Loading the page...

Qaijff

 

名古屋発3ピース・ピアノ・ポップ・バンド、Qaijffが、1st EP『snow traveler』をリリースする。進化のアルバム『Life is Wonderful』リリース以降、全国各地でのインストアイベントやレコ発ツアー、「TREASURE05X」「篠島フェス’16」「MIX LEMONeD JELLY 2016」「イナズマロック フェス2016」などのフェス出演、さらに24時間テレビチャリティーライブや名古屋グランパスのイベントに出演するなどライブハウスのみならず様々なフィールドで活動を展開。今や名古屋を代表するバンドとなったQaijffから届いたシングルは進化と成長を遂げた彼らの更なる挑戦が詰め込まれている。Qaijffの新境地ともいえる恋愛ソング「snow traveler

、バンドの決意表明ともいえる「universe」、大きな愛で優しく包み込んでくれる「good morning」。より多くの人に音楽を届けることを見据えた彼らが放つ今作から、Qaijffの未来を感じることが出来るだろう。

 

Q.活動のフィールドが広がったのでは?

内田:今年はフェスにも呼んでもらったりグランパスのサポートソングをやらせてもらったりと確実に外に向けた活動が出来たと思います。視野が広くなったことでライブハウスに来てくれる人以外に届ける為にはどうするべきかを考えたらライブにも活動にも変化があって。

 

Q.その変化は今回のシングルに顕著に出ていますよね。結成時は葛藤や焦りを歌っていたQaijffが『Life is Wonderful』では「光」を掴もうとしていた。そして今作収録の「universe」ではポップミュージックを武器に宇宙まで行こうとしていて。

森:変わりましたよね(笑)。これまでは「モヤモヤすることや苦しいことがあって、でもそれを絶対に超えてみせる!

みたいなことを歌ってきたんですけど、最近はちょっと変わって、今は「universe」みたいに「みんなで一緒に宇宙まで行っちゃおうぜ!」ってテンションなのかも。

 

Q.この曲からはポップミュージックの可能性を感じました。

内田:まさに「universe」は僕のポップミュージック愛を歌っているんです。音楽の本当に素晴らしい部分って、僕が自分の憂鬱を曲にしてそれが誰かにポップミュージックとして伝わったときに、憂鬱から始まったものが光として捉えてもらうことが出来ることだと思うんです。その可能性のヤバさがポップミュージックの良いところだなって。

 

Q.幸宏君のドラムも最高です。この曲にツーバスをぶち込むアンバランス感が凄く面白い。

三輪:ツーバス踏むならこのタイミングだ!って思いました(笑)。

内田:以前は幸宏がこういうドラムが好きなことを分かった上でピアノトリオではNGかなって思ってた部分があって。

三輪:俺はずっと探ってたけどね(笑)。

森:ツーバスを踏むような曲じゃないですからね。でもここにツーバスを入れるユーモアがあると思う。

 

Q.「snow traveler」はQaijffには珍しくストレートな恋愛ソングですね。

内田:『Life is Wonderful』で光を歌ったことが、バンドにとって新しい必殺技を覚えたような、ひとつの武器になったんです。それでまた別の表現にチャレンジしたくなった。その中で女性ヴォーカルとして歌う恋愛ソングはまだQaijffを知らないような人にも届くかもしれないなって思ったんです。

 

Q.女性ヴォーカルが歌うことを想定しているから女性目線の歌詞なんですか?

内田:そうですね。でも凄く苦労しました。女性だからこそ表現しにくい女性らしい表現だったり、男性だから表現しにくい男っぽい表現があると思っているんですけど、そういうのを一回壊した物の作り方をしたくて。ただ女性がどう思うかの確証はないので森に相談しながら歌詞は詰めていったんですけど。

 

Q.彩乃ちゃんはこういう恋愛ソングをQaijffで歌うことに対してどうでした?

森:最初内田がこの曲を持ってきたときは「これを私が歌うのか」って、飲み込むまで時間がかかりました。でもよく考えたらQaijffを始まる前のソロシンガーの頃は恋愛の歌も歌っていたんですよ。なぜかQaijffになってからそういう歌をやらなくなったんですけど。だからここにきて内田がこういう曲を持ってきたのはびっくりしましたけど、男の内田が「私」という主語で書く女性目線の歌を歌う女の私って凄く面白いなと。女の私からするとこんなことは書かないなってこともあったりして。

 

Q.「君がくれたピアスだってまだ付けている事知らないでしょ」って歌詞は完全に男の願望ですからね。女の人はたぶんこういうこと言わない(笑)。

森:あははは!確かに!

内田:え?そうなの?

森:男の人の方がそういうとこあるんじゃないかな(笑)。でもそういうちょっとした違いが面白いですよね。どっちの目線でも聴けると思うし。

内田:イルカさんの「なごり雪」って女性のイルカさんが歌う男目線の失恋ソングじゃないですか。でもあの曲聴くときにイルカさんが女性か男性かってあまり気になりませんよね。それってイルカさんが語り手として成り立っているからだと思うんです。だから森にも語り手としてストーリーを伝えられるシンガーになって欲しいんです。その方がバンドの幅も広がると思うんですよね。

 

Q.「good morning」は前作収録の「グッドナイター」に続いて個人的には母の思い出で胸がいっぱいになる曲でした。亡くした母から手紙が届いたかと思いましたもん(笑)。

森:あははは。「グッドナイター」も「俺が書いた曲かと思った」って言ってましたよね(笑)。

 

Q.側にいてくれるだけで安心する存在ってあるじゃないですか。この曲はまさにそういう曲で。

森:何の根拠もないけど「大丈夫だよ」って言ってもらえる安心感ってあるじゃないですか。この曲自体がそういう存在になったらなと思って。大丈夫って言ってくれる人の存在って大きいですよね。大切な人に限りますけど(笑)。我武者羅に背中を押すんじゃなくて「なんとかなるよ」って寄り添ってくれる温かさを歌ったんです。

 

Q.このシングルでQaijffはまた新しい表情を見せてくれましたね。

内田:僕たちはバンドシーンにいるけど、子供からお爺ちゃんお婆ちゃんにまで届くような音楽をやっていると思っていて。もっと色んな人に自分達の音楽を届けられるように色んなことにトライしていきたいですね。

 

 

 

バンド名:Qaijff

タイトル:snow traveler

2016年12月7日 発売

¥926(+税)品番:KIRS-1008

 

メンバー

森彩乃(Vo、Pf) 三輪幸宏(Dr) 内田旭彦(Ba、Cho、Prog)

 

LIVE

12月22日(木)名古屋SPADE BOX

Qaijff one-man live「for the future ××

 

 

http://www.qaijff.com/

 

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>