのNOVELSとは違うアプローチの仕方であり、その要因としてバンドを取り巻く環境やライブを続ける中で感じたことがダイレクトに反映されているようだ。これまでも進化を繰り返してきたNOVELSの更なる進化について話を訊く。

 

Q.『KICK BOOK』『DANCE BOOK』とコンセプトアルバムが続きましたが今回のシングルはどのような作品になりましたか?

竹内:本当はもう1枚コンセプトアルバムを作って3連作にするつもりだったんですよ。でも『DANCE BOOK』リリース以降、ライブに重点を置いて活動する中でバンドを続ける意味を考えるようになったんです。今ってCDは中々売れないし、ライブも爆発的に動員が増える訳じゃない。なのに何で曲を作ってライブやってるんだろうって、そんなことを考えながらライブをしていたんです。「何がしたいのか」「何を変えたいのか」って。でもそういうことじゃないのかなって。僕は作品を作るのが好きで、アイデアを具現化してくれるメンバーがいて、お披露目としてライブをするって意識だったんですけど、なんか実は違うんじゃないかって思えてきて。それをそのまま曲に落とし込んだのが「REBELLION」なんです。

 

Q.確かに歌詞に感情がそのまま出ていますよね。

竹内:回りくどい言い方を辞めたんですよ。根源にあるのは「ミッシングリンク」「アースダイバー」と変わっていないんですけど、もっとストレートに刺したいなって。

 

Q.オブラートに包まなくなりましたよね。

竹内:口に出したくないことも言おうと思ったんです。例えば何かに悩んでいる人がいて、以前はそういう人をファンタジーで救おうと思っていたんだけどストレートに言わなきゃ救えないと思い知ったんです。それで分かり易く刺す言葉で歌うようになったんです。

 

Q.「BRING BACK YOUR FIRE」はこれまでNOVELSが挑戦してきたことが実になった集大成のような曲だと思いました。

竹内:『KICK BOOK』『DANCE BOOK』は自分の中で探りながら挑戦した作品だったんです。それを経て、今回の2曲は初期のNOVELSも含め全てを総括したものを作ろうと思ったんです。

 

Q.ライブ感も凄いですよね。過去最速のBPMなのでは?

楠本:2曲ともNOVELS史上最速です。それはやっぱりライブを意識しているからなんですよ。ライブをお客さんと一緒に楽しむようになったのは明らかに変わった部分ですね。

竹内:ぶっちゃけバンドが上手くいってない時期があったんです。メンバーも決まらないし、動員も増えないし、バンドがどうなっていくんだろうって不安がずっとあって。そんなことを思いながらライブをやっていたら目の前のお客さんがいなくなる絵が浮かんで。気付いたらそれをなんとか回避出来ないか祈っている自分がいて。そういう感情を歌ったのが「BRING BACK YOUR FIRE

なんです。

 

Q.「火を取り戻そう」と。

竹内:そう。火を取り戻す決意をしたんです。自分達だけじゃなく、お客さんの心にももう一度火を灯したい。そういう祈りの曲ですね。

 

Qこの曲はアコースティックギターの激しさと同期とのバランスが凄く新鮮でした。

楠本:僕はあまりアコースティックギターをバンドで弾いたことがなかったんですけど、今回取り入れてみたら新しいNOVELSになった気がして。結果的に『DANCE BOOK』と初期の中間のような音になりました。

 

Q.『From the bad lands for Mrs.Witherspoon』と『DANCE BOOK』のフュージョンみたいな。

楠本:あははは。まさにそういうイメージですね。

竹内:過去と今がフュージョンしたものを今後の曲で試すワクワクもあって。これからどうなっていくか自分でも楽しみなんです。変わっていくNOVELSを聴いて「これはNOVELSじゃない」って言う人もいると思いますけど。たまに「物語のような歌詞を書いて」って言われますし(笑)。

 

Q.確かに初期の歌詞はそういうイメージが強いですよね。今は物語というより感情が前に出ていますから。

竹内:リアリズムになってるんですよ。過去の自分って客観的に見て冷静だし冷めてる部分があって。でも最近はテレビを見て怒ったり映画を見て泣いたりしますからね。「ちびまる子ちゃん」で号泣したり(笑)。年齢かもしれないですけど(笑)。そういう自分を出していいんだなって思うようになったんです。

 

Q.真央君の感情が曲に落とし込まれるようになったことでNOVELSは凄く人間っぽくなった気がするんですよ。だって今回の2曲はNOVELSの信念そのものじゃないですか。それにちゃんと今を歌っているし未来も見てるし過去も大事にしてる。そういう全部が詰まってる気がするんですよね。

竹内:ありがとうございます。グッときました。そう言ってもらえて嬉しいです。

楠本:最終的に僕らが感動させられるっていう(笑)。僕、完全にうるっときちゃってますから(笑)。

 

Q.ちょっと喋り過ぎてしまいました。でも今作、本当に心に届きましたよ。

竹内:これまでは文章で完結していた部分があるんですよ。でもそれだったら音楽じゃなくても良いと思うんですよね。それこそ小説でいい。でも僕らはバンドで、目の前の人に向けて歌っている訳で。「BRING BACK YOUR FIRE」でも「届け

って歌っているんですけど、届けたい気持ちはどんどん強くなっていきますね。

 

 

アーティスト名:NOVELS

タイトル:REBELLION

タイトル:BRING BACK YOUR FIRE

配信限定シングル

 

メンバー

竹内真央(Vo、Gt)

楠本正明(Gt)

 

LIVE

NOVELS RELEASE TOUR「火を取り戻せ」

1.20(金)東京・新宿 Zirco Tokyo

1.27(金)京都・京都 GROWLY

2.03(金)愛知・名古屋 APOLLO BASE

2.04(土)千葉・柏 DOMe

 

http://the-novels.jp/

 

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>